3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
トリックコーナーキック ・・・ Play of the Week 2015 Week 26


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



まずは下の映像(特に映像の先頭から50秒付近~)をご覧になって、下の問題に回答ください。





このプレーに対する、正しい再開方法は?

1)攻撃側チームのコーナーキックをやり直す
2)コーナーアーク付近から行う守備側チームの間接フリーキックで再開する
3)得点を認め、守備側チームのキックオフで再開する




いつもの通り、正解が見えてしまわないように、改行をいれておきますので、バナーのクリックのご協力をお願いいたします。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← くどいようですが、クリックのご協力を。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← これより先はクリック後にどうぞ。





さて、正解というか、米国プロ審判協会の見解は、

最初のキッカーがボールに3度触れていて、
●他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしてはならない
 という競技規則に違反している。」

というものです。




米国プロ審判協会の元記事
http://www.proreferees.com/news-play-of-the-week-2015-week-26.php
では、

1)もし、最初のキッカーがボールに1度しか触れていなければ、競技規則的には認められる。しかしながら、そこには道義的な議論がある。
2)副審は、キッカーの次にボールに触れた攻撃側競技者がボールが既にインプレーになっていることを確認した際、確証を与えているように見え、これは守備側チームに対する攻撃側チームの陰謀への加担となっている。
3)私(←誰?)は、このタイプのコーナーキックの戦術を認めないレフェリーがいることを理解している。

というような見解も示されています。



興味のある方は、元記事をご確認ください。



ま、競技規則の裏をかいたプレーとまでは言いませんが、競技規則が選手の不自由さを感じないようにあえて善意で与えてくれている許容範囲を姑息な画策に利用しているプレーのような気がします。(ちょっと言いすぎかな。ま、競技規則の隙をついていることには変わりないと思います。)




競技規則 および ガイドラインの関係する部分を抜粋しておきます。



競技規則 第17条 コーナーキック

進め方

●ボールは、ゴールラインを越えた地点に最も近い方のコーナーアークの中に置かなければならない。
●コーナーフラッグポストを動かしてはならない。
●相手競技者は、ボールがインプレーになるまで、コーナーアークから9.15m(10ヤード)以上離れなければならない。
●攻撃側チームの競技者がボールをけらなければならない。
●ボールは、けられて移動したときにインプレーとなる。
●他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしてはならない。





競技規則 ガイドライン 第17条 コーナーキック

進め方 - 違反

(中略)
ボールはコーナーアーク内に置かれなければならず、キックされたときにインプレーとなるので、インプレーになるためにコーナーアークから出る必要はない。 
(後略)




以下は余談です。



コーナーキック時のボールセットを足で行うことができることが、審判団およびキッカー以外の選手がインプレーのタイミングを確認し辛いものにしているので、個人的には、コーナーキックの進め方を見直すかインプレー要件の見直すかということをべきだと思います。

例えば、
1)ボールセットは必ず手で行わなければならない。(ただし、ハンディキャップのある選手が行う試合の場合は除くなどの対応が必要)
あるいは
2)コーナーアークもしくはゴールラインおよびタッチラインに囲まれたエリアから直接蹴り出されないとインプレーにならない。
など。




正直なところ、審判活動をする立場の者としてはフリーキックとコーナーキックはボールを手で制止させてから行うという規定にしてくれたほうがありがたい。そうすると審判団の負担は減りますから。(ゴールキックはペナルティーエリアから蹴り出されないとインプレーにならないし、キックオフ時は必ずキックの前に笛の合図があるので、別に手でボールをセットされる必要はないです。)



じゃないと、一旦ボールセットしたものの、キッカーを務める選手が交代することになって、先の選手がセットされたボールを新たに現れたキッカーのためにヒールでタッチラインの外にボールを蹴り出したような場合など、どう対応するのが正解なのかを審判団が悩まなくてすむので。




おまけ。




米国プロ審判協会に言わせると、ルーニー選手はボールに一度しか触れていないようなので、競技規則的にはOKなパターン。しかしウェブ主審は、この手のプレーを認めない派の様子。ルーニー選手が触れたボールはインプレーにはなっておらず、コーナーキックのボールが正しい場所から行われなかったという副審のフラグアップを採用して、やり直しを命じているものと思われます。(正しい場所から再開されなかったというほうが先なので、次の選手が2度ボールに触れたことは不問となっています。)






米国プロ審判協会に言わせると、これも競技規則的にはOKなパターンになると思われます。ただし、副審は攻撃側8番の選手のキックをコーナーキックとしては認めていないようで、守備側選手の7番の選手に対し、コーナーアークから10ヤード離れるように指示しているような気配があります。なのでボールがゴールに入ったあとも得点の合図は行わず、コーナーアーク付近に留まって主審を呼んで副審の見解を伝えているようです。

この場合、攻撃側10番の選手がコーナーキックを行った直後に他の競技者がボールに触れる前に再びボールに触れているので、守備側チームの間接フリーキックで再開するのが正しい再開方法なのですが、雰囲気的には「やり直し」しているような気配を感じます。






これは、最初のキックが「蹴られた」といえるのかどうかがこの映像からは判断できません。そして、米国プロ審判協会に言わせると、攻撃側選手に何か尋ねられて、副審がうなずいているようなので、「副審が守備側チームに対する攻撃側チームの陰謀への加担している」ことになってしまうと思います。






これも、最初のキッカーがボールに1度しか触れていないかどうかが映像では判断がつきません。ちなみに4種の指導に携わるものとしては、4種の試合でこんな競技規則の隙を突くようなプレーは必要ないんじゃないの?という気がします。(選手たちが、大人に入れ知恵されたわけではなく純粋に思いついたというのであれば、その発想や着眼については評価しますが。)




一応、守備側の予防策としては、コーナーキックのキッカーが交代しそうな雰囲気がある場合は、新たにキッカーとなりそうな選手にくっついて誰か1人をコーナーアーク付近まで移動させる。その際、コーナーアークから10ヤード離れるよう副審から注意を受ければ、副審はまだインプレーとなっていないという認識。10ヤード以内に近づいても何も言われなければ、既にインプレーという認識。それで判断するしかないかな。




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事が参考になったという方は、励みになりますので、ぜひクリックのご協力を。


☆ 関連記事 ☆

「コーナーキックがインプレーになる瞬間」

「リスタート者がインプレー後に再び足でボールに触れたら」

「副審の任務と位置取り (その8、コーナーキック)」

「(問題)コーナーキックのインプレー要件」


(アディダス)ADIDAS M ESS LIN ショートスリーブTシャツ
adidas (2015-08-21)
売り上げランキング: 6,226




 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつも楽しく拝見させてい頂いています。

先日、U-12の試合の主審を担当していた時、このようなコーナーキックのトリックプレーをやられてしまいました。私自身サッカー経験はなく、審判資格を取得して3年経ちますが、思いもよらないプレーでした。内容はキッカーがボールをセット後(手で置いたかは未確認)足の裏でボールを動かし、○○蹴ってとチームメイトを呼び、入れ替わりました。キッカーは助走に入る動きをしたので、私はペナルティーエリア内の競り合いの監視をしたところ、ドリブルを始またのです。思わず、まさか2度蹴り?と思い笛を吹きました。その瞬間、攻撃側のベンチから前のプレーでインプレーになっているとの声が・・・。思い返すと確かに足でボールを動かしていたと思い、ドロップボールでの再開としました。
このブログでいろいろなケースを勉強させていますが、その当時はまさかと思いました。勉強させられた出来事でした。今回のテーマでいろいろなケースがあるなと再認識できました。ありがとうございました。
2015/09/08(火) 13:06:12 | URL | ツー #- [ 編集 ]
先程コメントした者ですが、プレーの詳細を付け加えます。
レフェリーサイドのコーナーキックで、最初にボールをセットしてボールを足の裏で動かした後、ボールはコーナーアークから出てはいませんでした。(ボールの位置を確認して、キッカーが変わった後そのままのボールの位置で蹴っても問題ないなと思っていましたので。)
この時点でインプレーになっているとは考えていませんでした。2度蹴りと判断して笛を吹いたあと、ベンチからの声などで誤って笛を吹いたと判断して、ドロップボールで再開しました。(ベンチからは、だったらコーナーキックのやり直しでしょとの声も)
この場合の再開方法としては、どのようにすればよかったのでしょうか。
2015/09/08(火) 16:40:42 | URL | ツー #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

ツー さん、コメントありがとうございます。

> この時点でインプレーになっているとは考えていませんでした。2度蹴りと判断して笛を吹いたあと、ベンチからの声などで誤って笛を吹いたと判断して、ドロップボールで再開しました。(ベンチからは、だったらコーナーキックのやり直しでしょとの声も)
> この場合の再開方法としては、どのようにすればよかったのでしょうか。

競技規則の第8条で「ドロップボールは、ボールが依然インプレー中で、主審が競技規則のどこにも規定されていない理由によって、一時的にプレーを停止したときに、プレーを再開する方法である。」
と定義されているので、ドロップボールでの再開方法が正解ですね。

過去記事 ドロップボールになるケース
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-360.html
をどうぞ!

2015/09/09(水) 07:50:18 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
横から失礼します
気になりましたので失礼したします。

>キッカーは助走に入る動きをしたので、

キッカーはピッチの外で助走を初めているのでしょうか?
もし最初にボールを動かしていてインプレーになっているのなら、主審の承認を得ずに意図的にピッチを離れるという不正行為に当たるのではないでしょうか?

tom3の当記事
#湘南ベルマーレ のCKトリックプレー #サガン鳥栖 戦
上記動画を想定しています。

失礼致しました。
2015/09/09(水) 23:09:12 | URL | 赤 #- [ 編集 ]
Re: 横から失礼します

赤 さん はじめまして&コメントありがとうございます。

> キッカーはピッチの外で助走を初めているのでしょうか?
> もし最初にボールを動かしていてインプレーになっているのなら、主審の承認を得ずに意図的にピッチを離れるという不正行為に当たるのではないでしょうか?

厳密に言えば、主審の許可を得ずにフィールドから踏み出ているのでしょうけれど、広義にとらえると、キック(するフリ)をするために一時的にピッチの外に踏み出るのは、「競技者が偶発的にフィールドの境界線を越えた場合、違反を犯したとはみなされない。フィールドから踏み出すことはプレーの動きの一部であると考えられる。(第3条)」に該当すると考えてもよいのではないでしょうか。

カードを出すのが仕事、ではないので、あまり杓子定規に考える必要はないような気がします。


2015/09/11(金) 03:56:50 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
蹴る
ボールに触れてから仲間に交代とあります。蹴るという行為にならないのではと思いますが、どう思いますか?
キックオフでは前に蹴りだしてスタートですよね。
それはボールが回転して初めて認められるんですよね。自分は審判やっていてキックオフでボールを足の裏でおいておかれるのも正直紛らわしいと思います。
多少ずれてすいません。
2015/09/13(日) 22:57:16 | URL | ブラック #- [ 編集 ]
蹴る
ルールブックには蹴って移動してからインプレーとありますね。
ってことは湘南の場合などさわっただけではインプレーにならないのでは?
2015/09/14(月) 13:56:20 | URL | ブラック #- [ 編集 ]
Re: 蹴る

ブラック さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> ルールブックには蹴って移動してからインプレーとありますね。

足裏であろうと、ヒールであろうと、甲であろうと「足」でボールに触れてボールが1cmでも移動すれば「蹴られた」とみなされます。

記事本文に書いた通り、youtube上にUPされている映像では判断できませんね。



2015/09/14(月) 22:33:01 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2150-578c764d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック