3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ガゼッタデロスポルト紙の採点で最初の10点満点がつけられたときのお話

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


10月4日に放送された、キリトルTVで紹介されていた、表題のお話。



ウディネーゼ vs カリアリ(イタリア セリエAの1998-1999シーズン)において、カリアリが1-2でウディネーゼに敗れた試合、カリアリのゴールキーパー、アレッシオ・スコルピが初めて10点満点を獲得しています。



過去にもTV番組で紹介されたことがあったようで、youtubeにUPされていました。


番組名などは不明です。画面が4:3なので古い番組かと思われます。画面にワイプもないのですねぇ。




scarpi_001.jpg
人口呼吸して



scarpi_002.jpg
心臓マッサージ



scarpi_003.jpg
評価のコメント欄には、「命は地球よりも重い」と書かれていたとか。



今一度、上のyoutubeの映像で、カリアリ選手の心臓マッサージの仕方と後から駆けつけてくるウディネーゼ(?)のチームドクターの心臓マッサージの仕方(押す強さと回数)の違いをご確認ください。(上の映像の2分02秒~2分09秒付近)



チームドクターのほうは、肋骨が折れるんじゃない?というくらい強くマッサージしています。



肋骨が折れることを気にして弱い心臓マッサージになってしまうより、肋骨が折れるかも、というくらいの強さで圧迫してほしい。それくらい強く心臓を強制的に動かすことを意識してほしい、というようなことを、私が以前受講したAED講習会で、講師の消防署の職員の方がおっしゃっておられました。



心臓マッサージのしかた ・・・ (公財)日本心臓財団 
には、「胸が5センチ以上沈むまで」押せ、と書かれています。



審判活動中などに万一、心肺停止になった選手に遭遇してしまったら、誰かにAEDを持ってきてもらうように指示した上で、正しい心臓マッサージを実施しながら、AEDおよび救急車の到着を待つようにしましょう。



心臓マッサージを継続しておくことで、AEDの効きやすさも変わるという調査結果が出ているようです。ですので、人手が足りない場合は、人工呼吸より心臓マッサージを優先で。(回数は1分間に100回以上の速さで繰り返し。)





 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 知ってた方も、知らなかった方もクリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2187-6e731430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック