3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/09/22) 主審 × 2.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日は、三男の帯同で、4種(U12)カテゴリーの招待試合の主審を2試合担当。



副審は2試合とも我が団の保護者のお父さん達だったため、試合前にいつもよりは少し打ち合わせの時間がとれました。



で、試合中の主な出来事など。



最初の試合は、非常にクリーンな試合でほとんどファウルがなかったが、ペナルティーエリアの手前からエリア内にドリブルで切り込もうとした選手が、ペナルティーエリアの境界線の手前でトリップされてかなり派手に転んだ。



グランドが固めの会場だったので、地面に激しく身体を打ちつけた形になった選手がなかなか起き上がれそうになかったので、普段ならクイックリスタートを保障することを意識しながらポジショニングするのだけれど、今回はファウルの笛のあとに笛をもう一度吹き直して、選手たちに笛で再開することを知らせてから、トリップされた選手のケアを実施。



幸い、出血などもなく、そのままプレーを継続できるという本人の意思が確認できたので、そのままセレモニー形式でフリーキックを再開するために、壁の操作を開始。



で、壁を下げるべくボールを見ながら歩測を開始したところ、「げっ。しまった。壁が規定の距離以上に離れて作成されてるじゃん!」の状態。



なので、そのまま素知らぬ顔をして、壁から離れ、主審がとるべきポジションに移動して再開の笛を吹いた。



時々、規定の距離以上離れている選手(壁になっている選手)に対し、
「ここまで前に出てこれますよ~」
という守備側に有利で攻撃側に不利なアドバイスをしている審判員の方を見かけますが、競技規則に、「(壁が)規定の距離離れていない場合は規定の距離まで離れさせる」ことを規定していますが、離れすぎている壁を規定の距離のところまで近づけなさい、ということは書かれていませんので、ご注意を。



2試合の後半に、後半から出場した控えのゴールキーパーが珍プレーを行って、瞬間的にどうしようか、と考えさせてくれました。



プレーとしては、パントキックをミスしていったん手から離したボールを再び手で拾い直した、というもの。低学年の試合では比較的よく見かけるプレーで、低学年の場合はファウルとはせず、そのまま流してしまうんだけど・・・。



正直、一瞬ファウルの笛を吹こうか悩んだのだけれど、そのまま流すことにし、アピールしてきた攻撃側選手には「いいから、そのままプレーしましょう!」と伝えた。



ファウル扱いにしなかった理由は3つ。
1)この試合は公式戦ではなく、招待試合であった
2)得点に大差がついていた(GK側が大差で負けていた)
3)その時のGKは後半から出場してきた控えGKだった


この3つの条件が揃っていなかったら、ファウルにした可能性がありますが、とりあえず今回はこの3つの考慮すべき点がすぐ頭に浮かんだので、ファウル扱いにはせず、直後のアウトオブプレーのタイミングでGKのところに行って、
「いったん手から離したボールには再び手で触れることができないから、注意しましょう。次からファウルにするからね~。」という声かけだけ実施しておいた。



競技規則 ガイドライン 第12 条 ファウルと不正行為

ゴールキーパーの反則
 
ゴールキーパーは、次の状況下において、自分のペナルティーエリア内で、ボールを手または腕で触れることができない。
●保持したボールを放したのち、他の競技者が触れる前に再びボールを手または腕で扱った場合
 -ゴールキーパーがボールを手や腕のいずれかの部分で触れることは、ボールをコントロールしていると判断されるが、セービングなどで偶発的にゴールキーパーからはね返ったボールについてはその範囲でない。
 -ゴールキーパーが意図的に手でボールの方向を変えることも保持にあたる。

 

(2015.09.29 追記。

コメント欄にご質問いただいたので、追記しておきます。

再開は間接フリーキックです。


競技規則 第12 条 ファウルと不正行為

間接フリーキック

ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の4 項目の反則のいずれかを犯した場合、間接フリーキックが相手チームに与えられる。
●自分のものとしたボールを放すまでに、手で6 秒を超えてコントロールする。
●自分のものとしたボールを手から放したのち、他の競技者が触れる前にそのボールに手で再び触れる。
●味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールに手または腕で触れる。
●味方競技者によってスローインされたボールを直接受けて手または腕で触れる。


追記 ここまで。)


といったところが本日担当した試合の主な出来事。


(アディダス)adidas M adidas Professional ウィンド パンツ
adidas(アディダス) (2014-09-17)
売り上げランキング: 325

↑ そろそろウィンドパンツの準備が必要ですね



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
私も歩測して規定距離以上離れているときがあります。
その時は、知らんぷりして守備側競技者の位置にいきますね。
よくあるのが、攻撃側競技者が笛を吹くのを待っている状態。
クイックが保証されているので止めてはいないんですが、守備側の壁を作るのを待ってあげてる感じです。
ゴール前は、笛で止めた方がいいんでしょうか。
2015/09/23(水) 19:05:21 | URL | #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> クイックが保証されているので止めてはいないんですが、守備側の壁を作るのを待ってあげてる感じです。
> ゴール前は、笛で止めた方がいいんでしょうか。

守備側チームが笛で試合が止まっていると勝手に判断して壁の操作に夢中になっているスキを狙っている可能性もありますので。基本的に、ファウルされたほうのチームの選手から「規定の距離壁を下げてくれ」と言われるまでは試合を停止すべくではないと思います。


2015/09/23(水) 22:01:35 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
初めてのコメントです。
当方も3級審判員&ジュニアの指導者をしています。

GKのファールの件ですが・・・その場合のプレーの再開方法は相手側の間接フリーキックでよいのでしょうか?

ご教授お願い致します。
2015/09/29(火) 14:43:35 | URL | 迷える3級審判員 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

迷える3級審判員 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> GKのファールの件ですが・・・その場合のプレーの再開方法は相手側の間接フリーキックでよいのでしょうか?


記事本文に追記を入れておきましたが、

ゴールキーパー特有の反則(ゴールキーパーだけに適用される反則)は全て「間接フリーキック」です。
それから、リスタート者が2回触れるという再開方法の誤りも「すべて間接」です。シミュレーションも「間接」。

基本的にインプレー中は、直接フリーキックとなる10の反則以外は、原則として間接フリーキックです。(偶発的にフィールドの外に出た相手競技者を押さえた場合は、押さえた競技者を警告後、笛を吹いた時にボールがあった地点から行う「ドロップボール」ですが・・・。)

ご参考まで。

2015/09/29(火) 22:57:42 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2167-c5ced301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック