3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2016/01/17) 主審 × 0.5 イエローカード × 1枚

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、三男の帯同で4種(U12カテゴリー)の公式戦の主審を前半のみ担当。前半のみ担当したのは、相互審だったため。



試合中の出来事。



攻撃側競技者がクロス気味に蹴ったボールがゴールの左側に大きく流れた。そのまま流せば逆サイドを駆け上がってくる相手チームの選手が受け取る可能性もあるが、タッチラインに平行なペナルティーエリアの境界線の内側で手の中に納めるには微妙なボール。



ハンドにならないように気をつけながら手でパンチングして逃げるか、安全にヘディングなど手を使わずに処理するか悩みどころだなぁ、と思っていたら、手を伸ばして手で取った!



足はペナルティーエリアの境界線を踏んでいるが、ボール全体は完全にペナルティーエリアの外に出ていた。(もちろん、そういうことを想定して私はタッチラインに平行なペナルティーエリアの境界線の延長上にポジションを移していましたよ~。)

 

笛を吹いてプレーを停止し、直接フリーキックを宣告。



ゴールキーパーは手で捕球してしまったボールを遠くに投げ捨てたり、ボールを必要以上に持ち続けることもなく、その場所にそのままドロップするような形だったため、遅延行為などには抵触しなかった。



ってか、攻撃側チームの選手も「ハンドになってしまう」ということを想定していなかったようで、誰もすぐに動かない。私だけが正しい再開ポイントを示した状態で待ちづつけることになった。



守備側チームの選手も、規定の距離しっかり離れて壁を作っているので、フリーキックのセレモニーもなし。内心「お~い、相手チームのキッカーが『壁が近い』ってアピールするような微妙な距離に立て!って教えたのを忘れたの?」と独り言。



幸いクイックリスタートはされなかったのだけれど、しっかり失点。
(T_T)



次のお話、。



三男のチームメイトのFW(トップ)の選手がセンターサークルを少し越えたあたりで、相手競技者(守備的MF)を背負った状態でボールを受けた。


その相手MFを上手く躱して抜け出たと思った瞬間、そのMFが後ろから両手でFWの腕をホールド。「うわっ、がっつり掴んだ。」と思った瞬間、FWの選手はその両手をうまく振り払ってドリブルを開始。



上半身を強く後ろに引かれたので、バランスを崩して転んだり、ボールとの距離が広がってDFがボールに寄せたりして期待するほどアドバンテージが得られなかったらロールバックするつもりで大きな声で「プレーオーーン」のコール。と同時にファウルした選手の背番号をしっかり確認(次のアプトオブプレーのタイミングで警告するために)。



体重が後ろに残ったために、あまり加速できなかったこともあり、寄せてきたDF陣にコースを限定されてしまって、そのFWの選手の放ったシュートはGKにキャッチされてしまった。ま、シュートを打てたから期待したアドバンテージは得られたでしょう、ということで、次はアウトオブプレーのタイミングで笛を吹いて試合を停止しようと準備しているのだが、なかなかアウトオブプレーにならない。



結局、ボールは反対側のゴールまで運ばれて、やっとゴールキックとなった。そこで、ゴールキックで再開されないように、タンギングしながら笛を吹いて試合を停止。



当該の選手の方に走りながら、その選手の背番号を呼び、近くに来るように指示した上でイエローカードを準備しながら、センターサークルの方向を指さして、「さっきあそこで相手選手を手で押さえたよね。あれはイエローカードの対象になってしまうんだよ。」と言いながらイエローカードを提示。



カードの理由は反スポーツ的行為(●相手競技者をボールから遠ざける、またはボールに向かうのを妨げるという戦術的な目的で相手競技者を押さえる。)に該当するファウルと判断したため。



試合後に我が団の保護者から、「手で押さえたからイエローカードなのですか?」という質問を受けたので、



「手で押さえる行為全てがイエローカードの対象になるのではなく、あのシーンではFWの選手が抜け出るとかなりのチャンスになるところでした。実際、アドバンテージを適用してプレーを続けた直後に(2or3タッチで)シュートまで行くことができていたくらいですからね。手で押さえることで、味方がカバーリングに戻る時間や味方がシュートコースを限定する時間をつくるために、ボールを保持している選手のプレーを少しでも遅らせようという戦術的な目的(意図)を持って、相手競技者を押さえる行為を行ったので、警告となりました。」と解説させてもらいました。(ちなみに、ファウルされたのは三男のチームメイト。)



ま、イエローカードの提示がアウトオブプレーのタイミングになったので、少し前のアドバンテージ適用時のプレーが警告の対象になっているということを理解されていなかった方が、少なからずいらっしゃったようなのですが・・・。



といったところが、本日の主な内容。



寒波が来るようです。雪が積もらないと良いのだけれど・・・。いざというときのために手配しました。使わずに済むのが1番なのですが・・・。



塗布するにはかなりの注意が必要な様子。(タイヤハウスやホイールに飛び散り易く、飛び散るとかなり厄介らしい。)




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2294-13ea6a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック