3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
第95回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝【87】  浦和レッズ vs ガンバ大阪 の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




2年ぶりに元旦に行われた天皇杯決勝。ということで、村上主審が提示したイエローカードの理由を確認しておきます。

この試合の公式記録PDFはこちら

第95回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝【87】  浦和レッズ vs ガンバ大阪



前半30分。

浦和レッズ20番(李 忠成選手)に出されたイエローカードはラフプレー。ボールをプレーし終えたガンバ大阪39番(宇佐美 貴史選手)に遅れてスライディングタックルしたことが、「無謀なファウルタックル」と判定されました



前半35分。

ガンバ大阪39番(宇佐美 貴史選手)に出されたイエローカードは遅延行為。まだ前半終了まで10分以上残っている状況だったので、ちょっと厳しい気がしますが。



71分(後半26分)。

ガンバ大阪11番(倉田 秋選手)に出されたイエローカードは反スポーツ的行為。攻撃側選手が守備に戻ろうとしている選手を「戦術的に押さえた」という理由で警告している少し珍しいケース。



カウンターで抜け出ようとしている攻撃側競技者を守備側競技者が押さえているとか、ペナルティーエリア手前でボックス内に侵入しようとする攻撃側競技者を守備側競技者が押さえた際に、「戦術的に押さえた」という理由でイエローカードが提示されることが圧倒的に多いのですが。




競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

反スポーツ的行為に対する警告

(中略)
●相手競技者をボールから遠ざける、またはボールに向かうのを妨げるという戦術的な目的で相手競技者を押さえる。
(後略)




90+2分(後半45+2分)

ガンバ大阪5番(丹羽 大輝選手)に出されたイエローカードは、公式記録を見ると「異議」になっています。



画面はシュートシーンのリプレイが流れているので、あくまで推測の域を出ませんが、以下のような感じだと思われます。


高木選手のシュート性のボールをズラタン選手が頭で合わせたものの、ボールはゴールラインを割ります。この時、ズラタン選手はオフサイドポジションかどうかが微妙な位置でした(後ほど写真で確認しますが、恐らくオンサイド)。



丹羽選手はズラタン選手がオフサイドの反則を犯していたと思い込んでいますが、恐らく大塚副審はオンサイドの判断なので、オフサイドのフラグアップはせず、そのままゴールキックのシグナルをしたものと思われます。そのシグナルに噛みついたんじゃなかろうか、と。(丹羽選手が右手を上げながら、大塚副審のほうに走り始めたところで画面が切り替わっています。)



もし、仮にズラタン選手がオフサイドだったとしても、再開場所が1m程度前に出るだけなので、そんなに激しく副審に抗議するほどのことではない。あまり意味のない異議。



ただあともう1つ考えられるのが、カード覚悟の時間潰し。オフサイドをアピールすることでカード提示を受け、時間を遣うつもりだった可能性があるのですが、勝っているチームの選手が異議を唱えて時間を遣おうとしてくる可能性があることを主審は百も承知。



ということで、村上主審も丹羽選手へのカード提示を終えて再開の笛を吹いた後のゴールキックの際に、「ゴールキックを行わない限り、止めていた時間計測を再開させないよ~」という感じのジェスチャー。カードの割にはあまり時間を潰せていない・・・。

2015_emperor_m87_001.jpg



さて、「異議」の妥当性の確認をしておきたいと思います。


ズラタン選手がオフサイドだというアピール。

2015_emperor_m87_002.jpg



少し遡ると、ズラタン選手がヘディングしたとき、確かに丹羽選手よりゴールライン側にいます。

2015_emperor_m87_003.jpg



しかし、オフサイドの判断の基準となる時点では、

2015_emperor_m87_004.jpg

残念ながら、ズラタン選手の身体のどの部分も丹羽選手の右足のかかとよりゴールライン側には存在していない、と思われます。



観客(サポーター)の目が肥えてきて、そんなつまらない時間潰しをする選手にしっかりブーイングできるようになると、日本のサッカーのレベルはもっと上がるのかな?








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2277-be6c5084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック