3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
相手のゴールキーパーが反則を犯し、間接フリーキックの権利を得た場合の理想的な攻撃の方法(2016 J1 1st 第16節 FC東京 vs 新潟 から)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2016 J1 1st 第16節 FC東京 vs 新潟



ゴールキーパーが自陣ペナルティーエリア内で単独の反則(※)を犯した場合、必ず相手チームに間接フリーキックの権利が与えられます。ただ、再開場所に関しては違反がゴールエリア内で行われた場合に限っては、違反が行われた場所ではなく、もっとも近いゴールラインに平行なゴールエリアのライン上となるので、少し注意が必要です。 



※6秒を越えてボールを保持する、味方競技者からのスローインを直接手で受ける、味方競技者が足で意図的にパスしたボールを手で受ける、いったん手から離したボールに再び手で触れる。



そのような場合、攻撃側にとってはゴールキーパーを含む守備側選手の体制が整う前に、素早くリスタートする(クイックリスタート)ほうが得点のチャンスとなります。(再開を素早く行うか行わないかの権利は、あくまで反則を犯した選手のいるチームの「相手チーム」に与えられます。反則を犯したチームに、素早い再開を阻止する権利は存在しません。)



その場合、気をつけなければならないのは、

1)正しい再開場所からリスタートする
2)きちんとボールを静止させた状態からリスタートする

そして、フリーキックはオフサイドの対象になるので、当然

3)オフサイドポジションにいる選手にボールをパスしない

この3つさえ気をつければ、得点は目の前です。


(ちょっと山崎選手の秋元選手からのボールの奪い方が微妙ですが。)



競技規則においてゴールキーパーは6秒を越えてボールを手で保持(コントロール)し続けることができないと規定されているので、10秒も手で持っていたら、反則を取られても仕方ないと思います。



恐らく途中(5秒を過ぎたあたり)で主審はジェスチャーや声で、早くボールから手を離すよう注意をしているんじゃないかなぁ、とは思いますが、現地で観戦していないのでなんとも言えません。(ま、プロの試合の場合、主審がいくら「急いで~」などと叫んだところで観客席からの応援の音などで聞こえない可能性のほうが高いとは思いますが。)



実は、この6秒ルールに関して、先月、米国プロ審判協会の記事として紹介しているんですよねぇ・・・。

「ゴールキーパーは6秒を越えてボールを手で保持し続けることはできない ・・・ Play of the Week 2014 Week 13」

秋元選手がこの記事を読んでくれていればよかったのに・・・。残念。



さて、今日の記事では、あくまでフリーキックの権利を得たチームが得点するために何に気をつけなければならないか、ということに着目して記事にしました。



明日の記事では、「では、反則を犯してしまったチームの失点を防ぐ方法」について考察したいと思いますので、お楽しみに。



上記GIFの元となっている、スカパー!Jリーグ[公式]のハイライト映像はこちら。




FC東京のために200兆円で味スタを満員にしてみた (ダ・ヴィンチBOOKS)
土屋 礼央
KADOKAWA/メディアファクトリー
売り上げランキング: 326,963




☆ 関連記事 ☆

「ゴールキーパーは6秒を越えてボールを手で保持し続けることはできない ・・・ Play of the Week 2014 Week 13」



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2452-cc1e661d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック