3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
選手間の対立を仲裁しようと身体を割り込ませるとかえって火に油を注ぐことになることもある ・・・ 2016 J2 第3節 岡山 vs 京都 の試合から


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2月9日付け記事 「選手間の対立が起きた時の審判団の正しい対処の仕方 ・・・ Play of the Week 2014 week 28」 において、

『主審も副審も、2人の競技者が対立を開始した際、仲裁すべく勢いよく両者の間に身体を割り込ませました。米国プロ審判協会は、この行為こそが火に油を注ぐことになった、と解説しています。』

という内容を書いたのですが、先週末、J2でも似たような出来事が起きた様子。



下のスカパー!Jリーグ[公式]アカウントの映像の先頭から2分38秒~をご覧ください。


井上主審が仲裁のために岡山の選手を背負った状態で大きく手を広げたことで、むしろ岩政選手が菅沼選手に詰め寄ることになったのかも知れません。



前述の記事に書いた通り、

『選手間の対立が引き起こった場合、以前は、選手の間に入って仲裁していたが、現在は仲裁はせず、審判団は外側から冷静に全体の状況を見渡し、懲戒罰が必要な行為を行った選手を騒動が収まってから処分する。』

という現在のスタンダードで対応していれば、菅沼選手の一発レッドカードとなる行為はなかったのかも。



あと、カードと笛を一緒に持つ瞬間を作ってしまうと、急遽笛を吹かなくてはならなくなった場合に、間違えてカードを咥えてしまう可能性がある、ということを学ばせてもらいました。(笑)



私の場合、原則として笛は左手で持っているため、イエローカードは必ず右手で提示するようにしています。なので、井上主審のようなことにはならないと思いますが、2枚目のイエローカードで連続してレッドカードを出す時だけは気をつける必要がありそうです。



というのも、右手でパンツの右後ろのポケットに入っているイエローカードを取り出しながら、笛を持っている左手で右胸のポケットに入れているレッドカードも掴む必要があるので。(右手でイエローカードを提示した直後に左手でレッドカードを提示するというスムーズでスマートなカード提示をするため。)



ちょっと鏡の前で練習しておこうかな。(笑)



アディダス レフリーセット2 ブラック Z1187 770153
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 1,449




この試合の試合データはこちら
ファジアーノ岡山×京都サンガF.C.「2016 J2リーグ 第3節


☆ 関連記事 ☆

「選手間の対立が起きた時の審判団の正しい対処の仕方 ・・・ Play of the Week 2014 week 28」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつも勉強させていただいております。

すみません。お題目とは違うシーンの方が気になってしまいました。
55秒付近からの場面、縦パスを受けた赤7番の選手がペナルティエリア内で白30番の選手に倒された様に見えますが、ノーファウルですか?私なら、不用意ではあるが勢い余って後方から押し倒している、と判断してPKとしてしまいそうです。
逆に赤7番の方が勢い余ってバランスを崩して白30番の方に倒れかかった、という判断なのですかね?
ご意見いただけましたら幸いです。
2016/03/22(火) 11:37:57 | URL | 新米三級 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし


新米三級 さん、いつもコメントありがとうございます。


> 55秒付近からの場面、縦パスを受けた赤7番の選手がペナルティエリア内で白30番の選手に倒された様に見えますが、ノーファウルですか?私なら、不用意ではあるが勢い余って後方から押し倒している、と判断してPKとしてしまいそうです。

私ならノーファウルにします。

というのも、ボールは赤の7番の選手の足元に収まりきっていなかった(コントロール下にはなかった)と判断するからです。つまり両者(GKも含めると3者)がボールを追っている最中に動線が重なってアクシデント的に接触しただけで、ファウル性が感じられないと判断するからです。(PK=ほぼ1点、を与えるだけの理由が見当たらない。)

もうちょっと足元に収まっていたら、アフター系のファウルが行われたとしてPKを宣告した可能性はありますが。


あくまで、私の見立てですが。


2016/03/22(火) 23:42:58 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2356-678cff94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック