3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
前半が終了したと勘違いしたのならユニフォームを脱いでもイエローカードは提示されません ・・・ 2015年YNC 予選第5節 清水 vs 名古屋 の試合から


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 



Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第5節 清水 vs 名古屋
http://www.jleague.jp/match/ync/2015/052006/live



ナビスコカップで珍事があったようです。まずは、下の映像をご覧ください。






ベンチリポーターからの
「ま、ちょっとエスパルスの関係者も、いまのはイエローカードだったんじゃないか?という抗議をしてまして…」
というリポートを受けて、

解説および実況アナも
「ユニフォームを脱いだということでね。」
「ま、ルール上は確かにそうですよね。」

というようなことを言ってますが、正しくありません。



競技者が「得点の喜び」を表現する際に、ユニフォームを脱いで喜ぶのは認めません、ということは競技規則に書かれています。



これは、得点を喜ぶ行為が過度になると相手競技者に不快な思いをさせることになり、その後試合が荒れたり、ラフプレーに繋がったりする恐れがあるので、節度をもって喜びましょう、という趣旨です。



なので、別に得点の喜びを表現するためでなく、今回のように主審の笛を勘違いして、前半が終了したと思い込んでユニフォームを脱いでしまったというだけなら、イエローカードは提示されません。(カードが提示される理由が存在しない。)



競技規則を確認します。(※下線は私の方で施したものです)

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点の喜び

競技者が得点をしたときに喜びを表すことは認められるが、その表現は過度になってはならない。 

適度な喜びの表現は許されるが、大げさなパフォーマンスで表し過度に時間をかけてしまうものは勧められない。主審、副審および第4の審判員は、そのような状況に対して介入するよう求められる。 

次の場合、競技者は警告されなければならない。

●競技者が相手を挑発する、嘲笑する、また相手の感情を刺激すると主審が判断する。
●得点を喜ぶために周囲のフェンスによじ登る。
●ジャージーを脱ぐ、ジャージーを頭に被る。
●マスクや同様のものを顔や頭に被る。

得点の喜びのためにフィールドを離れること自体、警告の反則ではない。しかし、競技者は、できるだけ早くフィールドに戻らなければならない。

得点の喜びに対応するにあたって、主審、副審および第4の審判員は予防的に対応するとともにコモンセンスを用いることが求められる。




競技規則上、あくまで得点の喜びを表現するためにユニフォームを脱いではいけないだけで、例えば襟の部分から蜂などの虫が入り込んだので試合中にもかかわらず慌ててユニフォームを脱いだ、とか、今回のように主審のオフサイドの笛を前半終了の笛と間違えて脱いでしまったという場合には、通常警告されることはないハズです。



ただし、ユニフォームを脱いだままプレーに参加(ボールをプレーしようと)してしまうと、これは第4条の競技者の用具を満たしていないことになるので、警告される恐れが出てきます。



競技規則 第4条 競技者の用具

基本的な用具

競技者が身につけなければならない基本的な用具は次のものであり、それぞれに個別のものである。
●袖のあるジャージーまたはシャツ──アンダーシャツを着用する場合、その袖の色はジャージーまたはシャツの袖の主たる色と同じでなければならない。
(後略)



それから、

競技規則 第5条 主審

職権と任務

主審は、
(中略)
●競技者の用具を確実に第4条の要件に適合させる。
(後略)



このあたりに引っ掛かってしまいます。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
  

以下、おまけ。


「具体的にシャツを使って得点を喜ぶパフォーマンスをした場合、どこまでがセーフで、どこからアウトか決めておかないとまずくない?」
「う~ん、じゃぁ、シャツの裾を首までまくりあげるのはOKにしましょう。だけど首より上までまくりあげた場合は(完全に脱ぎきらなくても)アウトにしましょう。」
って感じで決められた感じです。(あくまで私個人の想像です。)


現在の競技規則は「●ジャージーを脱ぐ、ジャージを頭に被る。」という言葉だけですが、昔の競技規則には、具体的な写真が例として掲載されていました。(2007/2008年度版、2008/2009年度版にのみ掲載されていました。)


shirts.jpg


ね、裾が首より上まで上げられているか、首の下で留まっているでイエローかイエローじゃないかが分かれているでしょ。




上で紹介した映像は、公式系のアカウントの映像ではないようなので、将来的に映像が削除されてしまった時のために一部をGIF化しておきます。

nabisco_2015_05_20_05_002.gif




残念ながら、スカパー!Jリーグ[公式]アカウントがUPしている映像には、このシーンは収められていません。





それから、「勘違い」といえば・・・。例えば観客が吹いた笛を選手がプレーが停止された笛だと勘違いして、ボールを手で拾い上げた、というようなケースもハンドリングの反則にはなりません。どうなるか、というと・・・、長くなったので別の記事にして、後日UPすることにします。



☆ 関連記事 ☆

「得点の喜び」





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
副審の人は主審は?
この記事とは関係ないことなんですが、
Jリーグを担当している副審の方も1級審判員だと思うのですが主審も出来るのでしょうか?
副審しかできない(主審としてピッチを走る体力がない場合は)1級などには
なれないのでしょうか?
2015/05/28(木) 21:41:49 | URL | ゆう #- [ 編集 ]
Re: 副審の人は主審は?

ゆう さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> Jリーグを担当している副審の方も1級審判員だと思うのですが主審も出来るのでしょうか?

私の知っているJで副審を担当されている方は、高校サッカーの都道府県大会の決勝で主審を担当されているのをよくお見かけします。

基本的に1級審判員ですので、全国大会の主審を担当できる資格を有しています。割り当てられるかどうかは別にして。

> 副審しかできない(主審としてピッチを走る体力がない場合は)1級などには
> なれないのでしょうか?

持久力に関してはJ担当主審の基準のほうが若干厳しい(難しいテスト)ですが、スプリント力はJ担当主審よりJ担当副審のほうが厳しい(難しい)のをご存じですか?

詳しくは過去記事
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-1881.html
をご覧ください。

2015/05/29(金) 00:17:47 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2041-5e779f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック