3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2015/01/10) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は先週UPするのを忘れていた記事のUPです。



知り合いのクラブチーム(1種カテゴリー)の監督さんから依頼されて、そのチームの帯同分の審判割り当ての主審を担当。試合時間は70分(35-5-35)。提示したカード類はなし。



試合中の出来事など。



ボールの支配率的には圧倒的な差がある状況だったが、劣勢なチームはまだ1点しか失っておらず踏ん張っている状態だった。そのチームの右サイドバックの選手が相手チームの左のFWへのボールをインターセプトして持ち上がった時、私はセンターサークル付近にいた。



その時私の予測は同じ右サイドの中盤の選手に縦パス系のボールを入れるか、もしくは中央のトップ下系の選手にボールを預けるかという読みだった。



そこで、万一ボールが中央付近に入った場合に選手たちのプレーの妨げにならないようにと、ボールより先行して反対側の陣地に入っておくことは避け、ボールを先行させるという選択をした。



なので、ゆっくり歩きながらボールが出るのを待っていると、そのその右SBの選手と目が合った。選手と目が合うということは、私自身がその選手のパスコースに入っているということなので、速やかに選手の視界から外れるようにしなければならないのだけれど、次の瞬間、ボールが蹴られてしまった。



鋭い打球じゃなくて鋭く蹴られたボールが私の胸目がけて飛んできた。当たるのは避けたかったが避けきれず、咄嗟に右胸を庇った右腕の上腕部を掠めてコースが変わったボールを相手チームの選手が受け取る形になったので、右SBの選手には「(ボールに当たってしまって)申し訳ない!」とすぐ詫びを入れてそのままボールを追ったのだけれど、なんとそのあとアウトオブプレーを経ずに得点に繋がってしまった。
orz



ピッチ内にいる審判(副審を含む)は第9条のガイドラインで「石ころ扱い」になっているので、責任は負わないのだけれど、アウトオブプレーを経ずに得点に繋がっているので、後味は非常に悪い。



得点のコールをした後、再び右SBの選手を含む守備側チームの選手に「申し訳ない!」と詫びを入れておいた。



あと半歩身体の位置をズラすことができていれば・・・、悔し~。



更に、もう1つ。



ペナルティーエリアのすぐ外側で攻守の激しい攻防があり、ファウル性はなかったのだが、相手競技者のスパイクが当たったという理由で足の小指付近を押さえながら声を上げて痛む守備側競技者がいた。私には接触は偶発的なもので、ファウル性は全くなかったと判断し、「ノー(ファウル)」のコール。



ただその選手がしゃがんでいる状態を継続していたので、その選手を視野に入れながらゴールマウス付近の攻防を監視していた。



ボールがゴール内の空中でゴールラインを越えたか越えないかの状況になったが、副審のフラグアップはなかったため、そのままインプレーを継続。少し副審のほうを注視してしまい、しばらくボールを間接視野で見ている状況になった時に、攻撃側競技者から「ハンド」の声が聞こえた。



ボールを視野には入れていたが、間接視野側で見ていたので、よくわからない。しかし、守備側競技者が明らかに意図的にボールを手で触れる動作をしたのであれば、いくら間接視野といってもかなりの違和感を感じたはず。しかし、違和感をまったく感じなかったので、ノーファウルの判定。


というか、ゴールマウスの前でのプレーで、ハンドの反則をコールした場合、必然的にレッドカードを提示しなければならない状況だった。しかし、そのレッドカードを提示するだけの強い確証が得られていないので、コールできなかった、というのが本当のところ。



(あとで確認した選手&副審の話を総合すると、肩か腕か微妙なところにボールが当たったということだった。間接視野ではなく直接視野で見ることができていれば、もっとしっかり判断を示すことができたのだけれど・・・。)



短い時間に立て続けに、ファウル判定、ゴール/ノーゴール判定、ハンド判定(レッドカード)が要求されるシーンだった。ちょっと視野の置き方が上手くなかったという感じ。ちっきしょ~。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2287-fae17469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック