3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/11/15) 主審 ☓ 1.0

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


団の親子サッカーを中抜けして、都道府県協会が主催する女子のリーグの主審を担当したときのお話。



実は、この試合、幸いにもインストラクターのチェックを受けることができたのでした。
 


ですので、ダメ出しされた内容を中心に。



1)サイドバックからのビルドアップ時に身体が先にボール保持しているチームが目指すゴールの方向に向いてしまっていて肩越しにボールを見てしまっている。

指摘されて、「はっ」と気がついた。

そう自分では、「最終的にボールは前線に送られるのだから、その時にすぐに前線側にダッシュを開始できるよう、身体は前に向けておいて首だけをサイドバックの選手の方向に向ける」ということをよくやっていた。



これ、いろんな意味でマズいです。



どういう状態で監視していなければならないか、というと、きちんと「ボールの出所(サイドバックの選手)とボールの納まり所(もちろんあくまで予想される場所)の両方が視野に納まる方向を向いて身体を正対させる。」ということをしていなければならない、と指摘されました。



首を横に向けたまま移動すると、視野がブレやすいので、ファウルがきちんと見えない恐れがあるし、串刺しにもなりやすい。正対しサイドステップを用いて移動していれば、DFが蹴り終えたあとにアフターでチャージされた場合も、アフターでチャージした相手選手の直前の動きが視野に入って目を残せる可能性が高くなるし、串刺しになりそうになっても、すぐにポジション修正ができる。



首だけ向けてプレーを見ていた場合は、DFを視野の端で捉えているという状態になりやすく、DFにアフターでアプローチしようとしている選手を視野に捕えられていない可能性が高くなってしまうし、串刺しにりそうになった時のポジション修正も難しくなる。



そう、審判のトレーニングでも、ボールの出所と納まり所の両方が視野に入るように身体を正対させるトレーニングなども教えていたこともあるのに、現場で活かせていませんでした。(我流の癖になっていた様子。)



やっぱり、インストラクターのチェックを受けるというのは大切ですねぇ。



2)負傷者発生時の動きの緩慢さ

普段はきちんとダッシュで負傷者のケアに行っています。(多分、きっと・・・。)


インプレー中、少し浮いたボールに対し、処理をした左センターバックの選手にアフターで味方の左サイドバックの選手がチャージングしてしまう形になり、左センターバックの選手が地面に倒れた。



しかし、味方競技者同士がアクシデントで接触しただけなので、笛で試合をとめる訳にもいかず、そのままプレーを継続。左サイドバックの選手はすぐにプレーに復帰できる状況であることまでは確認できたが、ボール周辺を視野を監視するため、一旦左センターバックの選手を視野から外し、アウトオブプレーになったらその選手をケアするつもりにしていた。



少し時間が経って、アウトオブプレー(スローイン)になったので、試合を停止すべく笛を吹こうとしたところ、本部付近で「レフェリー!」と呼ぶ声が。



内心、「左のセンターバックの選手でしょ、分ってるって!」と思いながら、笛を吹いてセンターバックの選手の方向に目を向けると、その選手は立ちあがっていた。



で、違う場所で選手が1人倒れている。



「???」



頭の中で、数プレー遡って振り返ってみたけれど、あそこで選手が倒れている理由が分らない。「選手が倒れるような激しいプレーはなかったよなぁ・・・。」「アフターっぽい突っ込み方をした選手もいなかったと思うし・・・」「何か重大なファウルを見逃してしまったのか?」というようなことを考えながら、その倒れている選手に近づいたのだけれど、それがインストラクターの目には「遅い!」と映ってしまった。



そうでした。そんな「何があった?」ということに考えを巡らせるより、まずは駆け寄って「その選手の負傷の程度」を把握すべきでした。



これもインストラクターから指摘されなければ、自分では動きが緩慢になっていたことに気がつかなかったと思います。



ちなみに、なぜその選手が倒れていたかというと、相手選手と同時にボールを蹴った形になり、その時に足首付近を痛めてしまった(アクシデント)というもので、私が重大なファウルを見逃した訳ではなかったようなので、ほっとしました。(そのあとその選手はそのままプレーを続けることができました。)



他にも、アドバンテージ適用後の保障についてや、笛のメリハリなど細かい指摘(要するにダメだし)をいくつか受けました。
orz

頑張らなくては。




↑今ならクーポンコード入力で15%OFFになるようです。

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2227-8967f590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック