3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
『意図的なプレー』と『はね返り』の中間のグレーゾーン ・・・ Play of the Week 2015 Week 1 (問題つき)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ


2013年度の競技規則の改正でオフサイドの定義文章が見直されました。(過去記事 「オフサイドの定義文章が見直されました!(2013/2014版 競技規則)」 参照)



それを踏まえて、下の映像をご覧になり、設問にお答えください。(後半のスロー映像で守備側競技者の動きをよくご覧になってから設問にお答えください。)



(問)上の映像でオフサイドポジションにいてボールを受け取った選手は
1)オフサイドで罰せられるべき
2)オフサイドで罰せられるべきではない

(審判員資格の有無にかかわらず、回答の入力にご協力ください。)







正解というか、米国プロ審判協会の見解は、




おっと。

米国プロ審判協会の見解をご覧になりたい方は、まずはバナークリックをお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックしていただけましたか?






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 本当にクリックしましたか?






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力が少ないと、次回はもっと正解までのキョリが長くなりますよ~




ま、これくらいにしておきますか(笑)。




2013年度の競技規則の改正で、“その位置にいることによって利益を得る”の部分の最後に

相手競技者が意図的にプレーした(意図的なセーブは除く)ボールを、既にオフサイドポジションにいる競技者が受けたとしても、その位置にいることによって利益を得たとは判断しない。

という文章が追加されました。



簡単に言うと、オフサイドポジションにいる攻撃側選手が味方競技者からのパスを受け取った場合、通常はオフサイドの反則を犯したことになりますが、受け取る前に相手競技者が意図的にプレーして触れたボールに対しては、オフサイドの反則にはならない、ということが明記されました。



そう、今回のケースの場合、守備側競技者はスリップして転び、最終的に意図的にプレーした訳ではなくボールが転んでいる選手のほうに向かっていっただけとみなされるので、「はね返り」と判断しますよ~、ということらしい。



ま、バランスを崩しながらも多少の意図が見えれば、意図的なプレーをしたことになるんでしょうけれど、今回は完全にすっ転んでしまっていて、全く「意図」がなかった、という判断なのだと思いますが・・・。(バランスを崩しながらも足をボールのほうに投げ出してボールに触れることができた場合は、意図的なプレーとなるので、その境目の判断が難しい。)



「意図的なプレー」ができたのか、できなかったのか。そこまでしっかり見極めなさい、ということですね。



ボールに反応して移動を開始した時点で「意図的なプレー」じゃないのか?という方がいらっしゃるかもしれませんが、競技規則で言うところの「プレー」とは「(意識的にそして物理的に)ボールに触れる」ことです。



ですので、「意図的なプレーかどうかを判断する」、とは「意志をもってボールにアプローチした上で最終的に意志をもってボールに物理的な接触ができたかどうかまでを判断する」、ということなんだと思います。



異論・反論のある方は、米国プロ審判協会の元記事こちらをご覧になって、元記事のほうにコメントをどうぞ。
Play of the Week 1: Offside - Gaining an Advantage in SKC v NYR



[アディダス] adidas ボディバッグ 4L
adidas
売り上げランキング: 5,229






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
はじめまして。
いつも面白く勉強になる記事をありがとうございますm(__)m
オフサイドについて質問があります
先日練習試合で守備側の選手がクロスをクリアミスし、蹴ったボールが後ろに行きオフサイドポジションでなかった子が詰めたので迷いなくゴールにしました。
もしもオフサイドポジションにいる子がクリアミスを詰めて決めればオフサイドになりますか?
長文失礼しました。
2016/01/05(火) 17:46:53 | URL | s3中学生 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

s3中学生 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 先日練習試合で守備側の選手がクロスをクリアミスし、蹴ったボールが後ろに行きオフサイドポジションでなかった子が詰めたので迷いなくゴールにしました。
> もしもオフサイドポジションにいる子がクリアミスを詰めて決めればオフサイドになりますか?

原則として「クリアミス」は「意図的なプレーのミス」ですのでオフサイドにはなりません。ただ、ひと言でクリアミスといってもいろんなケースがあるので、少し注意が必要です。

http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-2057.html
の問題6と
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-2053.html
の問題2を
見比べていただいて、競技規則の意味する「意図的なプレー」を理解していただくと良いと思います。
(問題6、問題2ともにボールを頭で扱っているケースですが、基本的に「足」でも同じです。)



2016/01/05(火) 23:09:15 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
返信ありがとうございます。
一概にオフサイドではないと決めつけるのではなく、選手が意図的なプレーかという所にも意識を持って主審をしていこうと改めて感じました。
ご丁寧な回答ありがとうございましたm(__)m
2016/01/06(水) 10:02:41 | URL | s3中学生 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2280-9ad71882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック