3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
審判記録(2017/01/08) 主審 × 2.0


審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




本日は、所属する地区の協会から派遣されて、4種カテゴリーのとある大会の主審を2本担当。試合時間は15-5-15。11人制。天然芝のグランド。



副審は、地元の高校生6人が担当してくれることになっていた。うち2人は既に副審の任務についていたので、残っていた4人に対して簡単に副審の任務をレクチャー。



あまり細かいことをお願いしても、うっとしいオッサンと思われるだろうから、できるだけ簡潔に&手短にレクチャーしようとしたのだけれど、文字に起こしてみたら、結構しゃべってた。きっとうっとうしいオッサンだと思われただろうなぁ・・・。




以下、高校生にお願いした内容(の一部)。



・タッチジャッジ(ラインアウト)時は、すぐにシグナルを出さずに主審がどちらを出そうとしているか見てから出してネ。自分(副審)の意見を示すためにフラグを身体から少し離して(30度ほどの角度で)待ってくれていると助かるなぁ。もし、副審のほうで確認できずどちらのボールか分からないときは、フラグを身体の正面で両手で持っててくれればいいよ。



・原則としてオフサイドラインキープ。プレーを見てしまうとオフサイドラインからズレてしまうので、「ライン・ライン・ボール、ライン・ライン・ボール、・・・」と頭の中で繰り返して、プレーを見てしまうことなくラインキープをメインでお願いネ。タッチジャッジは原則としてこちら(主審)が見ているので、最悪見ていなくても大丈夫だから。



・オフサイドのフラグアップは、オフサイドポジションの選手が原則ボールに触れるまで待ってネ。でも、ゴールキーパーとの交錯が予測される場合と、長い縦パスに対してオンリーワンの状況になった場合は、途中で見切ってフラグアップしちゃってネ。ただし、長い縦パスの場合は、オンサイドの2列目から飛び出してくる選手が確実にいないことを確認してネ。



・オフサイドのフラグアップは、主審(私)が笛を吹くか、キャンセルを指示するまで上げ続けてネ。もし、間違えてオフサイドのフラグアップをしてしまっても、絶対にフラグを下げないでネ。

そうそう、オフサイドポジションの選手にボールが渡っても、途中にDFの意図的なプレーが挟まっていると判断した場合は、オフサイドにならないからフラグをキャンセルすることがあるからね~。(この件に関しては知らなかった様子だったので、具体例を示して説明。)



・ゴールキックとコーナーキックは、遅れても構わないから、コーナーのところまで走っていってそこでシグナルを出してネ~。もしボールがゴール内に入って得点の状況になったにも関わらず、再びフィールド内に戻った場合は、フラグアップしてボールがゴールラインを越えたことを教えてネ。(そしたら笛を吹いて、確認に行くから。)



高校生から、ボールが自分の近くに来た場合拾いに行ってよいのか?という質問。

→もし、ちょっと足を出してアウトオブプレーになったボールを止めることができるなら、ボールを止めてもOKだけど、自分から離れているボールは拾いに行かず、必ず選手に取りに行かせてね。もしボールを拾いに行って、副審がオフサイドラインに就く前にプレーが再開してしまった場合、オフサイドを見落とす可能性が出てくるので、決して持ち場を離れないでね、とお願い。



最後に、もしかしたら各試合において主審を担当する人からもう少し試合前にお話しがあるかもしれないので、遅くても副審を担当する試合が始まる15分前には本部のところでスタンバイしておいてね、というお願いをして終了。



副審を担当してくれるのが高校生じゃなかったら、守備側ファウルがペナルティーエリアの境界付近だった場合のシークレットサインとか、私が2列目のオンサイドの選手がボールに触れたからオフサイドフラッグを取り消したものの、実はその選手もオフサイドだった場合の合図とか、主審の死角をついた悪質なファウルが確認できた場合のファウルサポートの依頼とか、けが人がフィールドから出たがっている場合の対応などについて、もっと細かく打ち合わせしたかも知れないのだけれど、あんまりたくさんお願いし過ぎて、本当にお願いしたい、オフサイド関連のところのピントがぼやけると嫌なので、上のような内容に留めました。



ということで、今日は試合中の出来事ではなく、試合前の副審を担当してくれた高校生との打ち合わせ内容をご紹介する記事にしてみました。




↑残念ながら、高校生が副審を担当してくれる場合に関してのアドバイスは書かれていません。(笑)



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← すみませんが、クリックのご協力を。
  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
オフサイド
オフサイドについて教えて下さい。笛を吹くタイミングが、よくわからないです。
①オフサイドポジションの味方競技者がボールタッチするまでオフサイドにはなりませんか?相手競技者も、追いかけてる状況です。ボールを追いかけてるだけでは関与してる事にはなりませんか?
②また、その時オンサイドポジションだった味方競技者がボールを先に触った場合、オフサイドではないですか?相手競技者はオフサイドポジションだった味方競技者の動きに少し つられた状況でした。
③オフサイドになったら再開場所は新ルール?で笛が鳴った時に競技者が居た場所からになった と聞いたのですが、それで良かったですか?
長々とすみません。教えて頂けると嬉しいです。
2017/01/11(水) 09:10:19 | URL | 素人新米4級 #- [ 編集 ]
Re: オフサイド

素人新米4級 さん、はじめまして&コメントありがとうございます。

> ①オフサイドポジションの味方競技者がボールタッチするまでオフサイドにはなりませんか?相手競技者も、追いかけてる状況です。ボールを追いかけてるだけでは関与してる事にはなりませんか?

競技規則では「関与」という表現はありません。昨年度までは「干渉」という言葉でしたが、今年度からより具体的な「妨害」という表現になっています。(英文では「challeng」という言葉が使用されています。

相手競技者がボールに触れることを(身体的な接触などで)妨害しない限り、オフサイドになりません。

> ②また、その時オンサイドポジションだった味方競技者がボールを先に触った場合、オフサイドではないですか?相手競技者はオフサイドポジションだった味方競技者の動きに少し つられた状況でした。

日本語版の競技規則では、オフサイドポジションにいた競技者が明らかにボールをプレーしようと試みることで相手競技者に影響を与えた場合オフサイドで罰せられるという表現ですが、英語版では「相手競技者にimpactを与えた場合」と書かれています。effect という言葉ではなく impact という言葉が使われていますので、相当の影響がない限りオフサイドにはなりません。つられて動いた程度は、競技規則のいうところのimpactには相当しないと、私は考えます。

> ③オフサイドになったら再開場所は新ルール?で笛が鳴った時に競技者が居た場所からになった と聞いたのですが、それで良かったですか?

笛が鳴った時に(オフサイドポジションにいた)競技者が居た場所というのは正確ではないですね。競技規則上は「反則が起きた場所」と書かれています。ですので、あえて書くとしたら、主審がオフサイドの反則があったと判断して笛を吹いた時にボールがあった場所、というほうが競技規則の他の条文との整合性がとれていると思います。


2017/01/12(木) 00:31:06 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2648-237ab246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック