FC2ブログ
3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ファウルを繰り返す競技者に対するマネジメント ・・・ Play of the Week 2015 Week 5


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
 




ゲームをマネジメントする際、競技規則に定められた基準でイエローカードやレッドカードは提示しなければなりませんが、出さなくて済むカード(特にイエローカード)は、出さずに済むようにコントロールするのも主審の腕の見せ所です。





上の映像では、主審がファウルを繰り返す選手に対し、少し「間(ま)」をとってきつめの「注意」を与えることで、その選手がそれ以上ファウルを繰り返すことなく(つまり試合中に「繰り返し競技規則に違反した」という理由でイエローカードが提示されずに)試合を終えることができた、と米国プロ審判協会は評価して、最後の文章
This is an excellent example of proactive and preventative refereeing.
で記事を結んでいます。



そのために米国サッカー協会は、ファウルを繰り返している選手、繰り返しファウルされている選手、などをしっかり認識しておく必要がある、と言っているのですが、ま、まずは何度もファウルを繰り返す選手をしっかり意識する必要があると思います。



ボールを奪おうとして足を出したら上手くかわされちゃって、その選手をちょっと引っ掛けちゃった、というような軽微なファウルはカウントに入れなくても良いのですが、マッチアップ時に「押さえる系」のファウルを繰り返したり、ヘディング時の競り合い時に浮いている相手競技者を押すなど、やや悪質なファウルを繰り返す選手は、ファウルの内容と回数をしっかり覚えておく必要があります。



そういう審判用のトレーニングも受けたことがあります。(過去記事 「審判のトレーニング (その9)」 参照。)



米国プロ審判協会の元記事はこちら
Play of the Week 5: Persistent infringement in SEA v HOU 





↑ adidasの黒のサッカースパイクシューズ。副審のスパイクNGというグラウンドで副審を担当する機会がない方向けとして、紹介しておきます。


☆ 関連記事 ☆

「審判のトレーニング (その9)」

 
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト



☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2259-6cc6b627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック