3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
ポジショニングに角度をつけられない副審との連携 ・・・ Play of the Week 2016 Week 20


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




主審担当時、あなたは副審に任せすぎてはいませんか?



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 7周年記念週間です。クリックのご協力を、お願いいたします。



主審はかなり柔軟にフレキシブルにポジションを変えることができますが、副審は原則としてタッチライン上に位置していなければならないので、いくら副審に近い位置での出来事だとしても副審にしっかり見えて、正しい判断が下されるとは限りません。



 

副審に任せずぎず、主審自らも適正な距離と角度をつけたポジショニングを励行し、副審の判断が誤っていると判断した場合は、副審の判断をオーバーコールする勇気も必要です。



余談ですが、オーバーコールというのは和製英語なので、将来国際審判員を目指す方は、
over-rule
(権力で)くつがえす、却下する、無効にする (weblio 英和辞典 より)
という単語を覚えておいてください。



ただし、このover-ruleという言葉は、テニス用語のようなので、サッカーの審判員の会話の中で使われるかどうかは不明ですが。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 7周年記念週間です。クリックのご協力を、お願いいたします。



ただね、現場で主審である自分の判断のほうが正しいと思って、副審の判断をオーバーコールしたものの、選手の反応は明らかに副審の判断が正しかったことを物語っている、ということもあります。



そんなときは、もう
「ごめんね。私にはそう見えてしまったんだ。申し訳ない。」
と不利益を被ったチームの選手に謝るしかありません。(涙)
(オーバーコールの取り消しは、スマートではないので、よほどのことがない限りはしないほうが無難だと思います。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。



米国プロ審判協会の元記事は、こちら。
Play of the Week 20: Teamwork and co-operation

  


↑ おぉ、マイターブランドのアシスタントレフェリーフラグ!!!


☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2492-7eda0dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック