3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
試合引率記録(2015/11/03) U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 



本日は、午後からホームグラウンドに、近隣のチームをお招きして1&2年生の練習試合。(午前中は協会派遣の審判を担当してきましたが、その記録は明日UPする予定です。)



学校のグラウンドにピッチを2面作くり、1&2年それぞれ学年別に試合を行う形だったのだけれど、ウォーミングアップは1&2年生合同で私が担当。(2年生を引率してくださったNコーチには、人手が不足していた会場設営に回ってもらいました。)



ということで、私は1年生の指導者としてベンチ入り。本日、1年生は全員(9名)参加。



練習ではこの学年を担当することが多いのだけれど、三男(U12)の試合と重なることが多く、1年生(U7)の試合を担当するのは、初めて。



試合前、選手たちに本日のテーマを伝達。最初なので、いつもの通り、「ドリブル」がテーマ。ボコボコボールを蹴るのではなく、「ボールを運ぶ」。


で、そのドリブル時に
1)できるだけ速く2)できるだけボールを身体から離さずに3)できるだけ顔を上げて
行うことを確認。



しばらくはこれがメインテーマ。



本当はドリブルしている選手が、相手選手にボールを奪われた直後に、後ろから追走していた味方選手がボールを奪い返して、そのまま我が団の攻撃が続く形になることが理想なのだけれど、今日は単発で途切れてしまうことが多かった。そのあたりは次の試合や普段の練習時のテーマにしたいところ。



折角ドリブルしていたボールを奪われた直後、すぐボールを奪い返しにいくことができた選手もいたが、奪われてプレーを終えてしまう選手もまだまだ多い。このあたりも、私が取り組まなければいけないテーマ。



それぞれの選手の良かったところは1試合目終了時にお話したので、良かったところを更に伸ばしながら、こういった改善すべきところをしっかり改善していきたいな、と。(もちろん、もっとたくさん改善したいところはありますが、欲張っても仕方がないので。)



試合中、成否にかかわらず積極的なプレーは褒めてあげたつもりですが、全員の全てのプレーについて褒めてあげられた訳ではありません。



ということで、この記事をご覧になった保護者の皆様は、ご自分のお子さんのよかったところを10個思い出して褒めてあげてください。(笑)



本日の戦績、2戦2敗。


少年スポーツ ダメな指導者 バカな親
永井 洋一
合同出版
売り上げランキング: 143,499

↑ 保護者の皆様にご一読していただければ、と思う本です。(【私】をご存じの方には、お貸しすることもできます。)

 

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、読み終えたらクリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
GKへのバックパス
いつもこのブログを拝見させてもらい、勉強させて頂いております。

いま私は4種のコーチとして携わっているのですが、GKへのバックパスに対しての質問です。

味方競技者からGKがペナルティエリアの外でボールを足で受け、相手競技者がプレスにきたところ、ペナルティエリアまでドリブルをして手でボールを拾いました。間接フリーキックのような気もしますが、4種での試合では流されているのが多々あります。

これってどうなんですかね~?
2015/11/06(金) 00:28:07 | URL | kenken #- [ 編集 ]
Re: GKへのバックパス

kenken さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 味方競技者からGKがペナルティエリアの外でボールを足で受け、相手競技者がプレスにきたところ、ペナルティエリアまでドリブルをして手でボールを拾いました。間接フリーキックのような気もしますが、4種での試合では流されているのが多々あります。
> これってどうなんですかね~?

ゴールキーパーは、次の状況下において、自分のペナルティーエリア内で、ボールを手または腕で触れることができない
(中略)
●味方競技者が意図的にゴールキーパーにキックしたボールにゴールキーパーが手または腕で触れた場合
(後略)

に抵触しますので、手でボールに触れたところから守備側チームの間接FKで再開すべきです。

恐らく、競技規則を正しく理解されていない保護者審判員の方が、「間違いなく反則」という判断が出来ずに流されてしまっているものと思われます。そして、それをピッチサイドで見ていた別の保護者審判員の方が、「あれはOKなんだ。ふ~ん。」と、どんどん間違いが広がっている可能性も否めません。

試合後、ルールをご存じなかった審判員の方に、正しいルールを教えてさしあげてください。

もしかしたら、ご自身がプレーされた時のルールから変更になっているのをご存じない方かもしれませんね。

昔のルールと異なっている部分については、手前味噌ですが、過去記事
「昔と大きくルールが変わっているところ」
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
をご紹介いただくと良いかもしれません。


2015/11/07(土) 00:30:12 | URL | tom3 #5OAEum2k [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2212-e5f7d9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック