3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
手でボールを保持しているゴールキーパーに挑む ことができないが、手から放すのを妨げなければ手から放した直後にボールに触れることは可能 ・・・ Play of the Week 2016 Week 23 より(その2)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




昨日の記事の続きです。



昨日の記事では、ゴールキーパーがボールを保持しているときに、相手競技者は挑むことができないということ、およびゴールキーパーの手とグランドでボールが挟まれているときも、ゴールキーパーがボールを保持している状態になる、ということを確認しました。



他に、ゴールキーパーがボールを保持している状態だと見なされるのは、

• ゴールキーパーが広げた手のひらでボールを持っているとき
• ボールを地面にバウンドさせる、または、空中に投げ上げたとき


です。



つまり、パントキックを含むボールのリリース動作の最中に、相手競技者はゴールキーパーの保持するボールに挑むことができない※のですが、いったんボールをリリースしてしまえば、「あとはご自由に」の状態になります。

※ゴールキーパーがボールを放そうとする動作中に挑んだ場合、ゴールキーパーの安全を脅かすことになり「危険な方法でプレーする」に抵触する可能性が出てきてます。その場合、相手競技者は「反スポーツ的行為」で警告されることになります。



ゴールキーパーがボールから手を放した直後のボールに触れることを狙っている場合は、反則にはなりません。





ただし、ゴールキーパーがボールから手を放す動作中のボールを狙っていると思われる場合は、ゴールキーパーの安全を最優先に考えて、相手競技者にゴールキーパーから離れるように注意を促すことも必要だと考えます。



リリースされたボールを狙っているのか、リリース中のボールを狙っているのか、そのあたりをしっかり見極めて対応する必要がありますね。



米国プロ審判協会の元記事はこちら。
Play of the Week 23: Goalkeeper challenges



最後にゴールキーパーがボールを保持している状態が定義されている部分を全文掲示しておきます。

ゴールキーパーがボールをコントロールしていると判断されるのは次のときである:

• ボールがゴールキーパーの両手で持たれているとき、または、ボールがゴールキー パーの手と他のもの(例えば、グラウンド、自分の体)との間にあるとき、ボールに手 または腕のいずれかの部分で触れているとき。ただし、ボールが偶発的にゴールキー パーからはね返った、または、ゴールキーパーがセーブしたときを除く。
• ゴールキーパーが広げた手のひらでボールを持っているとき
• ボールを地面にバウンドさせる、または、空中に投げ上げたとき

ゴールキーパーが手でボールを保持しているとき、相手競技者はゴールキーパーに挑む ことができない。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
キーパーのコントロール
いつも勉強させていただいております。本題とは少し違うのですが、キーパーのコントロールで質問です。たとえばキーパーがキャッチしたボールをパントキックしようとしてボールを上空に投げました。しかしタイミングが合わずにボールをキャッチした場合は反則になるのでしょうか?ただ上に投げただけと言われたら条文にあるコントロール状態とみなしても良いのでしょうか?
2016/08/19(金) 19:33:09 | URL | 4級審判 #cGbgqnlM [ 編集 ]
Re: キーパーのコントロール
4級審判 さん、いつもコメントありがとうございます。

> たとえばキーパーがキャッチしたボールをパントキックしようとしてボールを上空に投げました。しかしタイミングが合わずにボールをキャッチした場合は反則になるのでしょうか?ただ上に投げただけと言われたら条文にあるコントロール状態とみなしても良いのでしょうか?

「空中に投げ上げたとき」はコントロール状態です。意図的にリリースした状態になったあと再び触れたということにはならないので、6秒を超えてコントロール状態を継続していないのであれば、問題ないと思います。

また、もし6秒を超えた場合でも、それが相手競技者がゴールキーパーがボールを手から放す行為に干渉したと判断されるのであれば、厳密に6秒ルールを当てはめる必要はないと考えます。(「競技規則 第18条 コモンセンス」の発動ですね。)

2016/08/20(土) 02:35:08 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
回答ありがとうございました。その様な場面には遭遇したくはないですが、万一の場合はその様に対応したいと思います。
2016/08/21(日) 21:36:13 | URL | 4級審判 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2505-e673b82c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック