3級審判員の悩める日々
とあるサッカースポーツ少年団の指導者で、かつサッカー3級審判員である私のサッカー三昧な日々
(問題)ゴールキーパーが手で触れることができないボールは?

審判系のブログは、
「にほんブログ村 サッカー審判」
にあります。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ




まずは、競技規則の確認から。



競技規則 2016/2017 第12条 ファウルと不正行為

2. 間接フリーキック
競技者が次のことを行った場合、間接フリーキックが与えられる:
(中略)
ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の反則のいずれかを犯した場合、間接フリーキックが与えられる:
(中略)
・ ボールが味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされる
(後略)




今日の記事は、いわゆるバックパスに関するお話です。



さて、バックパスはどこからがバックパスなのでしょうか? アンケート機能を利用して、皆さんの認識を確認してみたいと思いますので、回答のご協力を。











にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。








にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← クリックのご協力を。





今回は、正解というよりは、私の見解です。(あくまで私見ということにしておきます。)




日本語版では

・ ボールが味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされる

と書かれていますが、英語版ではどう表現されているかというと

•it has been deliberately kicked to the goalkeeper by a team-mate

となっています。



日本語で「キック」と表現すると、脚のどの部分を使っても「キック」になってしまう感覚なのですが、オックスフォード英英辞典のオンライン版でkickを調べてみると、

[transitive, intransitive] to hit somebody/something with your foot
(人や物をあなたのfootで打つこと)

と書かれています。



じゃぁ、footはオックスフォード英英辞典のオンライン版でどう説明されているか、というと

[countable] the lowest part of the leg, below the ankle, on which a person or an animal stands
(脚の最下部、足首以下、・・・)

と書かれています。



つまり、英語を母国語として使っている人にとっては、競技規則の
•it has been deliberately kicked to the goalkeeper by a team-mate
の文章は、

「味方競技者がゴールキーパーに対して意図的に足首以下の部分を使って蹴ったボール」
というニュアンスで読み取っているものと思われます。



なので、一応、1)が正解になるんじゃないかな、と。



ただし、その試合の主審の基準が1)ではない可能性があるので、選手の皆さんはくれぐれもご注意を。(すねでボールを扱ってバックパスの反則を取られても、当方では責任を負いかねます。笑)



ちなみに、一旦足首以下でボールを扱ったあと、最後に膝でゴールキーパーにパスをした場合、競技規則の裏をかいたという理由(反スポーツ的行為)で罰せられます。ゴールキーパーがボールに手で触れたかどうかは問われず、即アウトの反則です。



競技規則を確認しておきます。



反スポーツ的行為に対する警告
(中略)
• 競技者が競技規則の裏をかき、(フリーキックからも含め)意図的に味方のゴールキーパーに頭や胸、膝などでボールをパスする。ゴールキーパーがボールに手または腕で触れたか否かは関係しない。
(後略)




(この文章が頭に入っている方は、上の問題において1)or2)を選択されたハズだと思いますが・・・。)




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ ← 今日の記事はいかがでしたか?クリックのご協力を。



☆ 関連記事 ☆

「味方が足で蹴ったボールでもゴールキーパーが手でさわれる場合」







  

☆このブログの上手(?)な使い方

少年団を含むサッカーチームのホームページ管理者の方へ
⇒ブログ右側に「チーム・リンク!!」の欄を作りました。こちらの記事に、申請の方法を掲載させていただきましたので、ぜひどうぞ。 

★競技規則に関する知識を増やしたい方
⇒ブログ右のサイドバーにある「まとめ系記事集」の中にある、各年度ごとの◆競技規則系の過去記事をご覧になると、効率的です。また、米国サッカー協会の Referee Week in Review を元に作成している記事集も、将来2級以上の審判員になることを目指される方にはお薦めです。   

審判グッズをお探しの方   
⇒別館 「サッカーの審判グッズを紹介するページ」 をぜひどうぞご利用ください。 

★私が指導のお手伝いをしている団の保護者の方
⇒ブログ右上のカレンダーの部分を利用してください。私が指導を担当した日をクリックしていただくと、その日の練習内容などが表示されます。練習終了後、できるだけ早く記事をUPするようにしていますが、都合によりUPが深夜になってしまう場合もありますので、ご了承ください。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ サッカー審判へ
どのバナーでも結構ですので、1日1回のご協力をお願いいたします。


← よろしければこちらのクリックのご協力も。


ブログパーツ

スポンサーサイト

☆ 関連するタグ ☆

コメント
コメント
いつもいろいろな題材ありがとうございます。
この「反スポ」のケースの再開方法は、反則のあった地点から、相手チームによるFKは、”間接”ですか"直接”ですか?
2017/01/24(火) 07:19:12 | URL | #- [ 編集 ]
特殊な事例
ヨーロッパでバックパスルールの不正使用の警告が出たみたいですね。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010022-footballc-socc
2017/01/24(火) 08:29:40 | URL | ブラック #- [ 編集 ]
バックキックパス
いつも楽しく見ています。
先日、勉強会でインストラクターの方から、違反はバックパスではなく、バックキックパスと考えましょうと教わりました。
キックの定義は、足首より下とも教わっています。
2017/01/24(火) 12:45:09 | URL | 保護者3級 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし

名前なし さん、コメントありがとうございます。次回よりコメント頂く際には、お名前(もちろんペンネームで結構です)を入力いただけると幸いです。

> この「反スポ」のケースの再開方法は、反則のあった地点から、相手チームによるFKは、”間接”ですか"直接”ですか?

「間接フリーキック」での再開となります。



競技規則 第12条 ファウルと不正行為
間接フリーキック
(中略)
• 第12条に規定されていないもので、競技者を警告する、または、退場させるために プレーを停止することになる反則を犯す。

と第12条で規定していない、競技者を警告するためにプレーを停止させた形に該当します。シミュレーションも同様です。


2017/01/24(火) 23:29:19 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
Re: 特殊な事例

ブラック さん、いつもコメントありがとうございます。

> ヨーロッパでバックパスルールの不正使用の警告が出たみたいですね。
> http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010022-footballc-socc

おぉ~そうだったのですね。知りませんでした。

今日の記事で紹介させてもらいますね。情報ありがとうございます。



2017/01/24(火) 23:39:02 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
Re: バックキックパス

保護者3級 さん、いつもコメントありがとうございます。

> 先日、勉強会でインストラクターの方から、違反はバックパスではなく、バックキックパスと考えましょうと教わりました。
> キックの定義は、足首より下とも教わっています。

そうなのですね。私も可能な限り地区の勉強会に出席しているのですが、この件に関しては説明を受けたことがありませんでした。参考になります。情報ありがとうございました!
(割り当てを受けた時か、合同トレーニングの会場で、上級審判員の方から聞いた記憶を元に、英英辞典などで確認をしながら記事を書きました。)

2017/01/24(火) 23:44:16 | URL | tom3 #JU5/Lso2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tom3kyu.blog.fc2.com/tb.php/2659-fbb15e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック