3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選(2016.09.06 タイ代表 vs 日本代表)の公式記録ほか


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




AFCがUPしている公式ハイライト映像はこちら。(このブログ上で再生できます。)




この試合の公式試合データはこちら。
http://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup2018_final_q/groupB/match_page/m5.html



AFCの公式記録はこちら。 
http://www.the-afc.com/afcasfeeds?fixtureid=10231&stageid=404&tMode=H&view=ajax&show=matchsummary



Referee
TORKI MOHSEN (ISLAMIC REPUBLIC OF IRAN)

Assistant Referees
MOHAMMADREZA ABOLFAZLI (ISLAMIC REPUBLIC OF IRAN)
SAEID ALINEZHADIAN (ISLAMIC REPUBLIC OF IRAN)

Fourth Official
PAYAM HEIDARI (ISLAMIC REPUBLIC OF IRAN)



イランの審判団。



前半27分33秒付近。

日本代表6番(森重 真人選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為。

ボールに欠陥が生じたように装って、不必要に試合を停止させた。直接プレーの再開を遅らせた訳ではなく、インプレー中に主審を惑わせた、という理由になると思うので、遅延行為ではなく反スポになると思います。



審判団としては、マルチボール・システムの場合、試合前に時間をかけてすべてのボールの空気圧をチェックしているはずなので、「ちょっと空気圧が低い」とか「ちょっと空気圧が高い」というような微妙な文句は言わないほうが無難です。相手チームより得点が上回っている状態では特に。



後半37分23秒付近。

日本代表12番(西川 周作選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為(ラフプレー)。戦術的なファウルではなく、相手競技者の後方からのチャージングが「無謀に」行われた、という判断。



後半39分09秒付近。

中継では、イエローカードが提示されたことがまったく触れられていない様子(映像なし、実況なし、テロップなし)ですが、タイ代表12番(Prakit Deeprom 選手)がタックルで日本代表の原口選手を倒したプレーで、イエローカードが出されていた様子。カードの理由としては、恐らく反スポーツ的行為(ラフプレー)。



後半43分20秒付近。

タイ代表12番(Prakit Deeprom 選手)に出されたイエローカードは、反スポーツ的行為(ラフプレー)。主審はファウルの笛を吹きながら左胸のイエローカードを取り出そうとしているので、「異議」ではないと思います。ただ、そんなにラフには見えなかったんだけど・・・。ということで、後半39分のイエローと合わせて累積2枚によるレッドカードの提示。



molten(モルテン) ミニポンプ付きデジタル圧力計 PGP
molten(モルテン) (2011-08-24)
売り上げランキング: 12,863




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
再開方法
前半27分の森重イエローの再開方法に関してです。

インプレー中に試合止めてチェックしてるので、ドロップボールで再開かと思います。
試合では、タイのFKで再開してるようでした。

つい「中東の笛」という先入観で粗探ししてしまいました…(笑)
2016/09/08(木) 20:38:02 | URL | thank you! #- [ 編集 ]
Re: 再開方法

thank you! さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 前半27分の森重イエローの再開方法に関してです。
> インプレー中に試合止めてチェックしてるので、ドロップボールで再開かと思います。
> 試合では、タイのFKで再開してるようでした。

森重選手のアピールを受けて、試合を停止してボールを確認したと判断すればドロップボールになりますが、最初からボールの空気圧が正しいということに自信があり、森重選手の行為を競技規則に規定されていない「反則」と考えて笛を吹いていたなら、

• 第12 条に規定されていないもので、競技者を警告する、または、退場させるためにプレーを停止することになる反則を犯す。(競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為 「2.間接フリーキック」より)

に該当するとも言えると思います。(間接の合図はなかったようなのですが・・・。)

主審が自ら笛を吹いて試合を止めたことを忘れて、森重選手のハンドをとった、という可能性が一番高いような気がしますね。



2016/09/09(金) 02:10:19 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2524-3de05621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック