3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2016/11/20) 主審 × 2.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



本日は、三男の帯同で、3種(U-13)カテゴリーの公式戦の主審を2本担当。当初の予定では、昨日および本日ともに1試合づつ担当する予定だったのだけれど、昨日の試合が一部未消化となってスライドしたため。



2試合とも、副審を担当してくださる方々と比較的細かいところまで打ち合わせすることができた。



ボールがゴール内でゴールラインを越えたものの依然インプレーのように見える場合のシグナルの確認や、試合中にペナルティーキックとなった場合の立ち位置や監視項目の確認など、かなり細かいことまで打ち合わせすることができた。


 
ただ、残念ながらその打ち合わせした内容のほとんどが試合中には起こらなかったのだけれど。



今日は2試合あったものの、イエローカードはなかったし、ファウルなどもあまりなかったので、1つのシーンを細かく描写しておくことにします。



トップ下付近の選手が相手陣地内のペナルティーエリアの少し手前付近で、DFの裏にスルーパスを出した直後にアフターでチャージされた。強さとしては、不用意レベルで懲戒罰は必要がない程度だった。パスはうまくDFの裏に出たのとそのボールに反応して飛び出しているFWの選手が目に入ったので、利益が得られそうだと判断してアドバンテージをコール。



しかし、ボールに反応していたFWの選手はオフサイドポジションにいたようで、パスが通った瞬間、副審がオフサイドのフラグアップ。う~ん、オフサイドだったか~残念。



ということで、オフサイドでなければ大きな利益だと感じたからアドバンテージを適用したのだけれど、オフサイドポジションにいたのなら、フリーキックを宣告してあげたほうが、ファウルされたチームの利益になるので、当然ロールバックしてフリーキックをコール。



アドバンテージを適用したので、ボールが再開ポイントからかなりズレてしまっていたため、再開ポイントを示して、ボールが正しい位置に置かれたことを確認。ボールの場所からゴール方向を見ると、守備側選手がほとんどいない。ガラ空きの状況。



クイックリスタートをすれば、得点できる可能性が非常に高いことが容易に想像できた。そこで、攻撃側チームの選手たちの邪魔にならないように、ボールが置かれている再開ポイントからレフェリーサイド側に素早くかつ静かに移動して、プレーが再開されるのを待った。



もちろん、攻撃側チームのクイックリスタートを妨害しようとする守備側競技者が現れないかどうかを確認しながら。



ところが、攻撃側チームは、守備側チームが壁を作るのを待ってあげているようで、まったくもってのんびりしている。最終的に作られた壁も、おそらく1~1.5ヤードは既定の距離より短いところに立っている。



でも、別に「壁が近い」というアピールはない。「近い」というアピールがあった時点で、笛を吹いてセレモニー形式のフリーキックに切り替えようと待っているのだが・・・。



結局、少し壁が近いもののそのまま直接ゴールを狙うというフリーキックでプレーは再開された。な~んだ、直接狙うなら「直接(ゴールを)狙うから壁を既定の距離下げて」と最初に言ってくれれば、しっかり壁を下げてあげたのに・・・。



このシーン、試合後の本部席でこの会場にいた顧問の先生方の話題の1つになったことは言うまでもありません。(笑)




 ← ノーブランドだけど格安のレフェリーウェアです。



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
なるほど
アドバンテージ適用直後にオフサイドになった場合は、
最初のファウルポイントからのFKになるんですね。
この記事を読んでいて良かった。
たぶん、この記事を読んでいなければ、
オフサイドからの間接フリーキックとして
リスタートしてたと思います。
勉強になりました。
2016/11/21(月) 12:36:07 | URL | おとーさんレフリー #- [ 編集 ]
Re: なるほど

おとーさんレフリー さん、いつもコメントありがとうございます。

> たぶん、この記事を読んでいなければ、
> オフサイドからの間接フリーキックとして
> リスタートしてたと思います。
> 勉強になりました。

記事が参考になったようで、何よりです。

そ~なんですよ。実は、以前インストラクターから指摘されたことがあったのです。(多分、審判記録としてUPしている記事に書いたような記憶があるのですが・・・。)

その時は、相手競技者に押さえられて体勢を崩した競技者が、体勢を崩しながらもパスを出したので、(オフサイドポジションにいた選手へのパス以外の)他のプレーの選択肢を選べない訳でもなかったから、(ロールバックしなくて)そのままでも良いんじゃないかな?と判断しました。

試合後の反省会で、そのシーンは予期した利益が得られなかったということでアドバンテージの補償をしてあげるべきだったのでは?というアドバイスをインストラクターから頂きました。

それ以降、アドバンテージ適用直後にオフサイドとなった場合は、アドバンテージの補償をするのかしないかを瞬時によく考えるようにしています。

おとーさんレフリー さんも、現場で瞬時によく検討してあげてくださいね。


2016/11/22(火) 00:18:50 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
瞬時に判断、
これが本当に難しいんですよね(笑)

精進精進です。

ありがとうございました。
2016/11/22(火) 12:26:07 | URL | おとーさんレフリー #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2602-6d3a73c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック