3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
上級審判資格保持者の間でも判断が分かれるプレー ・・・ Play of the Week 2016 Week 4

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



私の所属している地区の場合、地区の審判委員会が主催する勉強会が時々開催されます。時には観戦研修というものもあり、上級審判員や2級審判員を目指す人が担当する試合を現場(競技場)で観戦し、その後会場を競技場の会議室などに移して、録画した映像でポイントとなったシーンを振り返る、という研修も行われます。



そういう研修会で、参加者(3級資格以上の保有者)の間で、意見が分かれる微妙なプレーというものも稀に発生します。もちろん、指導担当のインストラクターの見解は示されますが、明らかな判定ミスの場合ではなく、どちらにもとれるようなケースの場合は、より近くで判定して判断を下した主審の意見も尊重されます。



ありがちなのが、ヘディング時の競り合いのケースです。



例えばゴールキーパーからのハーフウェーラインを越えるパントキックの落下点において、GKの味方競技者であるFWが相手守備側DFにのしかかれて潰されたように見えるケース。



一見、相手DFがのしかかってFWを潰したように見えても、実際にはFWがヘディングを競り合おうとせず、きちんと正しいタイミングでジャンプしたDFの身体が浮いたタイミングでFWが背中や腰を使ってFWの脚をすくいにいった形になっているのではないかという意見も出ます。



いやいや、ボールの落下に対して、明らかにDFのほうがヘディングできるタイミングではなく、FWの動きを封じるために先にジャンプしてFWを押さえていたからFWが競り合うためのジャンプができなかったんじゃないか、というような活発な議論が会議室で繰り広げられます。



ここではインストラクターも、どちらが正解というような白黒をつけることを目的としておらず、しっかりと自分なりの意見を持つことを要求しているような感じです。要するに自分が担当している試合で同じようなシーンに出くわしてしまった場合、瞬時に判断してどちらの反則(あるいはノーファウル)だという決定をしなければならないので、そのためのトレーニングをしておきましょう、という感じ。



実際の現場では、迷いは厳禁で、とにかく瞬時に自分の判断を示す、ということが要求されますから。



今回の米国プロ審判協会の記事も、前述のような微妙なプレーです。(ファウルとすべきかファウルとしないべきなのか、という形のタイプです。)





一応、米国プロ審判協会のTraining & Development Manager(あえて日本語に訳すなら、トレーニング&開発部長って感じかな)の見解が示されています。



トリッピングのファウルを受けた選手は、大げさに倒れることなくボールを追おうとした。しかし、トリップされたことで、ほんの少しの遅れが生じ、結果GKより先にボールに触れることができなくなった。だからPKは与えられてしかるべきものだった、と。



Training & Development Manager は記事の中で、このようなプレーをきちんとファウル認定してPKを与えるようにしてゆけば、ファウルされたということをアピールする大げさな倒れ込み(あるいはファウルされてもいないのに倒れるシミュレーション)が減少する、という見解も述べています。



米国プロ審判協会の元記事はこちら
PK award - player stays on his feet






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2384-ff71c24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック