3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
アフガニスタン戦の吉田選手のプレーがファウルチャージをとられた訳
強調文

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



youtubeに映像がなかったので、とも号@tomopanman5 さんがtwitterにUPされている映像を拝借します。 



これ、「肩で肩にチャージしているんだから、ファウルじゃないんじゃないの?」と思われた方が多いと思うので、ちょっと解説しておきます。



まず、正当なチャージの定義を確認しておきます。

競技規則 ガイドライン 第12条 ファウルと不正行為

相手競技者をチャージする

チャージングとは、スペースを確保するべく、ボールがプレーできる範囲内で、腕やひじを用いず、身体的接触を用いて挑むことである。
次の方法で相手競技者をチャージすることは、反則である。
●不用意な方法で
●無謀な方法で
●過剰な力で




チャージングは「スペースを確保するために、自分のプレイエリア内にボールがある場合」に限って認められます。



吉田選手は肩で、アフガニスタン代表3番(ハッサン・アミン選手)の肩にチャージングしているので、「方法」としてはまったく問題ありません。しかし、チャージ直後にバランスを崩している(バランスを崩すほどの強さで相手競技者に自身の身体を当てている)ので、ボールが自分のプレイエリアから外れてしまいました。(拡大リプレイではなく引きの映像のほうが確認しやすいと思います。)



従って、「不用意な方法で相手競技者をチャージした」と判断されたものと思われます。もし、多少バランスを崩してもボールが足元に納まっていたならば、ファウルチャージを取られることはなかったのではないかな、と。



主審には「ボールをキープしようとする意図」よりも「相手を跳ね飛ばしてボールから遠ざけようとする意図」が強く感じられたということだと思います。



ま、要するにどこまでを許容範囲にするか、という問題なので、このあたりは人(主審)にもよるし、同じ人(主審)でも日によって(試合によって)違う可能性があります。あくまでファーストファウル(その試合を通して最初のファウル)が基準となるので、最初が厳し目だったら基準はきつくなるし、最初のやや強いコンタクトのファウルを取り損ねると、その試合の接触系のファウル基準は緩くなります。(1つの試合の中では基準が変化しないようにインストラクターから指導されます。)



ですので、選手の皆さんは、自分の基準で考えず、今日のレフェリーの今日の基準というものを試合の序盤にしっかり掴んでプレーされるとよろしかと。



(2016.03.26 追記。

かつーさんの見解もご参考に。
2016ロシアW杯2次予選 日本対アフガニスタン ・・・ とりあえず

なるほど。そういう見方かぁ。)




↑今ならクーポンコード入力で10%OFFになります。
カラー「黒」もあります。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2368-ee0e0c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック