3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
異議に対するマネジメント ・・・ Play of the Week 2016 Week 17


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ






私が「異議」でイエローカードを出したのは、1回かなぁ・・・。3級に昇級して最初に提示したカードが「異議」だったような・・・。その試合は3級昇格直後ということで、フォローアップの研修の一環でインストラクターのチェックを受けていた試合でした。で、試合後の反省会で、そのイエローカードの提示は、間違いではないけれど、もう少し違うゲームマネジメントの仕方があったのではないか、というような指摘を受けました。



そのころの私は、競技規則を杓子定規にあてはめることが正しいゲームマネジメント、というような感じだったような気がします。要するに「余裕がなかった」んだと思います。



今は少し余裕も出てきて、試合中に積極的に選手とコミュニケーションをとるようにしているし、ファウルをとった場合も、選手が何のファウルを取られたのかがわかるように、英語で短く「トリッピング」とか「プッシング」、「ホールディング」と伝えています。(本来、主審はいちいち判定の説明を言葉やボディーランゲージを用いて行ってはならないのですが、私が主に担当する試合のカテゴリーは3種や4種なので、教育的観点からそのようにしています。)



特に、相手競技者の背中に自らの肩をあててチャージするような間違ったチャージングの仕方をしている場合や、ボールがプレイエリアにないにも関わらず、相手競技者をチャージしているような、明らかにルールを知らない(ルールを正しく教えてもらえていない)と思われるような場合には、単純に「ファウルチャージ」と言うだけでなく、「相手の背中を肩で押すことはできないよ~」とか「ボールがプレイエリアにない場合にはチャージすることはできないよ~」というような説明を加えるようにもしています。



マッチアップ時に両者が手を使いあっているようなケースは、露骨な手の使い方をしたほうのファウルを取る場合は、普通に「ホールディング」とだけ伝えますが、先に手を使ったほうのファウルを認定する場合は、笛のあとで「先に手を使った○番のファウルを取ります」とかの情報も伝えるようにしています。



そのように、主審(私)がどのように見てジャッジしているか、という情報を選手に伝えているせいか、選手からはあまり異議っぽいものは聞こえてこない気がします。



また、不満気な表情をしている選手を見つけた場合には、「どうかしましたか?」と尋ねることもあります。すると、「○番が(ユニフォームを)引っ張ってくるから、(しっかり)見てよ~」という返事が返ってきたりもします。私に言わせると、「許容範囲」とか「君の手も相手を抑えてるんだけどね~」という感じなのですが、一応「本当?分かった。よく見るようにするよ。○番だね。」と、○番の選手にも聞こえるような声で会話することもあります。



それが、両者の牽制になって、その後お互いクリーンにプレーしてくれる結果になったりすることもあります。



ただ、毎回同じように対応しても、選手は同じではないので、すべて同じように上手くマネジメントできるとは限りません。そのあたりは、試合の雰囲気や選手の審判に対する協力度なども見極めながら対応する必要があるので、とにかく主審の経験を積んで身体で覚えていくような感じになると思います。



時には上の映像のようにイエローカードを使ってマネジメントせざるを得ないケースもあると思います。ただし、異議に対してイエローカードを提示できるのは、しっかりボールを追って、常に争点の近くでプレーを監視しようとしている主審にのみ許されるマネジメント方法だと思います。



ほとんどセンターサークルから離れないようなレフェリングをしておきながら異議に対してイエローカードを提示しても、説得力に欠けて、周囲がしらけてしまいますので、そのような「上から目線」のレフェリングをなさいませんようにお願いいたします。



米国プロ審判協会の元記事とはかけ離れた内容の記事になってしまいた。お時間のある方は、元記事もぜひご確認ください。
Play of the Week 17: Dealing with dissent








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2485-56800220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック