3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
12月21日付記事のフォローアップ


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ



 
12月21日付記事、ハンドリングかどうかを瞬時に見極める ・・・ Play of the Week 2016 Week 29 において、記事タイトルには書いていませんが、アンケート機能を使った問題を出題していました。



トップページに表示されなくなったので、アンケートの集計結果の報告です。



本日までに、case1は244名、case2は213名の方に回答を入力していただきました。回答の入力にご協力くださった皆様、ありがとうございました。




あなたの判断は?(case1) ・・・回答数244

1) ノーファウル  ・・・ 17
2)ファウル(PKのみ) ・・・ 90
3)ファウル(PK+警告) ・・・ 110
4)ファウル(PK+退場) ・・・ 27

正答率は、約36%(90/244)でした。結構、警告が必要だと判断した方が多かったですね。ある程度は予想していましたが、半数近くの方が警告も必要だと回答されました。(コメント欄にもコメントをいただきました。)



3級審判員向けの研修会や上級審判員の方々との合同トレーニングでも、似たようなケースで同様の質問がよく出ます。



その時に、インストラクターや上級審判員の方がいつもおっしゃるのは、
『「決定機の阻止(=退場)」に該当しない(満たない)から「反スポ(=警告)」と安易に考えてはいけません。決定機の阻止が否定されて、懲戒罰(カード)なしというケースはたくさんあります。本当に反スポの要件を満たしているのかどうかを考えなければなりません。』
と。



米国プロ審判協会の元記事の「前提」の部分に、
「A caution should only be issued if the offense interferes with, or stops a promising attack, or prevents an opponent gaining possession of the ball.」
(警告は、有望な攻撃を妨害するか、または有望な攻撃を停止する場合、または相手がボールを所有することを妨げる場合にのみ提示されるべきです。)
と書かれています。



カバーディフェンダーが大勢いたことで、有望な攻撃とはみなされない(有望な攻撃であるならばそれは決定機と言える)。



ファーサイドのフリーな味方競技者へのパスを手でボールを扱って阻止したようなケースでは警告を検討すべきですが、今回のケースの場合キック(シュート)の先に、明らかにフリーでボールを受け取れる状態にある味方競技者は存在していませんので、味方競技者が受け取ることができるボールを手で扱って阻止した訳でもありません。 (ボールのスピードも確実に受け取ることができるスピードを明らかに超えてています。)



ですので、カードの必要はないという判断だと思います。

(米国プロ審判協会は、主審のパフォーマンスに誤りがあれば、バッサリ記事内で断罪するので、もし米国審判協会が今回のケース(case1)でハンドを犯した競技者が警告されるべきだったと考えているなら、
「The player should be cautioned.」
という文章があってしかるべきなのですが、元記事のどこにもそのような記述は見当たりません。)



今一度、映像のリンクを貼っておきます。






続いて、2問目のほうの集計結果です。



あなたの判断は?(case2) ・・・ 回答数214

1) ノーファウル ・・・ 154
2)ファウル(PKまたはFKのみ) ・・・ 48
3)ファウル(PKまたはFK+警告) ・・・ 10
4)ファウル(PKまたはFK+退場) ・・・ 1

こちらは正答率が71%(154/214)でした。





adidas(アディダス)レフェリーカードステッカー JH401
adidas(アディダス)
売り上げランキング: 121,609

 ← イエロ/レッドーカードに貼るシート。鉛筆で記入すれば繰り返し利用できます。(もちろん、消しゴムで消すとラインなどはだんだん薄くなてきますが。)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ
スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2633-9d822830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック