3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
主審の視野外で行われた不正行為は副審が助言する ・・・ Play of the Week 2015 Week 34

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


主審が見ていない場所で相手競技者を殴っておいて、やり逃げは許されません。



副審が見ていた場合は、主審に助言しなければなりません。



競技規則 第6条 副審

任務

副審を2名任命することができる。決定は主審が行うが、副審の任務は、次のときに合図することである。

(中略)
●主審に見えなかった不正行為やその他の出来事が起きたとき
(後略)




さて、下の映像の中で、主審の視野外で行われた不正行為を見つけてください。


見つけられましたか?
映像先頭から1分27秒付近の画面左下の部分で、青の10番の選手が赤の10番の選手の頭部を後方から殴っているようです。(ちなみに、その7秒前の1分20秒付近でもやはり青の10番の選手が赤の10番の選手の後方から激しく体当たりしています。赤の10番の選手にもイエローカードが提示されていることを考えると、その前から何かしらやり合っていたのかもしれません、)



著しく不正なファウルプレーや乱暴な行為が起きる前には、何かしら「WARNING SIGN」が出ていることが多いので、そのようなSIGNを見落とさないことが、その後に起きる重大な出来事を見落とさないことに繋がると思います。



ま、理想は、そのようなWARNING SIGNを見つけたら直ちに介入しておいて、レッドカード提示という最悪の事態を起きさせない(起こさせない)ようにすることだと思いますが。



米国プロ審判協会の元記事は、こちら。
Referee and AR co-operation

 
シューズ補修用瞬間接着剤[TCC277]
アシックス
売り上げランキング: 8,845



 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつも勉強させていただいております。この場合の再開方法が気になります。
1.スローイン
2.相手を殴ったセンターサークル付近から直接FK

重大な反則の方を取るからセンターサークル付近からFKと思いますがいかがですか?
2015/11/06(金) 20:33:45 | URL | 4級審判 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

4級審判 さんコメントありがとうございます。

> いつも勉強させていただいております。この場合の再開方法が気になります。
> 1.スローイン
> 2.相手を殴ったセンターサークル付近から直接FK
>
> 重大な反則の方を取るからセンターサークル付近からFKと思いますがいかがですか?

ボールがタッチラインを越える前に殴っており、インプレー中の相手競技者への乱暴な行為ですから、反則が起きた場所からの直接フリーキック、つまり「2」になります。

詳しくは、競技規則ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為 乱暴な行為 のところの「プレーの再開」のところをご確認ください。

先日(10/20付)の記事
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-2201.html
にも書いてありますので、そちらでもご確認いただけます。

2015/11/07(土) 01:03:35 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ありがとうございました。

誰が反則をしたのか、インプレー、アウトオブプレー等の違いで、再開場所(反則が起きた地点、ボールがあった所)や再開方法(ドロップボール、FK)が変わるので整理して覚えるのが大変です。良い覚え方ありますか?
2015/11/10(火) 22:38:53 | URL | 4級審判 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> 誰が反則をしたのか、インプレー、アウトオブプレー等の違いで、再開場所(反則が起きた地点、ボールがあった所)や再開方法(ドロップボール、FK)が変わるので整理して覚えるのが大変です。良い覚え方ありますか?

ないですねぇ。都度覚えていくしかないと思います。

タッチライン上をドリブルしていた攻撃側競技者が偶発的にフィールドの外側に出た瞬間に、守備側競技者が攻撃側競技者を「押さえた」場合、「警告」した上で笛を吹いた時点でボールがあった位置から行う「ドロップボール」で再開、な~んていう、とっても難しいケースもあります。(現在の競技規則には明記されていませんが、2006/2007年度版のQ&Aには掲載されていました。)

ま、よく起きそうなケースから順番に覚えていくしかないと思います。


2015/11/11(水) 23:42:47 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ありがとうございました
2015/11/14(土) 11:25:04 | URL | 4級審判 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2214-7dfa4f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック