3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
本田選手のアシストは副審がきちんとプロの仕事をしたからです ・・・ ACミラン vs ジェノアCFC(2016/02/14)より


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




久々に旬なネタを。



副審を担当している際、オフサイドポジションにいる選手のほうに味方競技者からのボールが出ると、「はい、オフサイド」と思わずフラグアップしたくなるのですが、現在のルールではオフサイドポジションにいた選手がボールに触れて初めてオフサイドが成立するので、副審は「Wait & See」をすることが求められます。



2015_02_14_honda_001.gif
 
FC2のブログサーバーのアップロードファイルのサイズ制限が2メガなので、副審が「Wait & See」をかけている部分のみGIF化しておきます。(「Wait & See」をかけているといっても、きちんとオフサイドポジションにいた選手がボールに触れなかった場合に備えた動きをしています。COOL!さすがプロ!)



このGIFファイルの元になっている映像はこちら。映像の先頭から1分00秒付近~をご覧ください。





一方、こちらは国際副審が「やらかして」しまっている映像です。



自分で自分にスルーパスを出しているプレー(つまりドリブル中)にも関わらずオフサイドで罰せられてしまっています。副審の勇み足に対して、主審がきちんとフラグアップをキャンセルすることができれば、副審のミスは回避できたのですが、残念ながら主審も副審のフラグアップにつられて笛を吹いてしまった形です。2人ともミスっています。試合後のアセッサーとの反省会でみっちり絞られたことでしょう、きっと。



この映像に関しては、後日もう少し詳しく記事にしてUPする予定です。



A.C.Milan ACミラン オフィシャル ネクタイピン
A.C.Milan
売り上げランキング: 41,323




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつも楽しみに拝見させていただいております。

早速ですが、オフサイドポジションにいたプレーヤーとキーパーの接触が考えられる時以外で、プレーヤーがボールに触れなくてもオフサイドが成立するケースはありますか?またそれはどのようなケースがあるのでしょうか?
2016/02/16(火) 08:23:30 | URL | マロン #PIpocw5A [ 編集 ]
教えて下さい
いつも拝見しながら勉強をさせていただいております。

1つご教示下さい。
ペナルティエリア内にまでドリブルしてきた攻撃側選手とキーパーによる1対1の場面です。
攻撃側がシュートを放った瞬間(つまりシュートした後)、後方から追ってきたDFが後ろからスライディングを行い、これによりキッカーが倒されました。シュートしたボールはキーパーがキャッチしています。この場合、PK?そして、後方からスライディングして倒したDFはレッドカード?イエローカード?どのような判断が正しいのでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。
2016/02/16(火) 12:38:19 | URL | おとーさんレフリー #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

マロン さん、コメントありがとうございます。

> 早速ですが、オフサイドポジションにいたプレーヤーとキーパーの接触が考えられる時以外で、プレーヤーがボールに触れなくてもオフサイドが成立するケースはありますか?またそれはどのようなケースがあるのでしょうか?

ボールに触れなくてもオフサイドが成立するのは、「相手競技者に干渉した」と判断される場合です。

「●〝相手競技者に干渉する〟とは、明らかに相手競技者の視線を遮る、またはボールへ向う相手競技者にチャレンジすることによって、相手競技者がボールをプレーするまたはプレーする可能性を妨げることを意味する。」

と規定されていますので、ゴールキーパーの視線を完全に遮ってボールを見えなくしてしまったり、プレーできる可能性のあった守備側競技者に身体的な接触を用いてチャレンジしてプレーを妨げるとオフサイドとなります。


それ以外には、長い縦パスを追っているのが明らかにオフサイドポジションにいた選手しかいない(オンサイドの2列目からの飛び出しがない)場合も、ボールに触れる前に副審がフラグアップしてもよいという通達が2005年に出ています。詳しくは過去記事「「オフサイドの適用に関する新たな指示(2005年改正)」という通達」
http://tom3kyu.blog.fc2.com/blog-entry-453.html
をご覧ください。




2016/02/16(火) 18:09:40 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
Re: 教えて下さい
おとーさんレフリー さん、コメントありがとうございます。

> ペナルティエリア内にまでドリブルしてきた攻撃側選手とキーパーによる1対1の場面です。
> 攻撃側がシュートを放った瞬間(つまりシュートした後)、後方から追ってきたDFが後ろからスライディングを行い、これによりキッカーが倒されました。シュートしたボールはキーパーがキャッチしています。この場合、PK?そして、後方からスライディングして倒したDFはレッドカード?イエローカード?どのような判断が正しいのでしょうか?

いわゆるレイトタックルになりますので、その反則(タックル)が「不用意に、無謀に、過剰な力で」行われたのであれば、ペナルティーキックが宣告されるべきだと思います。

そのタックルが、相手競技者が危険にさらされていることを無視した無謀なものであれば警告ですし、相手競技者にスパイクの裏を向けていたり、両足を揃えたタックルの場合は「過剰な力」とみなされるので、退場が命じられるべきだと思います。

ちなみにシュート自体は反則の影響を受けていないので、決定機の阻止にはあたりません。あくまでレイトタックルの強さの問題になりますね。

2016/02/16(火) 18:14:24 | URL | tom3 #- [ 編集 ]
tom3様
回答ありがとうございました。

相手競技者に干渉した場合や2列目からの飛び出しが無い場合を除けば、ボールに触れるまではフラッグアップを待つべきなのですね。大変参考になりました。
2016/02/16(火) 19:05:30 | URL | マロン #PIpocw5A [ 編集 ]
ご回答ありがとうございました。
じつは少年サッカーの練習試合の時、実際にこういう場面があり、その時はスルー(PKもカードも出さず)してしまいました。反省。これからも勉強させていただきます。
2016/02/17(水) 12:27:40 | URL | おとーさんレフリー #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

> じつは少年サッカーの練習試合の時、実際にこういう場面があり、その時はスルー(PKもカードも出さず)してしまいました。反省。これからも勉強させていただきます。


基本的にペナルティーエリアの中と外でファウルの基準は変化しません。ペナルティーエリアの外だったら確実にファウル認定するようなプレーならペナルティーエリア内でもファウルです。

ペナルティーキックを宣告するのはなかなか勇気の要ることだと思いますが、頑張ってください。その際、必ず説得力のあるポジションで笛を吹くように心掛けてくださいませ。


2016/02/17(水) 22:26:30 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2329-589b0f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック