3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/10/24) 主審 × 1.0 + 副審 × 2.0  レッドカード1枚

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日は、所属する地区の協会から派遣されて、とある企業というか団体の親睦のためのサッカー大会の審判を担当。



主審担当時の出来事。



審判活動初のレッドカードを提示したので、その時のお話を書いておくことにします。



攻撃側選手がペナルティーエリア付近(ペナルティーアークのやや外側)でフリーでボールを受け、即座にミドルシュートを放ちました。私は、その選手のやや左後方で、ゴールの左ポストの正面付近にポジショニングしていました。



ゴールキーパーはほとんど動けて(反応できて)いませんでした。



ボールはセンターバックの選手の頭を余裕で越えそうです。センターバックの選手はなんとか頭に当てようと後ろに下がりながら、ジャンプしますが、届かないのは明らかな状況。



「入った。」
と思った次の瞬間、センターバックの選手の頭の後ろから手が出てきて、ボールの軌道が変えられ、ボールはゴールから逸れてゴールラインを割ってしまいました。



「げっ」と思うと同時に「うそ~ん」の状態。



私が完全に「入った」と思ったのにもかかわらず、「入らなかった」ということは、完全に「手による得点の阻止」じゃん、と。

 

(ってか、ちょうど昨日、「手による得点の機会の阻止」の記事をUPしたところで、何たる偶然、という感じなのですが・・・。)



まずは先にPKであることを宣告し、何食わぬ顔でそのままPKの守備につこうとする当該の選手を捕まえ、「完全に枠を捉えていたボールなので、今のは決定機の阻止になってしまいます。」と言いながら、右胸のポケットから取り出したレッドカードを提示。



「いや~、初めてのレッドカードだ~。」と内心、ちょっとワクワクしながらも、「選手に退場を拒まれたらどうしよう。選手に取り囲まれるかな?」というような余計なことまで考えてしまいました。



ま、本人を含む守備側選手の味方選手のほとんどが、レッドカード相当のプレー(ハンドリングによる得点の機会の阻止)であると認識してくれていたようで、別に選手に取り囲まれたり詰め寄られるというようなことはありませんでした。



いやぁ~、「PK宣告」→「レッドカード提示」→「選手に対する退場の促し」→「(退場)記録の記入」→「PK実施」の流れを実際に経験できてよかった。



公式戦で初体験だと、緊張のあまりバタバタになっていた可能性があるのでね。



ま、これで公式戦でレッドカードを提示する事態に陥っても、慌てず対処できるかな。



競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

得点、または決定的な得点の機会の阻止

相手競技者の決定的な得点の機会の阻止で退場となる反則は2 種類あるが、ペナルティーエリア内で発生するものだけが対象となっているのではない。

決定的な得点の機会があり、相手競技者がボールを手または腕で扱い、また相手競技者にファウルをしたにもかかわらず、主審がアドバンテージを適用し、その後、直接得点となった場合、その競技者は退場を命じられないが、警告されることがある。

主審と副審は、得点または決定的な得点の機会の阻止で競技者に退場を命じるとき、次の状況を考慮に入れなければならない。
●反則とゴールとの距離
●ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性
●プレーの方向
●守備側競技者の位置と数
●相手競技者の決定的な得点の機会を阻止する反則が直接フリーキックまたは間接フリーキックとなるものであること





☆ 関連記事 ☆

「決定的な得点の機会の阻止 ・・・ Play of the Week 2015 Week 32」


タケダ 芝生マット グリーン
タケダコーポレーション株式会社
売り上げランキング: 7,534


↑今、嵐にしやがれで、スマホケースの自作をやっていたのだけれど、この手の芝生シートを使ってました。芝生シートに白色のラインをペイントすれば、スマホのカバーがピッチにできるなぁ・・・。



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2204-ea0ae141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック