3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
相手競技者(GK)への干渉 ・・・Play of the Week 2014 Week 16


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



まずは、下の米国プロ審判協会がUPしている映像をご覧ください。
 




2014年の時点の記事で、このプレーに関し米国プロ審判協会は、この得点に肯定的です。



さて、4月25日付けの記事
「(問題)オフサイド? or ゴール? さぁ、どっち? ・・・ Play of the Week 2016 Week 6」で、複数の攻撃側競技者がGKを惑わすために戦術的にオフサイドポジションにいた、というシーンではオフサイドの反則が成立する、という見解を米国プロ審判協会は示しています。



このPlay of the Week 2014 Week 16 の記事が追記で訂正されたり削除されていないことを考えると、Play of the Week 2016 Week 6 のプレーとは異なるという判断なのでしょう、きっと。



仕方がないので、Play of the Week 2016 Week 6 の映像と上の映像の違いを考察しておきます。

上の映像のケースの場合、
1)攻撃側競技者はオフサイドポジションにいたが、GKの視野におけるボールの軌道とはまったく関係がなかった、と判断された。
2)オフサイドポジションにいた攻撃側競技者は、ボールに当たらないようにするための動作は行ったが、その動作はGKを惑わそうとするものではなかった、と判断された。

のどちらかじゃないかなぁ、と思われます。


もしかすると
3)2014年の段階ではオフサイドではないと判断したが、2016年の現段階では、やはりGKを惑わせたという理由でオフサイドだったと判断する。


という可能性もあるかも知れません。(2013年度のオフサイドの定義文章の見直しで日本を含む各国で混乱が起きているような気がしますので。)



もうね、いっそのことセレモニー形式のFK時(セットプレー時)においては、「攻撃側選手はオフサイドポジションにいてはいけないし、守備側選手はオフサイドトラップを仕掛けてはいけない」というようなルールに変えてもらわないと、オフサイド判定の対応ができませ~ん!



お断りしておきますが、あくまでこのブログでは米国プロ審判協会の見解を紹介しているだけですので、ご質問などにはお答えできません。ご質問などがある方は、直接米国プロ審判協会にお問い合わせください!!



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 16: Interfering with an Opponent in NY vs. TOR




↑トレーニング半袖ジャージーとショーツ、ソックスの3点セットでこの値段。


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。



☆ 関連記事 ☆

「(問題)オフサイド? or ゴール? さぁ、どっち? ・・・ Play of the Week 2016 Week 6」

  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2398-48858001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック