3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
試合観戦記録(2016/01/10) U8&U7

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、ホームグランドに近隣のチームをお招きして、2&1年生の練習試合。



私は午前中、知り合いのクラブチーム(1種カテゴリー)の監督さんから、依頼されてそのチームの帯同分の主審を担当することがかなり前に決まっていたので、遅れて参加。そのため練習試合の引率はI コーチがメインで担当。
 


2試合目の開始前に到着。



私がいなかった1試合目は勝利したが、私が到着してからの2試合目と3試合は敗戦。



良いプレーが行われたら褒めるように心掛けたつもり。良くないプレーがあった時には、そのプレーを否定するのではなく、「次はこういう風にしてみよう」というような提案をする形でアドバイス。



1試合目を見ていないのでなんとも言えないのだけれど、2試合目も3試合目も先制された直後に、とにかくボールを自分のゴールから遠ざけようと焦ってボコボコボールを蹴る選手が出始めたので、ボールを運ぶ(ドリブル)するように声かけを実施。



他に感じたところ。



ボールを失ったあとにプレーをやめてしまう選手が多い。ボールを奪われた直後に奪い返しに行こうという姿勢を見せるだけで、相手選手が慌ててくれてミスを誘い、結果再び自分たちのボールにすることができることが多いのだけれどなぁ・・・。



ボールの止め方にもう一工夫が欲しい。自陣側に流れたボールに相手チームの選手より先に追いついたのは素晴らしいのだけれど、足裏でボールだけ残し、自らの勢いを止め切れず結果遅れてきた相手選手にボールを「どうぞ」という形で渡してしまっている。(ハーフタイム中に、いくつかの方法をデモして見せたので、次回の試合の時に試してくれるとよいのだが。)



味方の速攻カウンターのサポートをしておいて、こぼれ球を「ごっつあんゴール」しよう、という意識が薄い。なんだか味方選手のカウンターに対して「いってらっしゃ~い、頑張って点取ってきてね~。」という感じ。一緒に追っかけておいて、相手選手からはね返ったボールを別の選手が受け取って再び攻撃に転じることが繰り返しできればゴールに段々近づいていけるのだけれど・・・。




収穫もあった。相手のプレー(パス)を予測してというか、相手が蹴るまでは敢えてパスの受け手になる選手から離れておき、ボールが蹴られた瞬間に「待ってました!」と言わんばかりにボールをインターセプトしようと試みた1年生がいた。



こういう「何かしてみよう」と考える選手がもっと増えてくれると良いのだけれど。



サッカー少年の親になる! (メディアパルムック)

メディア・パル (2015-06-29)
売り上げランキング: 290,388





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2286-81582829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック