3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
練習内容(2016/11/19) U7


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日の練習は、全学年体育館。



低学年の学年別メニューから参加。2年生を担当。本日の2年生の参加者は7名。 



最初は、座った状態でボールを使った運動神経刺激系メニュー。足首のあたりにボールを乗せて、足を体育館の床から上げて静止したり、座った状態でボールをおでこの上に乗せて静止したり、というような感じのメニューを実施。(恐らく、最初の全体練習で動きのあるメニューをしたと思われたので、クールダウン系のメニューとして実施。)



ある程度クールダウンできたと思われる頃を見計らって、ボールを使った運動神経刺激系メニューを実施。



続いて、ボールを動かしながらマルセイユ・ルーレット。ブログの記録では、この学年の選手には約1年前に教えたことがあったようなのだけれど・・・。





ということで、今日は徹底的にこのターンを練習することに。私が進路上に立って、相手競技者との間合いを意識しながら練習。1人ずつ丁寧に確認。



ある程度慣れてきたところで、マルセイユ・ルーレットの前に、1回ボールを跨ぐ動作を追加。右足でマルセイユ・ターンを開始する場合には、左足でボールを跨いでおく必要があるのだけれど、右足でボールを跨ぐから訳分んなくなってしまう選手が続出。



ちゃんと左足で跨ぐ動作を入れたデモンストレーションを見せておいたのに・・・。



見たイメージを頭の中で処理し、それを即座に体現できる選手がもうちょっといてくれるんじゃないか、と思っていたのですが、「左足で跨いでから右足でルーレットを開始するんだよ」と言葉による説明も追加。



給水休憩後、Sコーチが担当している1年生と合同でミニゲーム。全部で14人を3チームに分けて1チームあたり2ゲームずつ実施したいということだったので、チーム分けなどをSコーチにお任せして、実施。



開始前に、Sコーチが選手たちにゴール前に張り付きっぱなしにならないように注意を入れている。



「じゃぁ、ボールがゴールに入った時に、チーム全員が相手陣地内に入っていなければ得点にならないというルールにしましょう。」と提案。



練習終了、3時40分。






にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2601-4c523d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック