3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2016/10/01) U12 U11


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、監督が不在のため、低学年の善田練習はSコーチが担当。今日は私とSコーチの2人で、1・2・5・6の四学年を見なければならないということで、私は高学年(5&6年生)を担当することに。



10月1日ということで、本日から高学年の全体練習の開始時刻は13:30。本日の参加状況は、5年生10名、6年生8名で、合計18名。



最初は、やや広めのグリッド内で、コーンのゲートを8か所程度作り、チーム対抗でゲートを通る形でパスが通せれば1点。グリッド内でボールは2つ。3分実施後1分レストで5セット。



給水休憩後は、TIC TAC TOE。学年別で実施するために2面用意。ダッシュ&ターンの練習と的確なコーチングのトレーニングを兼ねて実施したのだけれど、途中、ミスしたチームメイトをなじるマイナスの声が気になったので、ミスしたチームメイトが「次は頑張ろう」と思えるようなプラスの声に変えなさい、とお説教。



あ、TIC TAC TOEは、これです。

 


続いて、10ヤード四方のグリッド内で、他の選手やそのボールに当たらないように、ボールをドリブルする練習。10ヤード四方に18人なので、かなり狭め。狭いスペースをタッチ数を多くしてボールキープする練習。2分30秒のジョグスピード→30秒のダッシュスピード→1分のリカバリ(歩行の速さ)を連続で3セット。(最後にボール出しのおまけ付き。)



短い給水休憩後、いつも行っている円陣でのウォーミングアップ。



続いて、3人でゴールを目指す練習。まずは状況の説明。ハーフウェー付近で、右サイドのMFの選手がボールを奪ったあとをイメージ。



前方やや右寄りに相手DFを背負ったFWがいて、ボールを奪ったMFと同じレベルの中央側にもう一人味方MFがいる。この状況から3人でゴールを目指す方法として、どんなパターンがあるかを選手に質問。



・右のMFがタッチライン沿いに縦に突破してから中央にクロス
・いったんFWにボールを預け、壁パスで相手DFを置き去りにしてから中央にクロス
などいくつかの案が出た。



で、今回は、それら以外の方法として、下のそれほど複雑ではない戦術を伝授。



1)いったんFWにボールを預ける
2)FWは、タッチライン沿いを駆け上がる右サイドのMFにボールを戻すフリ(キックフェイント)を実施してから中央のMFにボールを送ると同時に、最終的に右サイドから上がるクロスに備えてファーサイドに走る。(ファーに移動することで、相手DFを混乱(追うor追わない)させる。
3)中央MFは、オフサイドに気をつけながら右サイドを駆け上がる右MFがコーナー付近で追いつけるようなパスを送ると同時に、FWが抜けたことで生まれたスペースに入ったのち、クロスに備えてニアに入る。(もちろん、実戦ではスペースが生まれていない可能性もある。)
4)コーナー付近でボールを受け取った右MFは、ゴール前の状況を見てからクロスをあげる。



普段の監督やTコーチの練習では、もっと複雑な動きを練習することもあるのだけれど、もう少しシンプルなメニューを挟んであげたほうが良いような気がしたので、今日はこの形を練習。



これに演技のDF役をつけて練習したり、DFの動きに応じて戦術を選択する練習にすれば、もっと面白いのだけれど、今回はDF役は無し。



続いて、シュート練習は1種類のみ。(これも、普段は他のコーチが実施していないものを敢えて練習。)



右からのグラウンダーのクロスを中央のニア側で受けるのだけれど、前に1枚DFが居る。普通にトラップして右足でシュートしようとしても確実にDFにブロックされるので、ボールに合わせてDFの前に敢えて深く入り、左足で時計回りにターンしながら右足でっクッションコントロールのトラップをし、ボールを270度回転させてから左足でシュート。



右足側(ニア側)を切ってくるDFの意表を突くパターン。



最初はDF役なし、ある程度回数をこなしたのち、DF役を入れて練習。シュート練習に「なるように、DF役にはニア側を切ってもらいたいのに、ニア側を切らずにシュートブロックする輩が。ぉぃぉぃ、DFの練習じゃなくて気持ちよくシュートを打つ練習だっちゅうに。



給水休憩後、5年生全員(10名) vs 6年生(8名、2名ベンチ)で、60×40mのサイズでゲーム。20分×2本。その後、10分間は5&6年生をごちゃ混ぜにして、10 vs 10 でミニゲーム。ただし、6年生は得点できないルール。いかに5年生に点を取らせるか。



主な目的は2つ。まずはできるだけ多くの5年生に得点する喜びを感じてもらう。6年生には普段よりもっと周りの状況を見る、ということを意識させるため。



だって、逆サイドに味方選手がフリーなのに、あえて狭いサイド側にパスを通そうとしているシーンがあまりにも多かったのでね。



練習終了、5時。









にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2552-f59d3fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック