3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
アフガニスタン戦のジャッジが微妙に思われたところなど


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


かつーさんのところで、アフガニスタン戦のレビューがUPされてます。

2018W杯アジア2次予選 日本VSアフガニスタン



基本的には、かつーさんの見解と同じなのですが、ちょっとかつーさんの見解と違うところを紹介しておきます。



後半12分の山口選手がファウルをとられたシーン。かつーさんは、山口選手のホールディングをとられたのではないか、という見解のようなのですが、私はファウルチャージをとられたのではないか、と思っています。

samurai_blue_20150908_002.jpg

アフガニスタンの8番(F SHAYESTEH選手)が山口選手の首に抱きついて山口選手の動きを押さえているように見えますが、その直前、F SHAYESTEH選手とボールの間に山口選手が体を割り込ませた時に、F SHAYESTEH選手の左太もも付近を「不用意レベル」でチャージした、という判断だと思います(山口選手のファウルチャージが原因となって、F SHAYESTEH選手が抱きついて山口選手を倒した)。


samurai_blue_20150908_001.jpg
(上の写真の直前の写真。F SHAYESTEH選手の左足が着地する直前に山口選手の腰が入っているような感じ)


ま、この程度の強さの「ボールと相手競技者の前に体を入れる動作」でファウルチャージをとられちゃぁ、相手競技者からボールを奪えないよ、という方もいらっしゃると思います。



手や腕を使わずにチャージすることは競技規則で認められているのですが、そのチャージの強さが主審の設定している基準を上回ってしまうと、反則となってしまいます。



競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

相手競技者をチャージする 

チャージングとは、スペースを確保するべく、ボールがプレーできる範囲内で、腕やひじを用いず、身体的接触を用いて挑むことである。 

次の方法で相手競技者をチャージすることは、反則である。
●不用意な方法で
●無謀な方法で
●過剰な力で




今回は先に山口選手がF SHAYESTEH選手に対して不用意な方法でチャージした、とみなされたため、山口選手のファウルとなったものと思われます。



正直なところ、山口選手のチャージングのタイミングがF SHAYESTEH選手の体が少し空中に浮いた瞬間だったために、F SHAYESTEH選手が大きく弾き飛ばされた形に見えたことが不運だったかな、という感じです。



というのが私の見解。



判定がわかりにくかったんじゃないかな、と思われるシーンをあと2つほど。



後半44分の武藤選手がファウルをとられたシーン。

samurai_blue_20150908_003.jpg

武藤選手が右手を大きく振った動作が、アフガニスタンの16番(DJELALUDIN SHARITYA選手)の顔に接触するほどだったため、A1のJuma AL副審がファウルサポートして主審に知らせています。ま、仕方がないと思います。



もしかすると、DJELALUDIN SHARITYA選手も左手で武藤選手を押さえているじゃないか、とおっしゃる方がいらっしゃるかも知れません。しかし、その直前に武藤選手のほうが2回ほどDJELALUDIN SHARITYA選手を手で押さえているのを流してもらっているので、DJELALUDIN SHARITYA選手の手のファウルも流されてしかるべきレベルでしょう。(なので、武藤選手のストライキング(相手競技者を打つ、または打とうとする。)の反則のほうがとられました。)



武藤選手がストラインキングをとられる直前。
samurai_blue_20150908_004.jpg


さらに、時間を少し遡ったところでも
samurai_blue_20150908_005.jpg

やっぱり押さえてる。(笛は吹かれていないけど、相手選手のアドバンテージを見ていると思われます。)



それから、前半21分の香川選手のファウルのシーン。

samurai_blue_20150908_007.jpg

上の映像の角度では良く分からないのですが、グランドレベルで見ると・・・

samurai_blue_20150908_006.jpg

香川選手が無理な体勢でプレーをし、ボールを蹴り終えた足でアフガニスタンの18番(AHMAD ARASH HATIFI選手)のすねを蹴ってしまったということが分ります。



確かに香川選手のほうがボールに先に触れているのですが、そのアプローチの方法が相手競技者の足も一緒に蹴ってしまう可能性が高い体の倒し方だったために、「危険な方法でプレーすることで相手競技者の足を蹴ってしまった」 という判断をされてしまったものと思います。



この3つあたりのファウルが、放送をご覧になって「?」と思われた方が多そうかな、ということで。
 






 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2156-e61985fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック