3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2015/09/05) U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日の全体練習は、Kコーチが担当。(監督と私は育成会関係の打ち合わせ)。



2時からの学年別メニューでは、1年生を担当。本日の1年生の参加者は9名(全員)。



最初は、ボールタッチ系メニュー。



その後は3人組でボールを使ってのお遊びメニュー。2人組で向き合って交互にボールをキャッチボールの要領で転がし、中央の選手はそのボールに当たらないようにする。両サイドの2人は中央の選手にボールを当てるのではなく、あくまでペアを組む相手めがけてボールを投げる。
 


続いて、ボールを両手での下投げに変更し、中央の選手に触れられないように反対側の選手まで届かせる(&そのボールをキャッチする)練習。中央の選手は中央に引かれたラインから離れずにボールに触れられたら(インターセプトできたら)、ボールを投げた選手と交代。



給水休憩後の2時30分からは、5ヤード四方のグリッドを作り、狭いグリッド内でボールをドリブルする練習。グリッド内に私が入り、私にボールを蹴り出されないようにする。(蹴り出された場合は、ボールを回収後、腕立て伏せを1回実施して再びグリッド内に戻る。)



その後、私はグリッドから外れ、ドリブル中に鳴った笛の数と同じ人数の組を作ってしゃがむ、というメニュー。笛の数と同じ人数の組を作れなかった選手は罰ゲーム(腕を伸ばしてグー&パーを10回)。



2時55分からはミニゲーム。



30×20mのピッチを作り、ゴールラインから5m離した場所にコーンを2本倒した状態で置き、どの方向からボールを当てても得点。ただし、ボールがゴールに当たった時に、全員が相手陣地内にいなければならないルール(ゴールへの張り付き防止ルール)。



ボールは全てのラインからスローインで投げ入れる(ファウルスローの指導のため)。それからスローインは外に出たボールを拾った人が投げ入れる方式。(出した/出してないは関係なし。アクチュアル・プレイングタイムの確保のため。)



ミニゲーム終了、3時10分。



ミニゲーム終了後、ストレッチなどを実施して練習終了、3時25分。



(アディダス)adidas M ESSベーシックポロ
adidas (2015-08-21)
売り上げランキング: 6,278




 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2148-6beb9d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック