3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
得点、または、決定的な得点の機会の阻止 を考える ・・・ Play of the Week 2016 Week 27


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



2つ映像があります。主審が提示した懲戒罰が正しいものだったのかどうかを検討してみてください。(先にお断りしておきますが、米国サッカーリーグは、まだ2016/2017年度版の競技規則の運用を開始していません。2015/2016年度版のルールでお考え下さい。)





決定機の阻止で選手を退場させることを考える場合、

• 反則とゴールとの距離
• プレーの方向
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
• 守備側競技者の位置と数


のすべての基準が満たされていなければならない、と米国プロ審判協会は明言しています。(私も地区の審判委員会主催の勉強会でいつも言われているので、このブログ上でもそのように書いていますが。)



上の映像の場合、
プレーはコールの方向に向かっていて問題なし。
場所もペナルティーエリア内なので問題なし。
他の守備側競技者も十分遠く離れているので問題なし。



しかしながら、ゴールキーパーが攻撃側競技者を倒した瞬間、既にボールはかなりのスピードで攻撃側競技者から離れ始めていて、攻撃側競技者がボールをキープできる可能性は低かった。だから、決定機の阻止にはあたらない。(つまり主審のレッドカード提示は正しくない。)というのが、米国プロ審判協会の見解。



あなたの見解と同じでしたか?



さて、次の映像。





ゴールキーパーをかわすためのボールタッチは強いものではなく、ボールをキープできる可能性は十分にあった。



ゴールをカバーしに来ている守備側競技者が存在しているが、彼はボールを手で扱うことができないことを考慮しなければならない。ゴールキーパーに倒されていなければ、そのカバーに来ていた(ボールを手で扱うことができない)守備側競技者だけと対峙するだけだった。だから決定機が損なわれた、と判断できる。



従って、主審のイエローカードの判断は誤りで、退場処分にすべきだった、というのが米国プロ審判協会の見解。



う~ん、私は瞬間的にカバーしていた競技者がいたからイエローじゃん、と思ったのだけれど、よくよく考えれば、ゴールキーパーと1対1になる手前でDFが反則して攻撃側競技者を倒してしまえばレッドカードで、それとほとんど同じ状況でした。(なぜ勘違いしたのだろう・・・。)



2つの映像はとっても良く似ているのだけれど、違いは
• ボールをキープできる、または、コントロールできる可能性
のみ。



米国プロ審判協会は、まとめとしてもう一度繰り返しています。

The above list is the criterion for DOGSO and it’s important that they all apply before the referee sends off the defending player.
「上記のリストはDOGSO※の基準であり、審判が守備側競技者を退場させる前にそれらがすべて適用されることが重要です。」と。

※DOGSO・・・Denial of an obvious goalscoring opportunity(得点、または、決定的な得点の機会の阻止)



米国プロ審判協会の元記事はこちら
Play of the Week 2016 Week 27: DOGSO(Denial of an obvious goalscoring opportunity)

 

この記事の内容について、ご意見のある方は、元記事をよくご覧になって、直接米国プロ審判協会にどうぞ。この記事のコメント欄にコメントいただいても、「直接プロ審判協会にどうぞ」という返信しか致しませんので、悪しからず。



 ← カントダウン・タイマーがタイムアップ時にバイブレーションで通知してくれる時計です!(本日現在、黒は在庫がなくて届くまでに時間がかかるようですが、グレーは在庫があるようです。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事はいかがでしたか? すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2622-09bc2fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック