3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
競技規則 2016/2017 質問と回答(16.07.15) の 第3条に関する部分


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




昨日の記事に引き続き、競技規則 2016/2017 質問と回答(16.07.15) の 第3条に関する部分をUPします。(第2条に関する記述はありません。)



競技規則 2016/2017 質問と回答(16.07.15)
 
第 3 条 競技者

Q1: 1 チームが 7 人未満になると試合を継続できないことは、既に競技規則で定められていると多くの人が認識していたと思われるが、なぜあらためて規定したのか?

 これまで IFAB の勧告により 1 チームが 7 人未満になった場合試合を継続すべきでないと示してきたが、各国サッカー協会(以下、MA)はそれぞれに規定を設けることができたものの、ほとんどの MA は規定しなかったので競技規則として規定した。
 以前から 1 チームが 7 人未満であれば試合を開始できないと規定されていたので、試合全体にこれを適用するのは妥当といえる。


Q2: これまで交代要員やチーム役員がプレーや相手競技者を妨害した場合、その再開は間接フリーキックやドロップボールとなっていたが、なぜ直接フリーキックになったのか?

ゴールライン後方でウォーミングアップ中の交代要員やチーム役員がプレーや相手競技者を妨害する問題が増えており、これを防止する必要があった。直接フリーキック(自分たちのペナルティーエリア内の場合はペナルティーキック)は大きな罰則である。これは、交代要員やチーム役員がペナルティーエリア内に入って得点を止めた場合にとりわけ重要となる。「公正・公平(フェア)」の考え方にのっとり、ペナルティーキックを与えることで失われた得点の機会を回復させることもできる。


Q3: Q2 は「妨害した場合」についてだが、交代要員やチーム役員が無断で侵入したにもかかわらず、プレーや相手競技者を妨害しなかった場合も、試合は停止され直接フリーキックが与えられるのか?

 ほとんどの場合は妨害する状況であると考えられる。しかし、実際に妨害していなければ、プレーを優先してそのままプレーを続け、その後、プレーが停止された後に、該当者に必要な処置、例えば、交代要員を警告する、また、チーム役員に「警告相当の行為である」ことを伝える。主審の判断でプレーを停止したならば、同様に必要な処置をした後、「間接 FK」で再開する(第3条に、この状況に対しての規定はないが、その行為の重さから、このような判断ができると考える)。


Q4: 競技者以外の人間がボールに触れ、そのボールがゴールに入った場合、主審が得点を認められるようになったのはなぜか?

 「公正・公平(フェア)」を確保するための改正であり、アドバンテージの原則を適用する。人または物がボールに触れて、そのボールがゴールに入り、守備側競技者がボールをプレーすることを妨げられていない場合、得点は認められるべきであり、これがサッカーにおいて望ましい。
 例えば交代要員やチーム役員が相手競技者のシュートを阻止しようとしたが失敗し、そのままボールがゴールに入った場合、得点を認めることが明らかにフェアである。例外として、相手競技者のゴールに入った場合は、その得点を認めない。


Q5: ボールがインプレー中、ゴールの後方でウォーミングアップをしている交代要員が主審の承認なくフィールド内へ入り、相手チームの得点を(手ではなく)足で防いだ。主審はどのように対処するのか。

 決定的な得点の機会を阻止したことにより、この交代要員に退場を命じる。

 2016/17 競技規則第 12 条にある「フリーキックで罰せられる反則で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止した場合」のフリーキックは、相手競技者に直接関わる反則によるものでなくてもよく、また、第 12 条以外に規定される反則によって与えられるものも含まれる。主審の承認なくフィールドに入ることはフリーキックで罰せられる反則であるため、退場を命じられることになる。
 この状況について、これまで「手で阻止した場合は"退場"、手以外で阻止した場合は"警告"」と説明してきたが、「主審に承認なくフィールドに入ったことが FK で罰せられる反則」であるため、部位にかかわらず"退場"となる。



<参考>

競技規則 2016/2017  第 3 条 競技者

1. 競技者の数
試合は、11人以下の競技者からなる2つのチームによって行われる。そのうち1人はゴールキーパーである。いずれかのチームが7人未満の場合、試合は開始も続行もされない。

(中略)

7. フィールド上の部外者
監督他、チームリストに氏名が記載されている役員(競技者または交代要員を除く)は、チーム役員である。競技者、交代要員またはチーム役員としてチームリストに氏名が記載されていない者は、外的要因とみなされる。

もしチーム役員、交代要員、交代して退いた競技者、退場を命じられた競技者または外的要因がフィールドに入った場合、主審は次の行動を取らなければならない:

• それらがプレーを妨害しているなら、プレーを停止する。
• プレーが停止した際に、その者をフィールドから退出させる。
• 適切な懲戒処置をとる。

次の者がプレーを妨害しており、プレーが停止された場合:
• チーム役員、交代要員、交代して退いた競技者または退場を命じられた競技者の場合、直接フリーキックまたはペナルティーキックによりプレーを再開する。
• 外的要因による場合、ドロップボールによってプレーを再開する。

ボールがゴールに入りそうで、その妨害が、守備側競技者がプレーするのを妨げておらず、(ボールとの接触があっても)ボールがゴールに入った場合は、相手競技者のゴールに入ったのでなければ、得点を認める。

(後略)




7. フィールド上の部外者 の部分における改正は、過去にこのブログ上でも紹介した、下の映像の出来事

などがきっかけで見直されたのだと思います。

過去記事 「チーム役員が決定機の阻止?!」 に、この映像の主役本人がインタビューに応じている映像のリングを貼っておきましたが、残念ながら、映像は再生できないようになっています。



☆ 関連記事 ☆

「チーム役員が決定機の阻止?!」








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2532-82c166fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック