3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
KIRIN CHALLENGE CUP 2015 (2015/03/27 日本代表 vs チュニジア代表)の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。




この試合の簡易版の公式記録はこちら
http://www.jfa.jp/samuraiblue/20150327/match_page/m1.html#pankz


公式記録PDF版はこちら
http://www.jfa.jp/national_team/samuraiblue/20150327/schedule_result/pdf/m01.pdf



チュニジアはFIFAランク25位(2015年3月12日付)のチーム。
http://www.fifa.com/fifa-world-ranking/ranking-table/men/index.html


オーストラリアの審判団。

主審 ベンジャミン・ウィリアムズ氏
副審1 マシュー・クリーム氏
副審2 ポール・セトランゴロ氏
第4の審判員 ストレブレ・デロフスキ氏


ということは、3月31日のJALチャレンジカップは、主審と4審が入れ替わるパターンでしょう、きっと。




とりあえず、主審によって出されたイエローカードの確認のみ。



前半22分52秒付近。

日本代表13番(清武選手)が、チュニジア代表3番(アイメン・アブデヌール選手)にスライディングタックルされたシーン。



当初、ファウル直後に、ファウルサポートした副審(A1)に向かってアイメン・アブデヌール選手が何か言ったように見えたので、「異議」かもと思ったのですが、録画を確認したところ、ファウルサポートとほぼ同じタイミングで主審が笛を吹いていて、笛を吹きながら&駆け寄りながら右手でショーツの前ポケットに収められているイエローカードを取り出そうとしているようなので、ラフプレーの可能性が高いと思います(ファウルタックルが「無謀に」行われた)。



場所および状況的には、大きなチャンスというものではなかったので、反スポーツ的行為の可能性は少ないと思います。



後半7分47秒付近。

日本代表14番(武藤選手)が、チュニジア代表15番(モハメド・アリ・モンセル選手)に正面からのタックルで足を掛けられて倒されたシーン。



センターバックの選手が残っていたので、反スポーツ的行為の
●相手の大きなチャンスとなる攻撃のじゃまをする、または阻止をするという戦術的な目的でファウルを犯す。
には該当せず、スパイクの裏面を見せての突進だったので、ラフプレーじゃないかなぁ、と思います。



ただ、モハメド・アリ・モンセル選手にイエローカードを提示しているシーンで、「前が開いていた(から、ファウルがなければ大きなチャンスになっていた)からね~」というようなジェスチャーをしているようにも見えますね~。う~ん、どっちだろう・・・。



後半17分35秒付近。

日本代表10番(香川選手)が押さえられて倒されたことがファウル認定され、日本代表17番(長谷部選手)がクイック気味にリスタートしようとしたところ、日本代表陣地側から戻ってきた、チュニジア代表13番(フェルジャニ・サッシ選手)が、長谷部選手の体に意図的に体を接触させて(?)クイックリスタートの邪魔をしたのではないかと思われます。(映ってないじゃん!)



競技規則 ガイドライン 第13条 フリーキック

距離

(中略)
競技者がフリーキックを素早く行おうとしたことろ、ボールの近くにいた相手競技者が意図的にキックを妨害した場合、主審はプレーの再開を遅らせたことでその相手競技者を警告しなければならない。
(後略)




ここまで書きあげたところで、PDF版のマッチレポートがUPされていました。(まだ、各ページにリンクは貼られていないようですが、おおもとのファイルはUPされているようです。)



1&2枚目のカードは、「反スポーツ的行為」という表記になっていますが、「ラフプレー」も「反スポーツ的行為」の1つです。このブログ上で「ラフプレー」を「反スポーツ的行為」と区別しているのは、我々が都道府県のサッカー協会に提出しなければならない「審判報告書」には、「ラフプレー」と「(その他の)反スポーツ的行為」を区別して記入しなければならないからです。



詳しくは、「反スポーツ的行為とラフプレーの関係」 をご覧ください。



サッカーダイジェスト 2015年 4/9 号 [雑誌]

日本スポーツ企画出版社 (2015-03-26)




☆ 関連記事 ☆

「反スポーツ的行為とラフプレーの関係」

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

 ← 値下がりしている在庫(=amazon 扱い分)の残在庫はのこり僅かのようですよ~。




☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/1970-9cbdfb7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック