3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2016/08/28) 副審 × 1.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、所属する地区の協会から派遣されて、社会人(シニア)の都道府県リーグの副審を担当。試合時間は60(30-10-30)分。



主審はTさん、反対側の副審はMさんでいづれも3級。



前半はオフサイドのフラグアップはなし。後半はオフサイドのフラグアップが数回あったもののファウルサポートはなし。



副審1(A1)の担当だったため、選手の交代が要求された場合、原則として副審1の私が交代して入る選手の用具チェックのために、ハーフウェーラインのところまで走って戻る約束になっていたのだけれど、たまたま後半の2回の交代の要求は、私の担当するサイドでのゴールキックによる再開の前だった。



副審1側でのゴールキックの場合、

副審1がゴールエリアラインの横→ハーフウェーラインまで戻って交代する選手の用具チェック→ゴールエリアラインの横でゴールキックのためのボールが正しく置かれていることを確認→試合再開

というふうにするよりも

(ゴールキックをコールした)主審がゴールキックに備えるポジションに移動→ハーフウェーラインとタッチラインの交点で交代する選手の用具チェック→主審が予測されるゴールキックの落下場所(争点)を監視できる場所に移動し直す→試合再開

というようにしたほうが、絶対に試合が中断する時間が短いはず。



ということで、交代選手の用具チェックは主審にお願いすることにした。(笑)



特に大きな問題はなかったが、飲水タイム明けに選手から私に「どちらのファウルなのかすぐにわかるようにしてくれ!」というクレームが来た。一瞬何かと思ったものの、その飲水タイムより少し前のファウル判定時に、主審がどちらのチームがフリーキックの権利を得たのかを示す前に負傷した選手のケアに入ってしまったことがあった。微妙なプレーで、私のいるサイドとは逆のサイドだったため、正直私もどちらのファウルか判らなかった。そのことを言っているのだと、すぐに理解できた。



「んなことは、主審に直接言ってよ!」とは思ったものの、審判団はチームなので、飲水タイムが明ける前に主審に近寄って「けが人のケアの前に、フリーキックのシグナルが出ていなかったことがあったので、一応先にシグナルを出してからけが人のケアに入ってあげてください。」と伝えた。



ま、どちらのファウルか判らなければ、守備体制を整えなければならないのかどうかが判らないものねぇ~(その選手はDFの選手だったので。)



私も、負傷した選手のケアに気を取られて、シグナルが遅れてしまうことがたまにあるので、気を付けなくっちゃ。



といったところが、本日の主な出来事。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2515-ea62208a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック