3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/05/23) 主審 × 2.0  イエローカード × 1  (その2)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


昨日の記事の続きです。



間に40分ゲームのB戦を挟んで、次の試合も主審を担当。試合時間はやはり50分(25-5-50)。



昨日の記事の最後に少し予告しましたが、この試合では公式戦じゃなくてよかった、というような出来事が起きました。



ペナルティーアークの外側付近からシュートとして放たれて、私にはクロスバーに当たって跳ね返ったように感じられたボールに対し、攻撃側の選手から「ゴール内の上部の細いバー(ゴールネットが垂れさがらないようにするためのバー)に当たって出てきた」というアピールが。



副審を担当してくれている1年生からは特にアピールがない。そりゃぁ、試合前にボールがゴールに入ったものの以前インプレー状態が継続していた場合のシグナルについては何も打ち合わせしていなかったので、無理もない。



インプレー状態が継続していたので、次のアウトオブプレーになったら、副審の1年生に聞いて確認しようと思ったものの、なかなかアウトオブプレーにならない。



やっとアウトオブプレー(スローイン)になったので、副審が得点を認めるならその時点で得点を認めてキックオフで再開しよう(プレーを再開するまでは、直前の決定が正しくないことに気付いた場合は訂正できるので)と思いながら、笛を吹いて試合を完全に停止しておいて、副審に聞いてみたが、副審の1年生は「分らない」とのことだった。



主審も副審も得点があったという認識がない以上、得点を認める訳にはいかない、ということでスローインで再開。



いや~、練習試合で良かった。公式戦の決勝点に絡むものだったら、と思うとぞっとする。ゴール内からボールが跳ね返ってくる、ということもしっかり想定して試合前の打ち合わせをしておかなくちゃ。



一応、一旦アウトオブプレーを待って、次にプレーを再開するまでは決定(判断)を変えることができることにはなっているものの、もしプレーが切れずにそのまま反対側のゴールにボールが入ってしまった場合、厄介なことになるので、やはり試合がアウトオブプレーになったタイミングまで待たずに、副審と際どいゴールについてお互いの見解が確認できるように試合前にしっかり打ち合わせをしておかなければならないな、ということを痛感。



この試合、前半はファウルも少なく、お互いクリーンにプレーしている、という印象だった。



ところが、後半の終盤にさしかかったあたりから、少し試合が荒れだした。



まず、コーナーキック時のポジション取りでちょっと小競り合いをしている選手が目に入ったので、コーナーキックが蹴られる前に笛を吹いてプレーを止め、当該の2人の選手を私の近くに呼んで「注意」を実施。



しばらくして、今度は反対側のペナルティーエリアの手前あたりのマッチアップでの体の当て方が、それまでに比べると、ややラフな当たり方になってきたように感じた。



そこで、フィールド内にいる全ての選手に聞こえるようなボリュームで

「落ち着いてプレーしましょう!」

という声かけをしておいた。



それから2~3プレー後、ハーフウェーライン付近で右SBの選手から縦パスを受けようとしていた右のMFの選手が、相手左SBの選手に軽く背中を押されたのが確認できたので、ボールの納まり具合ではアドバンテージを適用すべく「プレーオーーン」というコールをしようと思った瞬間、右のMFの選手が前のめりに崩れたので、笛を吹いてファウル認定。



そんなに強く後方から押された訳ではなかったので、すぐに起き上がるだろうと思いながらも、駆け寄ってみると、その選手は背中を押さえながら、苦悶の表情を浮かべている。



すぐに起き上がれそうな雰囲気ではなかったので、顧問の先生を呼び入れようと思って顔を上げたら、もう顧問の先生がいた。(練習試合だし、そのチームのベンチ前に近かったこともあったので、そのあたりは不問。)

 

後ろから不意打ち気味に押されたので、腰のあたりを痛めてしまったのかも知れない。やっぱ後ろから押しちゃダメだよね~。



負傷退場となった選手の代わりの選手のピッチへの入場を許可して、試合を再開。



ちょっと試合が荒れてきたことを感じたので、声かけをしたにも関わらず、負傷退場者が出てしまったのが非常に残念。(一応、たいしたことはない、という顧問の先生のお話でしたが。)



といったところが、2試合めの主な内容。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 参考になったよ、とか、面白かったよ、という方は励みになりますので、クリックのご協力を。
 

 






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
はじめまして。毎回興味深く拝見させていただいています。
質問なのですが、コーナーの競り合いの際、当事者二人に注意を与えるときになんと声がけされてますか?
ちなみに私の場合は当事者だけを呼ぶことは少なく、ボックス内にむけて「ちゃんと見てるからねー、ファウルとりますよー」とだけ声をかけるようにしています。
2015/05/27(水) 10:32:08 | URL | 青森4級審判員 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし


青森4級審判員 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 質問なのですが、コーナーの競り合いの際、当事者二人に注意を与えるときになんと声がけされてますか?

小競り合いの内容にもよりますが、

「インプレー前のポジション争いで身体を接触させないように。」とか「インプレーになるまでは身体を接触させないように。ちなみにインプレー後はファウルになる可能性があるから注意してね。」とか「インプレー前に身体を強く相手競技者に接触させて意図的な対立を引き起こしたほうにはイエローカードを出すからね。」

という感じですかね。


他の選手に対しても牽制の意味で、しっかり間をとって「注意」します。小競り合いが起きそうな気配を感じた早い段階でしっかり注意しておくと、その後はほとんど悪質なポジション争いはなくなることが多いので。


2015/05/27(水) 23:50:10 | URL | tom3 #8M5qpgQ6 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2040-b5807e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック