3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
フィールドの端に近い場所で起きたファウル ・・・ Play of the Week 2014 Week 22

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ







審判団の判断は、ファウル反則(守備側選手が攻撃側選手を倒したプレー)はボールがアウトオブプレーになってから行われたため、ノーファウルという判断。競技規則のガイドラインには、確かに「反則をファウルと判断するためには、ボールがインプレー中に起きなければならない。」と定義されています。(乱暴な行為は除く。)



競技規則 ガイドライン 第12 条 ファウルと不正行為

ファウルとなるための基本的条件

反則をファウルとして判断するためには、次の条件が満たされなければならない。
●競技者によって犯される
●フィールド内で起きる
●ボールがインプレー中に起きる

ボールがインプレー中、反則がフィールド外で犯されたことで主審がプレーを停止した場合、プレーはボールがあった位置でドロップボールにより再開されなければならない。ただし、ゴールエリア内でプレーが停止された場合は、ドロップボールは、プレーを停止したときにボールのあった地点に最も近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上で行う。




しかしながら、米国プロ審判協会の判断は、『(ボールがアウトオブプレーになった直後のプレーのため)議論の余地はあるが、フェアプレーの観点から「後方からの向うみずなタックル」でペナルティーキックを認めるに値する、という見解のようです。』



米国プロ審判協会の元記事はこちら
Play of the Week 22: Fouls close to the extremities of the field 








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
これアウトオブプレート時のファウルについてのお話ですよね?

インプレーで括ると話がおかしくなりませんか?
昔はやられた選手の気持ちを考えファウルを取ってやれと言われた事も有りますがPKになってしまう。

ただ単純にこの事象はインプレーでPKだと思いました。
ARのサポートはどうだったんでしょうか?

主審の視野内だと判断したのでしょうか?
2016/03/08(火) 11:44:53 | URL | 2級のはしくれ #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

2級のはしくれ さん、いつもコメントありがとうございます。

> これアウトオブプレート時のファウルについてのお話ですよね?
> インプレーで括ると話がおかしくなりませんか?

インプレーで括っているつもりはないのですが、どこの部分のことでしょうか???

> ただ単純にこの事象はインプレーでPKだと思いました。

私も最初はPKだと思ったのですが、映像を停止させて確認したところ、確かに接触はボールアウトオブプレーになった瞬間のようでした。

> ARのサポートはどうだったんでしょうか?
> 主審の視野内だと判断したのでしょうか?

元記事では、
Referee Dave Gantar consults with Dunn, who believes that the ball has gone out of play before the contact is made.
とあるので、レフェリー(Dave Gantar氏)は副審(Dunn氏)と相談し、接触の前に既にボールアウトオブプレーになっていたと信じている、と書かれています。



2016/03/08(火) 22:16:22 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2345-d21cf152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック