3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/03/21) 主審 × 3.0 



審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日は、我が団が幹事チームの1つになっている、ちょっとした大会(U11カテゴリー)の予選リーグ1試合と、順位決定戦2試合の主審を担当。試合時間はいづれも15-5-15。8人制。ただし、審判は3人制。



最初は、予選リーグ。副審はチームメイトのお父さんたち。予選リーグだったので、あえて副審の経験の少ないお父さんに経験をしてもらった。試合前に簡単に打ち合わせを実施。試合前に打ち合わせで確認しておいたことは問題がなかったのだけれど、打ち合わせしていなかったことで、いくつか気になったところがあったので、ちょっとアドバイスさせてもらった。



ゴールキックおよびコーナーキックのシグナルは、遅れてでも構わないので、ゴールラインのところまで移動してシグナルすることと、コーナーキック時にゴールラインの延長上じゃない場所で再開を待ってしまったケースがあったので、コーナーキック時のボールセットの確認の仕方とそのあとの再開を待つ場所へのスムーズな移動の仕方など。



午後は、順位決定戦を2試合連続で担当。副審は、団のOBの保護者のお二人。学校のグランドに40×60mのピッチを2面とって同時進行で試合を行っており、どうしても審判が不足していた状態だったので、このお二人にも2試合連続で試合を担当していただいた。感謝!



順位決定戦の1試合目。

守備側チームが自陣ペナルティーエリア内から間接フリーキック(オフサイドの再開時)を行ったのだけれど、ボールが直接ペナルティーエリア外に蹴り出されなかったので、やり直し。実際の再開場所よりゴールライン側で再開しようとしていたのだけれど、再開場所を微調整することに時間をかけるよりも、はやく再開したいという気持ちを汲んで、早くリスタートさせてあげようとしたことが裏目に出てしまった。(涙)



ゴール前で至近距離から蹴られたボールを顔で受けてうずくまる選手が出た。正面ではなく少し斜めからだったように見えたけれど、念のため確認しておこうと思って、直後のアウトオブプレーのタイミングで一時的に試合を止めてその選手のところに戻って「大丈夫?」と聞いた瞬間、地面に血が落ちた。「出血しているので、(ピッチの)外に出します。(チーム役員の方はピッチ内に)入っていいですよ~。」と役員を呼び入れて、代わりの選手を入れますかと聞いたところ、ある選手に入るように指示。ちょうどA1側のベンチだったので、呼ばれた選手がビブスを脱いでそのままベンチ前から入場しようとしたので、「交代ゾーンからしか入れないからね~」と制止。



慌てなくても大丈夫。君が入場しない限り試合は再開しないから、と内心でつぶやきながら。



最終試合。予選2ブロックの1位どうしの対決。



前半終了間際に、出てしまいました。オフサイドの新解釈に関係するプレーが。中央から右ウィングの選手へのボール。ふわっと浮かせたようなボール。右ウィングの選手は、オフサイドポジションにいたことは把握していました。で、左DFの選手は頭で跳ね返したり、胸トラップして足元に落とせば問題なかったのに、左足で無理やりコントロールしようとして、結局ボールを後ろに逸らしてしまい、オフサイドポジションにいた右ウィングの選手にボールが渡った。



副審(A2)を担当してくださっていたお父さんに心の中で「フラグアップしないで!」と念を送ったのだけれど、残念ながら通じず、フラグアップされてしまった。仕方がないので「下げて」という声とシグナルを送って、フラグをキャンセル。



得点にならなければいいんだけどなぁ、と、そのままプレーの監視を続けていたら、得点になってしまった。ま、仕方がない。副審のフラグアップを採用するか、採用しないかはあくまで主審の権限なので。



ハーフタイム時に、失点した側のチーム役員から質問(異議というものではありませんでした)を受けたので、「私にはDFの選手のコントロールミス(=意図的なプレー)と判断し、オフサイドの新解釈に相当するプレーにあたるため、副審のフラグアップをキャンセルさせてもらいました。」と説明し、理解していただいた。



後半終了間際、DFの選手がアフターでチャージを受けた。アフターなので、ボールはきれいに味方選手の足元に入ったが、プレーオンを大声でコールするほどの場所ではなかったのと、接触自体は不用意レベルの軽微なものだったので、そのままプレーオンのコールをしないでプレーを流した。



すぐにその選手が起き上がるだろうと思っていたのだけれど、アウトオブプレーになってもまだ起き上がらず、というか動かずにいたので、チーム役員を呼び入れた。



チーム役員(指導者)に抱き起こされ、プレーを続行するように促されて、そのままプレーを続けようとしたので、「ごめんなさい。(チーム役員に)入ってもらったので、いったんタッチライン側に出てもらえますか。インプレーになったらすぐ入場の許可を与えますから。」と言っていったんタッチラインの外に出てもらった。



で、インプレーになった瞬間に入場の許可を出した。



といったところが本日の主な内容。



反省は、不用意にバックステップしてしまうと、体が小さく気配を感じ取りにくい選手にぶつかってしまうため、3種の試合と同じようなバックステップが使えなかったこともあって、ボールとの距離を修正しきれず、ちょっと巻き込まれた回数が多かったかなぁ。1回ボールにあたっちゃったし、選手に道をあけたつもりが、私が逃げた方にドリブルしてここられて、内心「こっちに来んのかい!」と思いながらも「(ドリブルの邪魔して)ごめん!」と謝ったのが2~3回。



展開を先読みして次の争点に先回りしたつもりが、「そこで(ボール)失うの~」と慌ててポジションを修正しなければならなくなったというのも数知れず。



う~ん、大きなミスはしていないと思うのだけれど、全体的にポジショニングがいまいちだったなぁ、今日は。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。



 ← 現在、かなり安い価格になっているようです。保管場所に余裕がある方は、来シーズン用にいかがですか?
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1962-3f3fbf88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック