3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
競技規則 2016/2017 質問と回答(16.07.15) の 第16条に関する部分

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



 
競技規則 2016/2017 質問と回答(16.07.15) の内容を条ごとに紹介していますが、本日の記事では、第16条の部分を紹介します。



第 16 条 ゴールキック

Q1: 第 16 条を変更し、「静止している」という言葉をハイライトしているのはなぜか?

 これまでの競技規則では、ゴールキックの際にボールが静止して(動かずに)いなければならないとはどこにも書いておらず、これは IFAB が改訂作業を始めた際の大きな疑問のひとつであった。
 何年も前に、時間の浪費を防ぐためゴールキックはゴールエリアのどこからでも行うことができると改正されたが、その時の「静止」という文言の入れ忘れと考えられる。




ですよね~、という感じ。これで他の「プレー再開時のキックの定義」との整合性が保たれることになりました。



第16条も条文はそれほど多くないので、全文掲載しておきます。



競技規則 2016/2017 第16条 ゴールキック

ゴールキックは、グラウンド上または空中にかかわらず、最後に攻撃側競技者が触れた ボールの全体がゴールラインを越え、得点とならなかったときに与えられる。

相手チームのゴールに対する限り、ゴールキックから直接得点することができる。ボー ルがペナルティーエリアから出て、キッカーのゴールに直接入った場合、相手競技者に コーナーキックを与える。

1. 進め方
• ボールは静止していなければならず、ゴールエリア内の任意の地点から守備側チーム の競技者によってけられる。
• ボールは、ペナルティーエリア外に出たときにインプレーとなる。
• 相手競技者は、ボールがインプレーになるまで、ペナルティーエリアの外にいる。

2. 違反と罰則
ボールがペナルティーエリア外に出なかった場合、またはペナルティーエリア外に出る 前に競技者に触れた場合、キックが再び行われる。

ボールがインプレーになって、他の競技者が触れる前にキッカーがボールに再び触れた 場合、間接フリーキックが与えられる。キッカーが意図的に手または腕でボールに触れ た場合:
• 直接フリーキックが与えられる。
• 違反がキッカーのペナルティーエリアの中で起きた場合は、ペナルティーキックが与 えられる。キッカーがゴールキーパーの場合、間接フリーキックが与えられる。

ゴールキックが行われるときペナルティーエリア内にいた相手競技者が、ボールが他の 競技者に触れられる前にボールに触れる、または、挑んだ場合、ゴールキックは再び行わ れる。

ボールがインプレーになる前に競技者がペナルティーエリアに入って、ファウルした場 合、または相手競技者によりファウルされた場合、ゴールキックが再び行われ、反則を犯 した競技者は、その反則により警告または退場が命じられることがある。

本条に関して、その他の違反があった場合、キックは再び行われる。











にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
PK時のGK反則について
いつも勉強をさせて頂いております。

PK時のGKによるファウルについて教えて下さい。

新ルールによりPK時に
キッカーがボールを蹴る前に、GKがゴールライン上より前へ出てしまい、シュートがノーゴールだった場合、GKにイエローカードが出されることになりましたが、
この「前に出る」の定義を教えて頂けないでしょうか。
片足だけでもゴールライン上にあればOKなのか。それとも、片足だけでも前方に出たらアウトなのか。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
2016/11/08(火) 12:41:59 | URL | おとーさんレフリー #- [ 編集 ]
Re: PK時のGK反則について

おとーさんレフリー さん、いつもコメントありがとうございます。

> この「前に出る」の定義を教えて頂けないでしょうか。
> 片足だけでもゴールライン上にあればOKなのか。それとも、片足だけでも前方に出たらアウトなのか。

私が複数の上級の審判員さんおよびインストラクターに確認して得た感覚としては、
『インプレー時(ペナルティーキックが行われた瞬間)に、ゴールキーパーの身体の一部がゴールライン上に留まっていれば、「前には出ていない」と判断してよい』という感じです。

つま先立ちになってゴールラインを踏んでいなくても、かかとが(空中で)ゴールライン上にあれば、ゴールライン上に留まっていることになりますし、仮に片足を大きく前に踏み出していても、軸足がしっかりゴールラインを踏んでいれば「前に出ていない」とみなすようです。(軸足を残して片足を大きく前に出すことにあまりメリットはありませんが。)

2016/11/09(水) 00:19:19 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
ご回答いただきまして、
ありがとうございました。

これで、また1つスッキリしました。

これからもよろしくお願いします。
2016/11/09(水) 12:33:31 | URL | おとーさんレフリー #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2584-fdbf69e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック