3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
オフサイド・トラップの掛け損ない (2015 J1 第3節 甲府 vs G大阪 の試合から)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




2015 J1 第3節 甲府 vs G大阪

スカパー!Jリーグ[公式]アカウントがUPしている下記の映像の先頭から4分55秒付近~をご覧ください。




将来的に映像が削除されてしまったときの保険として、当該の部分をGIF化しておきます。

j1_2015_03_22_01_001.gif

(山内副審のオフサイドトラップに対する反応が、一瞬遅れていますが、この程度は仕方がないと思います。それよりオフサイドトラップにかからなかったと判断したあとのスプリントが素晴らしいですね。GIF画像では、ファイルサイズの関係で途中で切れてしまっていますが飯田主審のスプリントも素晴らしいと思います。しっかりゴールラインまで追い切ってますしね~。)



4種の試合では、あまりこのようなオフサイド・トラップをかけるDFの選手はいませんが、社会人の試合になると、こんな掛けそこないのオフサイド・トラップを仕掛けおいて、平気で「オフサイド!」と副審にアピールしてくる選手が、時々いらっしゃいます。



話が少し逸れますが、オフサイドが疑われるシーンで、副審がオフサイドではなかったと判断したことを主審に伝える手段として、大きく分けると2つのサインがあります。


1)(主審から見やすいように)左手で持っているアシスタント・フラグを真下ではなくやや斜め前方に突き出すような状態を保って走る。


2)フラグをもっていない右手を手のひらを上にしてやはり少し前方に突き出すような状態を保って走る。



ただ、手を斜め前方に突き出しながら走ると、当然全速力で走れません。なので、オフサイドラインから遅れる可能性が高くなるから、本当に微妙なシーン以外ではこのようなサインは使用するな、というインストラクターもいらっしゃいます。



(上の映像において、山内副審はサインを利用されていません。かなりのスプリントが要求されるシーンだったので、全速力ダッシュを優先させたのか、それとももともと「オンサイド時にサインは使わない」という打ち合わせだったのかは不明ですが・・・。)



更に、1)については、アシスタント・フラグは、主審に「異常」を知らせるためのものであるので、「オフサイドではなかった」という「正常」な状態の際に、たとえ「斜め」であっても使用してはならない、というインストラクターもいらっしゃいます。(でも、Jリーグの試合でこのサインが使われているのを見たことがあるのですけれどね~。見間違いかな~。(笑))



なので、私が副審を務める場合は、2)のパターンを使います。



主審を務める場合も、副審を務めてくださる方に、2)のパターンを使ってもらうようにお願をします。インストラクターが試合を見ていないことが明らかな場合は、むしろこのサインを「積極的に」使ってもらうように依頼することもあります。



というのは、サインがないと副審がオフサイドのフラグアップを保留(オフサイドポジションにいた選手がボールに触れて、プレーに干渉したことが確定するまで保留)しているのかどうかをず~っと気にしていなければならず、争点側の監視が若干疎かになってしまいます。



しかし、副審がオフサイドではなかったとサインを送ってくれた時点で、次にオフサイドかどうかの判断が必要になるタイミングまでしっかり争点に集中できるので、積極的にサインを送ってくれるように依頼します。



話を戻します。社会人の試合で副審を担当する場合は、積極的にこの2)のシグナルを使います。というのも、何もサインを出さないでいると、「オフサイドじゃん、見ていなかったんじゃないの?」とDF陣からアピールを受けることがあるのですが、このサインをしっかり出しておくと、「副審は今のプレーをオンサイドだとはっきり判定しているんだ。」と理解してくれます。



もちろん、理解してくれるだけで納得してくれているかどうかは別ですが。



納得してくれていない場合でも、毅然とした態度で接し、「それ以上の反応は『異議』となりますよ~」という雰囲気を醸し出して対応するのですけれど。



足が速くなるこけし走り-かんたん! ! 体幹ランニング! !
齊藤 太郎
池田書店
売り上げランキング: 186,412

↑ 日本サッカー協会だけでなくFIFAからも要請を受けて、トップレフェリーにランニング指導をされている齊藤太郎さんの著書。

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。



スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1965-35d3375a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック