3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2015 J1 チャンピオンシップ 決勝 第2戦 広島 vs G大阪 の試合から ・・・ 速報ベース


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 



この試合の試合データはこちら。
http://www.jleague.jp/match/championship/2015/120501/livetxt/#live



現在、ハーフタイム中です。あとで、録画を確認して、文章を修正する可能性がありますので、あしからず。



西村さんが提示したイエローカードを中心に。


前半29分にG大阪3番(西野 貴治選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為。(●相手競技者をボールから遠ざける、またはボールに向かうのを妨げるという戦術的な目的で相手競技者を押さえる。
違いました。ラフプレーでした。後ろからのチャージングが「無謀だ」という判断のようです。


前半44分にG大阪15番(今野 泰幸選手)に出されたイエローカードも、反スポーツ的行為。

●相手の大きなチャンスとなる攻撃のじゃまをする、または阻止するという戦術的な目的でファウルを犯す。
●相手競技者をボールから遠ざける、またはボールに向かうのを妨げるという戦術的な目的で相手競技者を押さえる。


のどちらかだとは思うのですが、恐らく後者。
トリッピングっぽいファウルですが、身体(脚)を使って「戦術的に押さえた」、という判断じゃないかなぁ、と思います。 これも「C2:ラフプレー」になってました。(涙)後ろから佐藤寿人選手をトリップした行為が「無謀だ」という判断のようです。



後半5分に広島6番(青山 敏弘選手)に出されたイエローカードも、反スポーツ的行為。こちらは、
●相手の大きなチャンスとなる攻撃のじゃまをする、または阻止するという戦術的な目的でファウルを犯す。
で問題ないと思います。
これまたラフプレーでした。よく映像を見てみたら、追っかけてる時に、相手の残り足に足が当たってしまった、という「不用意レベル」のファウルのように見えるのですが・・・。(コメント欄で、反スポで合っているというご指摘をいただきました。感謝!。)



まぁ、今日の西村主審、後ろからの接触にかなり厳しい対応という感じです。逆に、争点に遅れたというアフター系のプレーには懲戒罰はなし。(ファウル認定はするものの、カードは出ていない。)




後半30分。アフターチャージに対して、アドバンテージ適用からの広島のゴール。さすが西村さん。
(得点になっていなければ、直後のアウトオブプレーのタイミングでカードが出ていた可能性あり。得点に繋がったので、1段階下げたかも。)

 

後半36分、G大阪39番(宇佐美 貴史選手)に出されたイエローカードはラフプレー。後ろからの無謀なスライディングタックル。


プロサッカー監督の仕事 非カリスマ型マネジメントの極意
森保一
カンゼン (2014-12-15)
売り上げランキング: 10,729




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
青山選手は反スポであっています。
早速の更新ありがとうございます。
私も3級審判員として活動していますが、他の方の意見を知ることができる貴重な場としていつも読ませていただいています。



タイトルの通りですが、青山選手はデータサイトでC1となっていたので、反スポでいいかと思います。



ちなみに私も西野選手は反スポかなと思いました。

今野選手は直前のスローインの判定で不満を示していたこともあり、激しく行ってしまったと判断されたのかなと感じました。ガンバの守備もそろっていたので、戦術的な意図もないということかと思います。


ラフプレーと反スポはかぶることもあるので判断が難しいですね。
2015/12/05(土) 23:47:04 | URL | mariref #- [ 編集 ]
Re: 青山選手は反スポであっています。

mariref さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> タイトルの通りですが、青山選手はデータサイトでC1となっていたので、反スポでいいかと思います。

本当ですね。勘違いしてしまったようです。記事を修正しておきます。ありがとうございました!

> ラフプレーと反スポはかぶることもあるので判断が難しいですね。

そうですね。ただ「より重大な反則を罰する」という原則から考えて、主審は「より重大な違反を報告書に記載するハズ」なので、西村さんは「ラフ」と「反スポ」のどちらに重きを置いてカードを提示したのかを勉強させてもらうことができました。

FIFAやAFCのマッチレポートにも懲戒罰の理由を載せてほしいですよね。(昔は載っているものがUPされていたのになぁ・・・。)


2015/12/06(日) 06:32:53 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2250-2d4eb9f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック