3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/11/29) 主審 ☓ 3.0 イエローカード 1枚


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 


本日は、三男の帯同で4種(U12カテゴリー)の都道府県大会の予選(公式戦)の主審を3本担当。この大会は2チームエントリーしている関係で、会場を移動しながら3試合。



チームに割り当てられた審判担当試合の時間が重なっていたり、どうあがいても移動が間に合わないなら他の人にお願いしたのだけれど、間に合ってしまうスケジュールだったので・・・。



ということで、最初の試合。



その会場の第一試合だったので、フィールドチェックを済ませてハーフウェーライン付近でウォーミングアップをしていると、副審を担当してくださると思われる方2名を発見することができたので、それぞれ近寄って声をかけさせてもらい、試合開始15分前にウォーミングアップを済ませた状態で本部のところに集合していただくように依頼。



ということで約5分間、通常のオフサイドライン・キープや差し違い防止についてだけでなく、オフサイドフラッグのキャンセルの可能性やファウルサポートに関する部分など、比較的細かいところまで打ち合わせすることができた。



しかしながら、あとの2試合は、試合開始直前にしか副審が現れなかったので、ほとんど打ち合わせができなかった。(涙)



で、最初の試合で、イエローカード。



守備側チームの選手が、ペナルティーアーク付近で足元にボールを受けた攻撃側選手にレイトスライディングタックル。完全に遅れてのアプローチ。しかもスパイクの裏面を相手選手に向けている。レッドかイエローか。一応、当たる瞬間に相手競技者に配慮して足を少し引いた感じがする。



ということで、イエローカード提示を即座に決定。



ファウルの笛とは別に、タンギングしながら笛を吹いたのち、当該の選手の番号を呼んでカード提示しかけたけれど、「そうだ、まずは負傷者のケアが先。」と思い直して、先に負傷の度合いを確認。(私の目の前で行われたプレーなので、駆け寄る必要はなかった。)少し傷んではいたものの、すぐに立ちあがることができる状態であることを確認。



攻撃側チームの選手には、「(イエロー)カードを出すからまだキック(クイックリスタート)はしないでね。」とお願いしておき、改めて、当該の選手を近くに呼んでイエローカードを提示。



その後、キッカーに「笛で再開するよ。」と声かけして、セレモニー形式で再開。ゴールが近い場所からのフリーキックなので、きちんと歩測。もちろん、ボールを見ながら後ろ向きに歩いて実施。



2試合目では、ちょっと想定していないプレーに遭遇。



A2側の副審からオフサイドのフラグアップ。ゴールキーパーとの接触が疑われる場合は、オフサイドポジションにいた攻撃側選手がボールに触れなくても副審はフラグアップして良い(というか危険防止の観点から早めのフラグアップが望まれる)のだけれど、ゴールキーパーが余裕を持ってボールを手で捕球できそうな状況だったので、笛を保留していた。



1試合目にも同じような状況があり、慌てて笛を吹かずに笛を保留したことで、GKがパントキックして大きく陣地を回復したので、今回も同じような形になるだろうと思って、笛を保留してGKがボールを手で捕球するのを待っていた。



ところが、GKは何を思ったのか、ボールを手で取らずに足元でキープした。やがてオフサイドポジションにいた選手が近づいてきたにも関わらず、ボールを手で捕球する気配を見せない。仕方がないので、オフサイドの笛を吹いて、パスが出た時にオフサイドポジションにいた選手がいた位置までボールを戻してプレーを再開。



う~ん、そのプレーは想定外だった。


 
会場を移動して、3試合目。やっぱり副審は試合を行う選手が整列し終えたところで現れた。ま、私も少し移動に時間がかかったので、試合開始10分前にしか到着できなかったのだけれど。(もちろん、万一私が到着できなかった場合に備えて、チームメイトのお父さん審判にスタンバってもらっていましたよ。)



3試合目は、ある守備側選手がヘディング時の競り合いで相手競技者の背中をハンドオフ(ボールが落下してくる前に相手競技者をプッシングしておいて自分が優位な位置でプレーしようとする反則)したので、「(相手競技者を)後ろから押さない~。」と軽く注意した。



しばらくたって、また同じ競技者が同じ反則を犯した。今度は「後ろから押さない!」と強めに注意。



3回目に同じ反則を犯したら、「繰り返し競技規則に違反」したという理由で、3本指を立てて同じファウルを3回繰り返したぞ、というジェスチャーを入れてからイエローカードを提示する準備をしていたのだけれど、結局そのあとは正常な競り合いをしてくれたので、イエローカードは提示せずに済んだ。



ちなみに、この選手は3級審判員仲間のSさんのご子息。ったくも~。



40分ゲーム×3本の120分でしたが、これ

のおかげで、ふくらはぎは攣ることなくもってくれました。バンテリンはしっかりサポートしてくれるのですが、耐久性にやや難(すぐに毛玉ができる)ので、先日これを買い増ししました。

 


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2240-d8ef803c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック