3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4 という商品

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。



週末はブログの閲覧数が激減するので、検索での閲覧数が増えるようにパソコンネタを。(笑)



一昨日の記事で触れた、2.5インチHDD(ノートPCの起動OSの載ったHDD)のクローン作製に使用した機器です。SATAタイプの内蔵用HDDなどをUSBポートに接続するためのインターフェースなのですが、HDDのクローンを作成する機能がついています。






一昨日の記事では、あくまで過去に自分でパソコンのHDDの換装にチャレンジしたことのある方向けの文章をUPしたのですが、今日は初めて自分で起動OSが載っているHDDの換装にチャレンジしてみようという方の参考になるような感じの記事をUPしたいと思います。



まず最初に、HDDの換装にチャレンジしてみようと思う前に

1)HDDを換装しようとしているパソコンの起動ディスクの格納されている場所が解り、そのHDDを取り外すことができる。
2)取り外したHDDの容量とその形式がSATAタイプのものかどうかを判別できる。
3)取り外したHDDの容量と同じもしくはそれ以上の容量で、物理的にも同じ大きさの交換用のHDDを用意できる。
4)フリーソフトなどを利用して、HDDのパーティション操作ができる

といったことが自分でできますか?



これらができる方は、サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4を利用してHDDの換装に成功する確率が高いと思われます。(保証はしませんのであしからず。)



ただし、上の4項目を読んで呪文のように感じる方は、ご自身でのHDDの換装はあきらめたほうが無難です。どなたかパソコンに詳しい方にお願いしたほうがよいでしょう。



以下、くれぐれも自己責任でお願いいたします。


準備するもの
1)現在使用している起動OSが含まれるHDDより容量が大きいHDD(SATAタイプ)
2)サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4



それではサンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4 を利用したクローンHDDの作成と置き換えのための手順です。(※必ず製品の取扱説明書をご確認ください)

手順1)交換元となるHDDの容量を確認し、パソコンの電源を落としてそのHDDを取り外します。(くれぐれも静電気に注意!)
手順2)取扱説明書で確認しながらサンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4のSATA1コネクタ側にパソコンから取り外したHDDをコピー元として取付けます。
手順3)取扱説明書で確認しながらサンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4のSTATA2コネクタ側にコピー先となるHDDを取付けます。
※コピー元とコピー先の取付けを間違えると必要なデータが消えてしまうので、絶対に間違えないように!
※※コピー元のHDDの容量がコピー先のHDDの容量より大きいとコピーは開始されない仕様になっているようですが、取付けはお間違えにならないように。
手順4)ACアダプタを本体に接続してからACアダプタを家庭用コンセントに接続し、最後に本体電源を右にスライドさせて電源をONにします。(まだコピーは開始されません)
手順5)HDD(SSD)コピーボタンを2回連続で押すとコピーが開始され、アクセスLEDが点滅を始めます。
手順6)左端のアクセスLEDから点滅しはじめ、すべて(4つ)のアクセスLEDが点灯状態になるまで待ちます。(容量によっては数時間かかります。)
手順7)コピーが完了していることが確認できたら、コンセントからACアダプタを取り外します。
手順8)製品本体の電源が切れていることを確認して、HDDを取り外します。
手順9)クローンHDDを元のHDDが納まっていた場所に取付けます。(HDDを固定するためのケースを取付け直すことをお忘れなく。)
手順10)パソコンの電源を接続し、パソコンを起動します。(デバイスが変更になっているため初回は若干起動に時間がかかります)

手順11)OSが起動し、再起動を促してくるようならその指示に従います。(再起動を促してこなくても念のため再起動しておきましょう。)
手順12)パーティション管理ソフトを利用して、未割り当てになっているHDDの領域を使用可能な領域に変更します。(変更後再起動が必要になる場合があります。)



といった感じに行っていけば、サンワサプライ HDDコピー機能付きSATA - USB3.0変換ケーブル 1.0m USB-CVIDE4 を利用して作成したクローンHDDに置きかえることができると思います。



非常に簡単にしか手順を書いていません。HDDの容量の確認の仕方とかHDDの領域の変更の仕方などは、詳しく説明しているサイトがいっぱいあるので、検索してみてください。



そうそう、この商品のカスタマー・レビューには、中身が見られなくなった(データの読み込みができなくなった)HDDを接続したら、中身が確認できて、データの救出ができた、というような書き込みもあります。



壊れてデータ救出を断念したSATAタイプのHDDをお持ちの方は、ダメ元でこのインターフェースに繋いで覗いてみてはいかが?



パッケージ(表面)
usb3_002.jpg


パッケージ(裏面)
usb3_004.jpg


裏面拡大
usb3_003.jpg


内容物
usb3_005.jpg


接続状態
usb3_001.jpg





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2291-1b264708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック