3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
キリンカップサッカー 2016 (2016/06/07 日本代表 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ代表)の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ


この試合の公式記録PDFはこちら
キリンカップサッカー2016決勝 日本 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ



オーストラリアの審判団。

主審  ジャレッド・ジレット氏
副審1 デービッド・ウォルシュ氏 
副審2 ジョージ・ラクリンディス氏
第4の審判員 ベンジャミン・ウィリアムズ



ジャレッド・ジレット主審が提示したカードは1枚。



前半33分48秒付近。

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表25番(アルミル・ベキッチ選手)に出されたイエローカードは「ラフプレー(反スポーツ的行為の1つ)」。ボールをプレーし終えた日本代表18版(浅野 拓磨選手)にアフターでタックル。スパイクの裏でがっつり足首を踏みに行っている形なので、レッドカードでもおかしくない非常に危険なプレーです。

2016_kirin_cup_20160607_001.jpg



主審は、日本のカウンター攻撃に備えて早めにきちんと移動を開始していたのですが、ちょっと中央に寄り過ぎだったと思います。裏目に出た感じ。日本の右サイドを使いそうな気配を感じた時点で、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表10番(ハリス・メドゥニャニン選手)の前に出られていれば、同選手の死角に入り込むのが避けられて、もっとプレーがよく確認できたと思いますが、これはあくまで結果論。



この数歩の寄せをきちんと普段から行うことを、自分に言い聞かせることにします。



[アディダス] adidas 3ストライプキャリー XL
adidas
売り上げランキング: 124,290





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2435-7957a83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック