3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
【再掲示】 笛の使い方(強弱・長短をつける)

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



最近、このブログを読み始めた、という方はご覧になっていないかも、ということで、4年ほど前に書いた過去記事のご紹介です。比較的審判経験が少ない方にとっては、参考になると思いますので、ぜひご覧ください。




---  以下、過去記事を転載します。

  

3級レフェリースクールで、インストラクターから私自身が指導されたことは、ほとんど記事にしてきたつもりでしたが、1つ思い出しましたので、記事にしておきます。

 

それは、「強弱や長短をつけて笛を吹く」ということです。要するにメリハリをつけろ、と。

   

「 不必要な笛を多く吹きすぎると、本当に必要な場合に効果が薄れることになる。 」

 

ご存じの方も多いと思いますが、日本では2007年から、明らかな得点時には笛を吹かなくなりました。

 

あくまで何か「異常」があったときのみ笛を使うようにし、サッカーにおいてあたりまえのこと(「ボールがゴールに入った」「ボールがタッチラインやゴールラインを割った」)では笛を使わないようにしましょう、ということです。

 

スクールでは、「笛に強弱(メリハリ)をつけましょう。」ということだけアドバイスを受けました。残念ながら「こういうシーンではこういうように」というような具体的なものはありませんでした。

  

昨日の記事で競技規則のガイドラインに書かれている、笛の使い方を確認しましたが、今日の記事では、少し突っ込んでこのようなシーンでは「こんな感じで笛を吹いたほうが良い」ということを書いてみたいと思います。

 

あくまで、私が下記のようにしているだけで、絶対的なものではないことをご了承ください。(少し読み辛いものになってしまいました。)

 

  

まずは、「短い笛」で良いケース。

1)ボールがタッチラインやゴールラインを割ったが、プレーが継続してしまっている、あるいは選手がプレーを継続しようとしている場合。「(フィールドの外に)出たよ。」というような感じで。(但し、ゴールに近い位置でゴールラインを割った場合は、強めの笛で。)

 

2)自分(主審)がボールの近くでプレーを監視できていて、誰が見ても「明らか」でかつ「軽微な」反則が行われた場合。例えば、ボールを奪うつもりで伸ばした足に、相手選手が引っ掛かってつまづいてしまった(トリッピングした)ようなケース。(「不用意レベルの反則」=カードなしの反則)

 

3)ゴールキック、コーナーキックなどのフリーキック時にボールセットが正しく行われておらず、ボールの位置を修正させたいというようなケース。(ただし、再開されてしまってやり直しさせる場合は、タンギング(後述)で。)

 

4)ファウルスローで、相手チームのスローインであるとシグナルする時。(ボールが直接フィールドに投げ入れられずに、「やり直し」となる場合は、笛を使わなくても良いと思います。)

 

「短く2回程度」の笛(タンギング)を使うケース。

1)キックオフが正しく行われなかったので、やり直しさせる場合。(更にもう一度キックオフの笛が必要。)

 

2)スローアーが正しくない再開ポイントからスローインをしそうなので、再開ポイントの修正を指示したい場合。

 

3)フリーキック、ゴールキック、コーナーキックなどでボールセットが正しく行われない(きちんとボールが停止していないケースを含む)ままリスタートされてしまったため、もう一度キック自体をやり直しさせたい場合。 

 

4)選手交代を行うために、スローアーやキッカーに再開を待つように指示する場合。笛のあと、「笛で再開しま~す」という声かけも忘れずに。

 

5)負傷者のケアのためにチームドクターや担架をフィールド内に呼び入れる場合。

 

6)試合前、メンバーチェック&用具チェックのために選手を集める時。(試合開始予定時刻に対して、両チームが自動的に集まってきているようであれば、笛を吹く必要はないと思います。逆に、次に試合を行うチームが、ピッチ内でシュート練習などを行っている場合は、強く長めの笛を吹いて、ピッチの外に出るよう促す必要があります。)

 

「強く長い笛」を吹いたほうが良いケース。

1)試合の前後半の開始時を含む、キックオフ時。

試合の開始時は、強く長く吹いて両サイドのGKおよび観客にまで試合が始まったということを知らせましょう。吹く前にしっかり息を吸い込んで、腹式呼吸になるようにします。強制的に腹式呼吸をするので、緊張感がほぐれて自分のリズムに乗れるような気がします。

 

指導者としてベンチに入った時、キックオフの笛が弱いと、内心「この審判さん大丈夫なのかなぁ。きちんとファウルとってくれるのかなぁ。ルールを理解してくれているのかなぁ。」と不安になります。

 

キックオフの笛が強いと、「おっ、笛が力強い。自信をもって笛を吹いているなぁ。審判経験もたくさんありそうなので、試合を安心して任せられそう。」となります。 

 

2)オフサイドの時。

笛を無視してシュートまで行った場合、遅延行為で警告しなければなりません。その時「笛が聞こえなかった」というような言い逃れができないよう、しっかりと「強く長い笛」を吹いておきます。オフサイドポジションにいた選手がゴールキーパーと交錯することが懸念される場合は、特に意識して笛を強く長く吹きます。

 

3)イエローカードまたはレッドカードを提示する必要のあるファウルが行われた時。

まずはプレーを停止するための「強くやや長めの笛」を吹き、試合を一時停止させるため「タンギング」しながら当該の選手にダッシュで近寄ります。

 

他の選手を排除し、自分(主審)と本部(の4審)の間に当該の選手を挟み込む位置まで回り込んで「カード」が提示できると、バッチリです。(回り込むことは必須ではありませんが、できれば回り込むようにしたほうが良い。)

 

挟み込む位置に回り込むのは、本部(4審)に「誰にカードが出たのか」を明確に伝えるためです。

 

4)選手交代、飲水タイム、イエローカード・レッドカードの提示後などオフィシャル系の中断のあと、試合を再開する場合。(試合が再開したことを、両チームのゴールキーパーに聞こえるように吹きます。)

 

5)セレモニー形式でのフリーキックの再開時。要するに壁のコントロールを終えたあと。

 

6)前後半の終了時。(前半終了時は「ピッ・ピィーーーー」、試合終了時は「ピッ・ピッ・ピィーーーーー」のように、前半終了時に2回、試合終了時に3回というように吹いている人が比較的多いですが、競技規則上は笛の回数までは規定されていません。)

 

7)ペナルティーキックでプレーを再開する時。(あまり長いものは必要ないと思いますが・・・。)

 

「強く短くタンギングして3回以上の笛」を吹いたほうが良いケース

1)コーナーキックや、直接ゴールを狙える位置からセレモニー形式で笛で試合を再開する前に、両チームの選手がポジション争いで小競り合いをしている場合。(小競り合いしている両者を主審の近くに呼び、両者に対して「注意」を与えます。このとき主審が注意深く両者のプレーを見ているということを伝え、インプレー後は厳しく対応する旨を伝え、両者をけん制します。注意を与えた後は、笛でプレーを再開させます。)

 

2)ファウル直後などに、両チームの選手がヒートアップして乱闘騒ぎになりそうな気配を感じ、仲裁のために駆け寄ろうとする時。

 

という感じで私は笛を吹いています。もちろん必ずしもこれが正解とは思っていないのですが、レフェリースクールなどでインストラクターから、「笛が単調」とか「笛にメリハリがない」とか「もっと笛に強弱をつけなさい」という指摘を受けたけれど、具体的にはどうすれば良いのか、とお悩みの方はぜひご参考に。

 

あまり、「このような場合はこの吹き方で」と固執するのではなく、「重大な事項」>「広く選手全員に知らせなければならない事項」>「ボールに近い競技者にだけ知らせればよい事項」が意識できれば、それに合わせた笛を使う、というので良いと思います。

 ← お勧めの笛。ちなみにしっかり吹かないと、良い音色は出ません。

 





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2608-a38e08c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック