3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判のトレーニング(その27)


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




所属する地区の1&2級の審判員の方々が自主的に行っている合同トレーニングに、今回も参加させてもらった。3級の私は自宅に近い会場で行われる場合のみ参加させてもらっている。



最初は、フィジカルトレーニング。本日のトレーニング・リーダーは、Kさんが担当。



ラダーを使ったアジリティー系のメニュー。



続いて、今年度(?)から見直しとなる、審判員の体力テストの紹介を兼ねて、実際にトレーニング。

75mのランニング + 25mのクールダウン
2級の基準で、ランニングが20秒、クールダウンは25秒。



実際の2級のテストの場合16本以上で合格となるのだけれど、本日は10本をトレーニングメニューとして実施。



続いて、第2部のプラクティカルトレーニング。トレーニング・リーダーは引き続き、Kさん。



審判(主審&副審)役、オフェンス役、ディフェンス役の3組に分かれて、ペナルティーエリアの境界付近でのファウルに対する対応を、ロールプレイングで実施。審判役の1人が3回ロールプレイ。
 


今年度の改正で、三重罰が解消となったことを受けて、実際に試合中に決定機かどうかを判断しなければならないような場面に遭遇したという想定。

まずはPKなのかFKなのか、反則が起きた場所の特定。
決定機の阻止なのか決定機の阻止にはあたらないのか。
決定機の阻止の場合で、懲戒罰が「退場」なのか「警告」なのか。



私のターンの時に、レッドカードを提示すべきシーンがあったのだけれど、対象となる選手を近くに来るように呼んで、更に本部(第4の審判員)にもカードの対象者が判るように(気を利かせたつもりで)回り込んでレッドカードを提示したら、パフォーマンスをチェックしてくださった上級審判員の方から、
「『警告』の場合なら、その対応で問題はないのだけれど、『退場』の場合は、素早くカードを取り出して提示するほうが望ましい。」というアドバイスを頂いた。



その理由は、
「(のんびりレッドカードを準備している最中に、チームメイトにレッドカードが提示されることを阻止しようとする)味方競技者に取り囲まれて、当該の選手にレッドカードを提示するタイミングを逃してしまう可能性が出てくる。素早くレッドカードを提示することで、味方競技者などにレッドカードの提示を阻止しようとする気持ちを起こさせない(諦めさせる)ことも大切です。」
ということだった。



なるほど。



自分がレッドカードを提示したシーンをインストラクターにチェックしてもらったことはないので、今回のトレーニングは非常に有意義なものでした。



プラクティカル・トレーニングのあとは、参加者全員でミニゲームを楽しんで、トレーニング終了。




 



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
レッドカード提示のタイミングについて
いつも勉強させて頂きありがとうございます。

記事に「選手に囲まれてレッドカード提示を阻止される」ことがないように、「レッドカードはすぐに提示するべき」ということが書かれていると理解しましたが、そのようなケースが実際に起こって退場処分が流れたことがあるのでしょうか?

そのような混乱状態を引き起こしたと、試合後に指摘や注意がされるので、それを避けるのかな、と邪推してしまいます。

もし混乱状態になっても、タイミングが遅れても、提示することは可能だと思いますので、3級審判員さんの流れで良いように考えます。
2016/11/23(水) 05:54:16 | URL | おミソ指導者UC #- [ 編集 ]
Re: レッドカード提示のタイミングについて

おミソ指導者UC さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> 記事に「選手に囲まれてレッドカード提示を阻止される」ことがないように、「レッドカードはすぐに提示するべき」ということが書かれていると理解しましたが、そのようなケースが実際に起こって退場処分が流れたことがあるのでしょうか?

退場させるべき選手の背番号をしっかり覚えておらず、取り囲む選手の対応に追われたことで、見失って退場させることができなくなると問題だし、万一、別の選手にレッドカードを提示してしまったら、それこそ大問題になってしまいます。

> そのような混乱状態を引き起こしたと、試合後に指摘や注意がされるので、それを避けるのかな、と邪推してしまいます。

出し損ねたり、別の選手を退場させてしまわない限り、試合後にインスペクターやインストラクターから大目玉を喰らうことはないでしょうけど、やはり素早く提示しなさい、という指摘は受けるのではないでしょうか。「そうすれば選手に取り囲まれるという異常な状況に陥らなかったんじゃないですか?」と。

> もし混乱状態になっても、タイミングが遅れても、提示することは可能だと思いますので、3級審判員さんの流れで良いように考えます。

ええ、記事に書いてある通り、「(私のような提示の方法でも間違いという訳ではないが、素早くレッドカードを提示するほうが)『望ましい』」というアドバイスを頂きました。


2016/11/24(木) 01:00:41 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
お返事ありがとうございます
こんにちは、お返事ありがとうございます😊

混乱になる前にカードを提示できるように素早い行動が必要だ、ということなのですね。納得しました。

改めてありがとうございました。


(質問した文面が横柄な感じを醸し出していました。大変失礼な書き方で申し訳ありませんでした)
2016/11/25(金) 04:41:38 | URL | おミソ指導者UC #- [ 編集 ]
Re: お返事ありがとうございます

> (質問した文面が横柄な感じを醸し出していました。大変失礼な書き方で申し訳ありませんでした)

お気になさらずに、どうぞ。



2016/11/25(金) 23:49:39 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2597-b9513c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック