3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2016/04/03) 主審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



知り合いの社会人チームの代表さんから依頼を受けて、そのチームの帯同分の1種カテゴリーの市区町村レベルのリーグ戦の主審を担当。試合時間は30-5-30。



A1は、私同様依頼を受けたYさん(3級)、A2はそのチームの方(4級)。



試合早々、アドバンテージを適用したのだけれど、選手の身体の向きにつられて、逆方向にアドバンテージのシグナルを出してしまった。オフェンス側のアドバンテージを適用したつもりだったけれど、ファウルされたのはディフェンス側だった。ディフェンス側がファウルを受けたのであれば、「即、笛」でもよかったのだけれど、余裕をもってプレーできる状況だったので、アドバンテージのシグナルを「あ、こっちです。」と出し直しした。ちょ~恥ずかし~。



後半、オフサイドポジションにいた選手のほうに味方競技者からのボールが流れた。ボールに触れたらオフサイドだなぁ、と思っていたら、副審のYさんがフラグアップ。「お~い、ボールに触れるまで(フラグアップは)待ってという約束していたじゃん!」と思った瞬間、2列目から攻撃側選手が飛び出してきてボールをキープしそのままカウンターとなってしまった。(当然、フラグはセルフキャンセル。)



得点にはならなかったものの、コーナーキックとなり、ボールが戻ってくるまでのあいだ、少し時間があった。そこで守備側選手から当然質問が飛んできた。「今のはオフサイドではないのか?」「オフサイドポジションにいた選手が反応した時点でオフサイドになるのではないのか?」と。



「現在は、原則としてオフサイドポジションにいた選手がボールに触れるまで(オフサイドの判断は)待て、という指示になっているんですよ。もちろん、ボールに触れなくてもオフサイドポジションにいた選手が、ボールに向かおうとする守備側競技者に接触をして邪魔をした場合もオフサイドになるのですが、先程のケースではオフサイドポジションにいた選手は何もしていないので、オフサイドにはならないのですよ。」と私。



その説明で納得してくださった様子。



ま、試合前のコイントス時に、両チームのキャプテンに対して、

「副審のお二人には私のサポートをしていただくにあたってしっかり打ち合わせをしましたが、あくまで最終決定は主審である私が行います。私が副審のフラグアップを採用しない可能性もあり得ますので、基本、笛が鳴るまでプレーを続け、逆に笛が鳴ったら直ちにプレーを止めるように、それぞれのチームの皆さんにお伝えください。」

ということを伝えてあったので、副審のフライングのフラグアップがあったものの、選手の皆さんはあまり文句を言わずにそのままプレーを続けてくれたような気がします。



もちろん、そのプレーから直接得点になっていたら、相当の不満をぶつけられることにはなっていたと思いますが。



といったところが、本日の大きな出来事かな。



↑ 参考価格¥648 が現在、送料込みでワンコイン以下の価格設定になっているようです。(この前も紹介しましたが。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
アドバイスお願いします
現在千葉県で4種のボランティアチームのコーチ兼審判をやっています。
副審時でオフサイド判定を見極めている最中旨の主審へのシグナルについてアドバイスを頂けると有り難いです。

自分が副審時、こちらのブログのお陰でオフサイド判定を慎重に見極める(待つ)意識を持てるようになりました。
よくオフサイドではない時はラインキープで走りながら右手を斜め下にして主審にオフサイドでは無いとシグナルを出すのはよく見かけます。
逆にオフサイドになるであろう触るまで待っている或いは2列目からの飛び出しを監視し見極めている最中ですというような実戦でのシグナル例などありますか。

4種だと、副審がプレーの関与を待っている間にオフサイドは無かったものと主審に判断されてしまい、触れた時点でフラッグアップしても何故?みたいな顔をされてキャンセルされる事がありまして。

事前打ち合わせをしっかりやっておけと言われるかも知れませんが、相手チームもボランティアチームで指導者兼審判だと実情はなかなか出来なくて。。。






2016/04/06(水) 23:49:34 | URL | 審判歴3年 #- [ 編集 ]
Re: アドバイスお願いします

審判歴3年 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 現在千葉県で4種のボランティアチームのコーチ兼審判をやっています。

千葉の方ですか! 過去に船橋・本千葉・西船橋・津田沼に住んでましたよ!ちなみに、現在の住所は諸般の事情で伏せていますが(笑)

> よくオフサイドではない時はラインキープで走りながら右手を斜め下にして主審にオフサイドでは無いとシグナルを出すのはよく見かけます。

このシグナルに関しては、3級への昇級試験の実技では、避けた方が良いです。右手を不自然な位置でキープすると、どうしてもトップスピードでのダッシュにならないので、オフサイドラインから遅れる原因になってしまいます。

本当に際どい場合は有効なのですが、それほど有効ではない(明らかにオフサイドではないケース)で多用すると、インストラクターから、「そんな暇があるなら全力ダッシュを実施して少しでもラインから遅れることを回避しなさい!」という指摘を受ける可能性がありますので、ご注意を。

> 逆にオフサイドになるであろう触るまで待っている或いは2列目からの飛び出しを監視し見極めている最中ですというような実戦でのシグナル例などありますか。

試合前の打ち合わせでしっかりと打ち合わせしていただくのが最善だとは思いますが、残念ながら4種の試合では細かな打ち合わせをする時間的な余裕がないのも事実ですね。

もし短い時間の中で主審と打ち合わせするなら、
「私が身体をゴールライン側に向けて走り出した場合は、オフサイドはないと思って頂いて結構ですが、サイドステップでフィールドに正対した状態をキープしている場合はオフサイドの判断を保留している可能性があると思ってください。」と伝えておくというのはどうでしょうか。

先日、私の副審のパフォーマンスをたまたま見ていた2級審判員の方から、「オフサイドの判断が要求されるシーンで判定を肩越しに(要するにゴールライン方向に走りながら首だけフィールドに向けていた状態で)実施していたケースがありましたが、オフサイドの判断は常に『フィールドに正対した状態』でするようにサイドステップで頑張りましょう!」というアドバイスを受けました。

オフサイドの判断を保留しているということは、サイドステップでラインキープしていることが原則なので、主審を担当される方に先のような話をしておけば、少しは誤ったキャンセルを受けずに済むかもしれないのではないでしょうか???


2016/04/08(金) 00:39:26 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
早々のご返事とアドバイスありがとうございます。

千葉県は8人制でも1人審判ではなく、4人審判を各ブロック予選から採用しています。
昨年からUー12も全少につながる前期後期制の長~いリーグ戦が始まり、副審をやる機会が増えてきました。
各学年の予選が今月から始まるので、早速実戦で試してみます。

今後も宜しくお願いします。
2016/04/08(金) 07:44:15 | URL | 審判歴3年 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2380-c9c8ccbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック