3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
なでしこジャパン vs ベトナム女子代表(2016/03/07 リオオリンピック最終予選)の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



AFCの公式記録はこちら
http://www.the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=9840&stageid=387&tMode=C&view=ajax&show=matchsummary
 


日本協会の公式記録PDFはこちら
http://www.jfa.jp/national_team/nadeshikojapan/rio_olympic_2016_w_q/schedule_result/pdf/m11.pdf


Referee
RITA BINTI GANI (MALAYSIA)

Assistant Referees
ROHAIDAH BT. MOHD NASIR (SINGAPORE)
SUSANNE KUENG (SWITZERLAND)

Fourth Official
ABIRAMI APBAI NAIDU (SINGAPORE)



リタ・ガニ主審によって提示されたイエローカードの理由を確認しておきます。



前半40分03秒付近。

日本代表3番(岩清水 梓選手)に出されたイエローカードは、ラフプレー。でも、このPKとイエローカードは主審のミスだと思います。縦パスに対して追うことを優先しすぎたため、角度をつけられずにプレーを串刺しで見るような形になってしまった上に、日本代表13番(有吉 佐織選手)の死角に入り込んでしまっている感じです。

nadeshiko_20160307_001.jpg


恐らく、岩清水選手が先にボールに触れたことが確認できず、そのあとベトナム代表10番(グエン・ティ・ホア選手)が岩清水選手の足に引っ掛かって倒れたところだけ見えたものと思われます。(もちろん、私の勝手な想像です。)



後半31分46秒付近。

ベトナム代表3番(チュオン・ティ・キュウ選手)に出されたイエローカードは反スポーツ的行為。日本代表20番(横山 久美選手)がドリブルでゴール前に抜け出ようとしたところを戦術的に押さえて阻止したため。(●相手競技者をボールから遠ざける、またはボールに向かうのを妨げるという戦術的な目的で相手競技者を押さえる。



あの位置で露骨に手を使って押さえたら、まずカードが出ると思って間違いないですね。



さて、リタ・ガニ主審のレフェリングについて少々。

オフサイドの判断のレフェリングというか笛に余裕が感じられませんでした。A1側のロヘイダー・ビンテ・モハメド・ナシル副審のオフサイドの見切りが早く、フラグアップのタイミングが少し早かったのも事実なのですが、明らかにオフサイドポジションの選手がボールに触れられずにゴールキックで再開しても問題ないと思われるケースで笛が鳴ってました。



それはまだ良いのですが、オフサイドポジションにいた選手がボールに触れられず、ゴールキーパーが安全にボールを手でキャッチした直後にフラグアップを採用した笛が鳴ったケースもありました。ベトナムのカウンターのチャンスを潰してしまったかも。(状況を見て、キャンセル指示すれば良いのに・・・、と思いながら見ていました。)







にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつもこのブログで勉強させていただいております。
後半31分の横山選手へのファウルは、レッドカード相当ではないでしょうか?ガイドラインの決定機阻止5つの用件を満たしているように思えます。レッド未満の要素がありましたら、ぜひお教えいただきたいです。よろしくお願いいたします。
2016/03/09(水) 23:49:42 | URL | ハル #wmjZ5n/w [ 編集 ]
Re: タイトルなし

ハル さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 後半31分の横山選手へのファウルは、レッドカード相当ではないでしょうか?ガイドラインの決定機阻止5つの用件を満たしているように思えます。レッド未満の要素がありましたら、ぜひお教えいただきたいです。よろしくお願いいたします。

主審がどの位置でファウルが行われたと判断したかによると思うのですが、その時点で恐らくベトナム代表5番の選手が対応できる可能性があったという判断だと思います。項目的には「守備側競技者の位置と数」が満たされていないという判断だと思います。

リプレイを見る限り、ファウルがなかったら5番の選手が本当に間に合ったかどうか微妙な感じですが、全く可能性が無い状況だったとは言い切れないので、やはりイエローカード止まりが妥当ではないかと思います。(もし、私が主審だったら、間違いなくイエローカードを提示したと思います。)

レフェリーの仕事は、選手に懲戒罰を与えることではなく、競技規則の精神である「安全・公平・喜び」を保障して選手にプレーしてもらうことだと思います。(カードはそのためのツール)

横山選手は引っぱられてもお構いなくプレーを続けようとしていました。レフェリーは横山選手の意志を尊重して横山選手のタフなプレーを引き出すべくアドバンテージを適用するかどうかギリギリまで待っていたものと思われますが、ボールを失ってしまったので仕方なく笛を吹くことになりました。

「待った」結果、よりイエロー止まりの状況に見えることになってしまった感もありますが、主審の対応はまずいものではなかったと思います。(笛のタイミング、懲戒罰とも)

2016/03/11(金) 00:05:40 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
こちらこそ、はじめましてです。
見解をお示しいただきありがとうございます。とても丁寧に説明いただき感激いたしました。また、改めて映像を見返し、イエロー相当だと理解できました。
「公平・安全・喜び」を尊ぶ姿勢、共感します。
自身4種で活動中、昨年7月に3級審判になったばかりですが、常々レヘェリーとして真の実力を身に付け、子供達にサッカーのコモンセンスや醍醐味を知ってほしいと思っています。それには、自分が精進せねばですよね。
今後とも、お邪魔させていただきご質問する機会があると思いますので、TOMさんのご経験・見識をぜひお教えくださいませ。

2016/03/11(金) 22:31:53 | URL | ハル #wmjZ5n/w [ 編集 ]
Re: タイトルなし


> 自身4種で活動中、昨年7月に3級審判になったばかりですが、常々レヘェリーとして真の実力を身に付け、子供達にサッカーのコモンセンスや醍醐味を知ってほしいと思っています。それには、自分が精進せねばですよね。

3級昇級おめでとうございます。3級昇級がゴールではなく、むしろスタートラインです。他の4級審判員の方の見本となるべく、一緒に日々精進していきましょう!

> 今後とも、お邪魔させていただきご質問する機会があると思いますので、TOMさんのご経験・見識をぜひお教えくださいませ。

私の解る範囲でお答えさせていただきます。(私はあくまでインストラクター資格を持っていない単なる3級であることをお忘れなく)


2016/03/13(日) 02:06:38 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2349-3e14fde1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック