3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
とりあえず1つ解決。


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



 
過去記事 「2016/2017 競技規則の改正について (youtube JFATV アカウントの動画より)」
において、JFATVのアカウントがyoutube上にUPしている、2016年度の競技規則の改正を簡単に紹介している映像を見て感じた疑問点を、3つ書き出しているのだけれど、そのうちの1つについて答えを見つけました。



疑問は、
「1)主審はこれまでの、試合開始直前の入場時からではなく、フィールドチェックの段階から懲戒の権限を持つ、というところはOK。ウォーミングアップ中に暴力行為などを犯した選手に対して、(レッドカードは示さないものの)出場できないことを伝える、というところもOK。試合前に警告や退場に値する行為があったことを試合や大会主催者に報告というところもOK。で、試合前に「警告」に値する行為を行った選手が、試合中にイエローカードで警告された場合、「1試合で2枚目」として扱うのでいいの?」
というものだったのですが、答えは2016年07月15日付けで日本協会のニュースとしてUPされた記事の中に添付されていた、

「競技規則 2016/2017 質問と回答」 

というPDFファイルの中にありました。


競技規則 2016/2017 質問と回答 第5条 主審

03:キックオフ前に主審が競技者に「プレーをできないことを命じる(退場)」ことはできることとなったが、警告に相当する行為であったことに対して「警告」することはできないのはなぜか?

レッドカードとなる反則は著しく不正なものであり、そうした反則を犯した競技者は試合でプレーすべきではない。しかし、試合前に警告をすることができるようになると、試合開始時に、競技者が既に警告を示されていることを周囲の人々はわからず、混乱を招くおそれがあることから、これらの不正行為については報告にとどめる。

 


「退場」相当は、「出場させない」&「(主催者や大会本部に)報告」
「警告」相当は、「(主催者や大会本部に)報告」のみ

のようですね。「フィールドチェックの段階から懲戒の権限を持つ」というニュアンスのナレーションが紛らわしい!!!



ということで、1つ問題解決!








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
突然コメント失礼します。
今年からコーナーアークをコーナーエリアと呼ぶようになり、読んでいたんですがコーナーアークと書かれているところとコーナーエリアと書かれているところがあるんですがあれはどういうことでしょうか。
お忙しい中すいません。
2016/07/21(木) 09:09:27 | URL | 4級おじさん #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし


4級おじさん さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 今年からコーナーアークをコーナーエリアと呼ぶようになり、読んでいたんですがコーナーアークと書かれているところとコーナーエリアと書かれているところがあるんですがあれはどういうことでしょうか。

コーナーキックを行うためにボールを置くことができる、ゴールライン、タッチライン、コーナーアークで囲まれた場所全体をさす場合に「コーナーエリア」という表現を使い、コーナーキック時に相手競技者が離れなければならない10ヤードの距離の基準(端)となる場所を厳密に表現するために「コーナーアーク」という使い方をしているものと思います。

コーナーエリアから10ヤードと表現してしまうと、タッチラインおよびゴールラインの交点から10ヤードという誤解を招く可能性があるので、「コーナーアークから10ヤード」という表現を使っていると思います。

本来コーナーアークから10ヤードのところに引かれなければならない「任意のマーク」が、コーナーの角から10ヤードのところに誤って引かれている(1ヤード距離が足りない!)というのは、現場でありがちです。

そのような間違いをしないように、あえてコーナーエリアとコーナーアークという表現を使い分けるようにしたのだと思います。



2016/07/22(金) 01:10:39 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2481-845f4532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック